English
法政大学 
理工学部 
応用情報工学科 

顔写真 教授 
八名 和夫 
ヤナ カズオ 
YANA Kazuo 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2015/05/17 

経歴
早稲田大学理工学研究所奨励研究生  1979/04/01-1980/03/01 
順天堂大学医学部助手  1980/04/01-1984/03/01 
運輸省航空保安大学校非常勤講師  1980/04/01-1988/07/01 
法政大学工学部専任講師  1984/04/01-1986/03/31 
法政大学工学部助教授  1986/04/01-1992/03/31 
マサチューセッツ工科大学客員助教授  1989/09/01-1990/08/31 
法政大学工学部教授(「確率論」「信号処理工学」「生体情報工学」担当)  1992/04/01-現在 
法政大学大学院工学研究科電気工学専攻兼担教授(「情報信号処理工学特論1」「情報信号処理工学特論2」担当)  1992/04/01-現在 
茨城大学工学部電気電子工学科非常勤講師(「確率システム工学」担当)  1994/04/01-1995/03/01 
新潟大学工学部情報工学科非常勤講師(「生体信号処理」担当)  1997/04/01-1998/03/31 
法政大学アメリカ研究所所長  2001/04/01-2004/03/31 
International Journal of Distance Education Technologies 編集委員(Editorial Board)  2003/10/01-現在 
法政大学総合情報センター所長  2004/04/01-2008/03/31 
InternationalJournal of Bioelectromagnetism 編集主幹(Editor in Chief)  2007/06/01-現在 
法政大学理工学部長  2008/04/01-2010/03/31 
情報メディア教育研究センター所長  2010/04/01-2014/03/31 
総長室付大学評価室・室長  2013/04/01-2015/03/31 
大学基準協会大学評価分科会座長  2014/04/01-2015/03/31 
IEEE 医用生体工学ソサエティー年次大会テーマ1主査  2015/04/01-2015/08/31 
法政大学・副学長  2015/04/01-現在 

学歴
早稲田大学  理工学部  電気工学科  1974/03  日本 
早稲田大学  理工学研究科  電気工学専攻  博士前期  1976/03  修了 
早稲田大学  理工学研究科  情報工学専攻  博士後期  1979/03  修了 

学位
工学士  早稲田大学  1974/03 
工学修士  早稲田大学  1976/03 
工学博士  早稲田大学  1979/03 

研究分野
教育工学 
医用生体工学・生体材料学 
情報通信工学 
通信・ネットワーク工学 

研究キーワード
信号処理 
生体信号処理 
医用生体工学 
確率過程 
ネットワークトラヒック解析 
遠隔教育 

研究テーマ
心拍変動に基づく自律神経系の無侵襲状態推定  心拍変動、自律神経系、無侵襲推定、副交感神経活動、交感神経活動  2003-2008 
IPFMモデルに基づく瞬時心拍レートの推定  心拍変動、IPFMモデル、DCSI法、Berger法,瞬時心拍  2005-2008 
生体指標による乗り物酔いの定量評価  乗り物酔い、心拍、自律神経, スペクトル解析  2005-2007 
特異値分解による心電図T波パターン解析  心電図、特異値分解、T波パターン  2004-2007 
SVDを応用した心電図QT間隔の精密測定  心電図、QT間隔、自動計測、SVD  2005-2008 
LAN通信トラヒックの統計的モデル化  LAN、通信トラヒック、統計モデル、ポアソン過程、非定常確率過程、カルマンフィルタ  2003-2007 
インターネットバックボーントラヒックの統計解析  インターネット、IX、トラヒック、統計解析, カルマンフィルタ  2005-2008 
インターネット遠隔会議用同時通訳システムの開発  遠隔会議、インターネット、同時通訳システム,H323,エコーキャンセル  2005-2007 
遠隔講義における多言語自動字幕表示システム  多言語、字幕表示、遠隔講義、H323  2003-2007 
地球規模の学術ストリーミングサーバネットワークシステムの構築  ストリーミング技術、通信ネットワーク、分散システム  2002-2007 

受託・共同研究希望テーマ
生体指標によるヒューマンインターフェース評価  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,受託研究,共同研究 
インターネットを用いた遠隔教育システムに関する総合的研究  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,受託研究,共同研究 
詳細表示...

受託・共同・寄附研究実績
ディーゼル排気ガスの生体影響に関する研究  八名和夫  2002-2003  受託研究  企業からの受託研究 
運転者の状態検知の為の生体信号多次元解析の研究  八名和夫  1998-1999  受託研究  企業からの受託研究 
運転者の状態検知の為の生体信号多次元解析の研究  八名和夫  1997-1998  受託研究  企業からの受託研究 
卓上型医療診断支援システムの試作  八名和夫  1995-1996  受託研究  企業からの受託研究 
ニューラルネットを用いた心音図のパターン認識に関する研究  八名和夫  1995-1996  受託研究  企業からの受託研究 
詳細表示...

著書
International Journal of Bioelectromagnetism Vol. 1-4  Kazuo Yana, Zoltan Koles, Fabio Babiloni, Laura Astolfi, Sergio Cerutti and Luca Mainardi eds.  1-239  International Society of Bioelectromagnetism  2012/12  1456-7865 
International Journal of Bioelectromagnetism Vol. 13, No.4: Special Issue on Noninvasive Functional Source Imaging and Bioelectromagnetism  Kazuo Yana and Zoltan Kokes eds.  162-277  International Society of Bioelectromagnetism  2011/11  1456-7865 
International Journal of Bioelectromagnetism Vol. 13, No. No.1-3: Special Issue on Brain Computer Interface: Technological Development and Applications  Kazuo Yana, Fabio Babiloni et al. eds.  1-161  International Society of Bioelectromagnetism  2011/09  1456-7865 
Bioelectromagnetism, Vol. 12, No. 4: Special Issue on Biosignal Instrumentation and Analyses  Kazuo Yana and Ki H. Chon Eds.  pp. 152-189  International Society of Bioelectromagnetism  2010/08 
International Journal of Bioelectromagnetism, Vol. 12, No. 3: Special Issue on Advanced Biosignal Interpretation  Kazuo Yana and Ki H. Chon Eds.  pp. 94-151  International Society of Bioelectromagnetism  2010/07 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  共著  Heart Rate Pattern Classification based on a Binary Classification Scheme  Shohei Yamashita, Koichiro Yamashiro, Kazuo Yana  International Journal of Bioelectromagnetism  16/ 1, 36-39  2014  1456-7865  This paper explores to search for the best classification scheme of autonomic states based on the heart rate variability(HRV). Six drug induced distinct states are artificially created and classified by the multi-layer perceptron(MLP). 14 healthy male subjects aged 19-38 were volunteered to be subject of study. 5minutes heart rate data in different autonomic states are collected for the classification. Optimized binary classification scheme has been utilized and the classification accuracy of sensitivity 0.861 and specificity 0.970 has been achieved. 
研究論文(学術雑誌)  共著  A new Index for Evaluating Instantaneous Heart Rate Reconstruction Accuracy  Ichiro Joja, Naoto Higuchi, Hidenao Nagai, Mitsuki Aihara, Kazuo Yana  International Journal of Bioelectromagnetism  Vol. 16/ No. 1, 32-35  2014  1456-7865  This paper shows a method of evaluating the accuracy of the instantaneous heart rate reconstruction. A general evaluation scheme and a new evaluation index have been proposed and three reconstruction methods, Derivative of Cubic Spline Interpolation (DCSI), Resampled Instantaneous Heart Rate (RIHR) and Spline Smoothed Instantaneous Heart Rate (SIHR), are compared. Computer simulation based on Integrated pulse frequency modulation (IPFM) model with modulating signals having 1/f power spectrum characteristics has been carried out for comparison. A new index named the Effective bandwidth showed better performance in the following order, i.e. DCSI > SIHR > RIHR. It is also noted that SIHR have less estimation bias compared to DCSI in high frequency region. The method will be useful for precise characterization of the frequency domain characteristics of the heart rate. 
研究論文(学術雑誌)  共著  Autonomic State Classification Based on a Binary Classification Scheme on Heart Rate Variability Indices  Yamashita, Shohei; Yamashiro, Koichiro; Ito, Toshiki; Yana, Kazuo  Proceedings ofthe 36th Ann. Int. Conf. IEEE EMBS  One page late breaking research paper included in the proceedings  2014/08/27  This paper explores to search for the best classification scheme of autonomic states based on the heart rate variability (HRV). Six drug induced distinct states are identified and classified by the multi-layer perceptron (MLP). The classification accuracy of sensitivity 0.861 and specificity 0.970 has been achieved. 
研究論文(学術雑誌)  共著  On the Evaluation of Instantaneous Heart Rate Reconstruction Accuracy  Joja, Ichiro; Higuchi, Naoto; Yana, Kazuo  Proceedings of the 36th Ann. Int. Conf. IEEE EMBS  One page late breaking research paper included in the proceedings  2014/08/27  This paper shows a method of evaluating the accuracy of the instantaneous heart rate reconstruction. A general evaluation scheme has been proposed and three methods, Derivative of Cubic Spline Interpolation (DCSI), Resampled Instantaneous Heart Rate (RIHR) and Spline Smoothed Instantaneous Heart Rate (SIHR), are compared. Bandwidth fidelity showed better performance in the following order, i.e. DCSI > SIHR > RIHR. 
研究論文(学術雑誌)  共著  Long and Short Term QT-RR Interval Co-Variability in Type 2 Diabetes  Masaki Furuya, YutaMasuda, Kei Sato, Toshihiro Nishibe, Kazuo Yana, and Takuya Ono  Proceedings of the 36th Ann. Int. Conf. IEEE EMBS  pp.38-41  2014/08/27  This paper examines the long and short term co-variability of QT and RR intervals for diabetic patients to explore if the QT-RR co-variability could yield a noble index for the stratification of clinical severity of the disease. Twenty four hour Holter ECG recordings are made for 19 type 2 diabetic (T2DM) patients and 25 normal subjects. RR and QT intervals are extracted from ECG signals sampled at 200 Hz and their co-variability has been examined. To see the long term QT-RR co-variability, correlation coefficients and mutual entropies between QT and RRI intervals have been estimated for original beat to beat intervals and smoothed median interval series of successive one hundred beats. Mutual entropy for both beat-to-beat and smoothed median QT and RR interval series showed statistically significant differences between T2DM and control subjects whereas differences in correlation coefficients showed significant difference only for beat-to-beat intervals. Mutual entropy between both beat-to-beat and smoothed median QT-RR interval sequences showed the equally well separation between T2DM patients and control subjects: Mutual entropy and serial correlation coefficients for beat to beat intervals are respectively 1.42(bits), 0.856 for control and 0.752(bits), 0.756 for T2DM patients. Scatter diagram between RR and QT intervals show apparent nonlinearity which validate this result. Short term QT-RR co-variability has been examined by spline smoothed QTc series and sporadic changes have been ovservced for the control subjects whereas no such changes are found in diabetic patients. This new phenomenon could be a mean for the chrinical characterization of diabetes. 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  相対心拍スペクトルを用いた自律神経活動状態の分類  第48回日本生体医工学会生体信号計測解釈研究会  2013/12/16  安静仰臥位を基準とする相対心拍スペクトルに基づく自律神経系の状態推定をニューラルネットワークを応用して行う方法を提案した。その結果二分法を繰り返す手法により、副交感神経ブロック、交感神経ブロック、コントロールそれぞれについて仰臥位、立位を加えた計6状態を精度よく分類できることが示された。 
口頭発表(一般)  糖尿病患者における心電図QT-RR間隔の共変性  第48回日本生体医工学会生体信号計測解釈研究会  2013/12/16  Ⅱ型糖尿病患者のQT間隔とRR間隔の共変性を相互情報量、相関係数により評価した。その結果糖尿病患者はコントロール群に比べて共変性ガ有意に低いことが示され、糖尿病の重症度の指標となる可能性が示唆された。 
口頭発表(一般)  心臓突然死リスクとRRI日内変動の関係  第48回日本生体医工学会生体信号計測解釈研究会  2013/12/16  24時間ホルター心電図記録からRR間隔を求めコサイナー法、カルマンフィルタ法により日内変動パラメータを抽出した。フ分析の結果突然死のリスクと日内変動振幅に負の相関がみられリスク指標となり得る可能性が示された。 
口頭発表(一般)  グローバルIXトラヒック収集・分析・公開システムの開発  電子情報通信学会技術研究報告  2013/10/17  本稿では、世界のIX(Internet Exchange)で公開されているトラヒック画像データの中から日本、アメリカ、イギリス、スペイン、ロシア、アイスランド、ブラジル、スウェーデン、チェコ、オランダのIXを選び、24時間に一度の間隔でIXトラヒック画像データを保存、蓄積させるシステムを構築した。それらの画像データをMATLABで数値データとして保存し、処理を行うことでトラヒックの適応的予測を行う手法を提案する。また、それらの数値データを自身のホームページ上に、グラフ画像として5分間隔で自動的にアップロードすることで、グローバルトラヒック公開システムを作成した。 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  スプライン平滑化・カルマンフィルタを用いた心拍変動分析とその応用  第8回動的心電図研究会  2013/07/25  工学的アプローチによる心拍変動解析方法を紹介した。瞬時心拍数をパワースペクトル高周波領域まで忠実に推定可能とするDCSI法、心拍、呼吸、血圧同時記録データに対するシステム同定法、カルマンフィルター、重み付きスプライン平滑化法による心拍データの信号分解方法とその応用について解説した。 
詳細表示...

知的財産権
特許  心音解析装置  3023731  2000/03/21  3023731  2000/03/21 
詳細表示...

担当授業科目
確率論 
信号処理工学 
輪講 
特講 
詳細表示...

所属学協会
電子情報通信学会 
日本生体医工学会  1979-現在 
IEEE 
IEEE (Transactiona on Biomedical Engineering) 
IEEE(Transactions on Neural Networks) 
詳細表示...