English
法政大学 
理工学部 
応用情報工学科 

顔写真 教授 
八名 和夫 
ヤナ カズオ 
YANA Kazuo 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2019/11/02 

経歴
早稲田大学理工学研究所奨励研究生  1979/04/01-1980/03/01 
順天堂大学医学部助手  1980/04/01-1984/03/01 
運輸省航空保安大学校非常勤講師  1980/04/01-1988/07/01 
法政大学工学部専任講師  1984/04/01-1986/03/31 
法政大学工学部助教授  1986/04/01-1992/03/31 
マサチューセッツ工科大学客員助教授  1989/09/01-1990/08/31 
法政大学工学部教授(「確率論」「信号処理工学」「生体情報工学」担当)  1992/04/01-現在 
法政大学大学院工学研究科電気工学専攻兼担教授(「情報信号処理工学特論1」「情報信号処理工学特論2」担当)  1992/04/01-現在 
茨城大学工学部電気電子工学科非常勤講師(「確率システム工学」担当)  1994/04/01-1995/03/01 
新潟大学工学部情報工学科非常勤講師(「生体信号処理」担当)  1997/04/01-1998/03/31 
法政大学アメリカ研究所所長  2001/04/01-2004/03/31 
International Journal of Distance Education Technologies 編集委員(Editorial Board)  2003/10/01-現在 
法政大学総合情報センター所長  2004/04/01-2008/03/31 
InternationalJournal of Bioelectromagnetism 編集主幹(Editor in Chief)  2007/06/01-現在 
法政大学理工学部長  2008/04/01-2010/03/31 
情報メディア教育研究センター所長  2010/04/01-2014/03/31 
総長室付大学評価室・室長  2013/04/01-2015/03/31 
大学基準協会大学評価分科会座長  2014/04/01-2015/03/31 
IEEE 医用生体工学ソサエティー年次大会テーマ1主査  2015/04/01-2015/08/31 
法政大学・副学長  2015/04/01-現在 

学歴
早稲田大学  理工学部  電気工学科  1974/03  日本 
早稲田大学  理工学研究科  電気工学専攻  博士前期  1976/03  修了 
早稲田大学  理工学研究科  情報工学専攻  博士後期  1979/03  修了 

学位
工学士  早稲田大学  1974/03 
工学修士  早稲田大学  1976/03 
工学博士  早稲田大学  1979/03 

研究分野
教育工学 
医用生体工学・生体材料学 
情報通信工学 
通信・ネットワーク工学 

研究キーワード
信号処理 
生体信号処理 
医用生体工学 
確率過程 
ネットワークトラヒック解析 
遠隔教育 

研究テーマ
心拍変動に基づく自律神経系の無侵襲状態推定  心拍変動、自律神経系、無侵襲推定、副交感神経活動、交感神経活動  2003-2008 
IPFMモデルに基づく瞬時心拍レートの推定  心拍変動、IPFMモデル、DCSI法、Berger法,瞬時心拍  2005-2008 
生体指標による乗り物酔いの定量評価  乗り物酔い、心拍、自律神経, スペクトル解析  2005-2007 
特異値分解による心電図T波パターン解析  心電図、特異値分解、T波パターン  2004-2007 
SVDを応用した心電図QT間隔の精密測定  心電図、QT間隔、自動計測、SVD  2005-2008 
LAN通信トラヒックの統計的モデル化  LAN、通信トラヒック、統計モデル、ポアソン過程、非定常確率過程、カルマンフィルタ  2003-2007 
インターネットバックボーントラヒックの統計解析  インターネット、IX、トラヒック、統計解析, カルマンフィルタ  2005-2008 
インターネット遠隔会議用同時通訳システムの開発  遠隔会議、インターネット、同時通訳システム,H323,エコーキャンセル  2005-2007 
遠隔講義における多言語自動字幕表示システム  多言語、字幕表示、遠隔講義、H323  2003-2007 
地球規模の学術ストリーミングサーバネットワークシステムの構築  ストリーミング技術、通信ネットワーク、分散システム  2002-2007 

受託・共同研究希望テーマ
生体指標によるヒューマンインターフェース評価  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,受託研究,共同研究 
インターネットを用いた遠隔教育システムに関する総合的研究  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,受託研究,共同研究 
詳細表示...

受託・共同・寄附研究実績
ディーゼル排気ガスの生体影響に関する研究  八名和夫  2002-2003  受託研究  企業からの受託研究 
運転者の状態検知の為の生体信号多次元解析の研究  八名和夫  1998-1999  受託研究  企業からの受託研究 
運転者の状態検知の為の生体信号多次元解析の研究  八名和夫  1997-1998  受託研究  企業からの受託研究 
卓上型医療診断支援システムの試作  八名和夫  1995-1996  受託研究  企業からの受託研究 
ニューラルネットを用いた心音図のパターン認識に関する研究  八名和夫  1995-1996  受託研究  企業からの受託研究 
詳細表示...

著書
画像・情報処理 (医学物理学教科書)  八名和夫他(尾川浩一編著)  第2章 信号理論  78-121  国際文献社  2018/02/01  978-4-902590-77-7  本章では時間とともに観測値が変動するランダム信号の特徴づけと、その解析法について述べる。信号の特徴づけとして結合分布、結合密度関数が用いられること、派生するモーメント巻数とその定義、推定について述べる。定常性について定義したのち、定常課程についてパワースペクトラム、帯域パワー、帯域幅等の基本的な概念について述べる。これら信号理論のもとで、信号をデジタル化し処理する手法として、サンプリング定理から始め、信号の予測、検出、補間、モデル化等を最適線形系の理論をもとに統一的に解説する。応用で重要な意味をもつ適応信号処理についても触れる。 
ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用  八名 和夫  第2章, 第2節  21-29  技術情報協会  2016/04/28  4861046173  自律神経活動を心拍変動を用いて無侵襲的に評価する手法について紹介した。RR間隔系列から瞬時周波数を推定する方法、時間領域、周波数領域の各種手法を紹介するとともに、実用に役立てるようMATLABコードを示した。心拍変動解析の処理手法に引き続き、これらの手法がいかにドライバの注意レベルのモニターに応用されるかについて言及した。 
International Journal of Bioelectromagnetism Vol. 1-4  Kazuo Yana, Zoltan Koles, Fabio Babiloni, Laura Astolfi, Sergio Cerutti and Luca Mainardi eds.  1-239  International Society of Bioelectromagnetism  2012/12  1456-7865 
International Journal of Bioelectromagnetism Vol. 13, No.4: Special Issue on Noninvasive Functional Source Imaging and Bioelectromagnetism  Kazuo Yana and Zoltan Kokes eds.  162-277  International Society of Bioelectromagnetism  2011/11  1456-7865 
International Journal of Bioelectromagnetism Vol. 13, No. No.1-3: Special Issue on Brain Computer Interface: Technological Development and Applications  Kazuo Yana, Fabio Babiloni et al. eds.  1-161  International Society of Bioelectromagnetism  2011/09  1456-7865 
詳細表示...

論文
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  Heartrate Measurement Accuracy of Consumer Wrist Devices  Kengo Hama, Toyohito Shibui, Kazuo Yana  Proc. 41st Annual International Conference of the IEEE EMBS  IEEE Engineering in Medicine and Biology Society  2019/07/24  URL  This report examined the heartrate measurement accuracy of a typical consumer electronic wrist device. By the comparison with Holter ECG recordings, it has been shown that the long-term trend measurement is quite accurate and the diurnal heart rate rhythm analysis is possible for the research purpose. For the frequency analysis. VLF power estimation may be feasible while LF and HF analyses need further improvement. 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  On the Accurate Vessel Age Estimation Based on the Second Derivative of Photoplethysmogram  Kumi Hirose, Kengo Hama, Kazuo Yana, Satoshi Wakabayashi  Proc. 41st Annual International Conference of the IEEE EMBS  IEEE Engineering in Medicine and Biology Society  2019/07/24  URL  This paper explored to find the effective parameters derived from the second derivative of photoplethysmogram (SDPPG) for accurate vessel age estimation. To reduce the SDPPG waveform variabilities, optimum sensor configuration and mental tasks to stabilize the mental state are also investigated. Based on the stable SDPPG waveform, two parameters, i.e. the normalized third extreme value c/a and the newly defined parameter Sbd which is defined as the slope of second and fourth extreme values are shown to be effective. The real data analysis of 231 subjects validated the result. 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  Heart Rate Respiratory Rhythm Cancelation Via Acceleration Signals  Yuto Kaseda, Toyohito Shibui, Kazuo Yana  Proc. 41st Annual International Conference of the IEEE EMBS  IEEE Engineering in Medicine and Biology Society  2019/07/24  URL  his research note examined the possibility of heart rate respiratory component estimation/cancelation from simultaneously recorded acceleration signals for the efficient multimodal heart rate signal analysis. The method may also enable to evaluate the genuine heart rate characteristics. 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  Flow Related State Classification Based on the Experience Sampling Method  Reina Yoshikawa, Kazuo Yana, Kiyoshi Asakawa, Makoto Hirahara  Proc. 41st Annual International Conference of the IEEE EMBS  IEEE Engineering in Medicine and Biology Society  2019/07/24  URL  This paper reports the method to express the Experience Fluctuation Model quantitatively. Performing factor and cluster analyses on the results of a questionnaire which is based on the Experience Sampling Method (ESM). It enabled mental states to be expressed in three-dimensional space. 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  Heart Rate Rhythm Based Psychological Flow Frequency Prediction  Toyohito Shibui, Tomoaki Yajima, Emi Momoi, Kazuo Yana, Kiyoshi Asakawa  Proc. 41st Annual International Conference of the IEEE EMBS  IEEE Engineering in Medicine and Biology Society  2019/07/24  URL  The positive psychological index named flow frequency (the frequency of the psychological flow state occurrences) has been associated with the diurnal heart rate rhythm parameters. The experiment on 20 volunteer workers of a software development company showed flow frequency is highly correlated. 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  脈波を用いた高精度血管特性評価  第58回日本生体医工学会大会  2019/06/06  本報告では,加速度脈波による血管年齢推定において困難とされている,測定誤差と測定時の生理変動性の分離と,血管年齢推定式の改善に向けた,独自の測定方法と血管年齢推定式を提案する.脈波測定の改良点としては,脈波センサーに乗せる際に生じる,被験者ごとの指の乗せ方による誤差を少なくするため,センサーに直接指が触れないようにした上で指をセンサーに一定圧で固定した.また,現在血管年齢推定式に使用されている波形成分パラメータのうち,血管年齢との相関の低いものを除去し,そこに時間領域のパラメータを加え,脈波の波長も考慮して血管年齢を算出する推定式を考案した.血管年齢の説明変数に基づいた新たな推定式を用いることで,血管事故のリスク評価の指標としての血管年齢推定法の発展が期待できる. 
口頭発表(一般)  生体リズムパラメータとフロー頻度の関連付けー週内変動の検討―  第58回日本生体医工学会大会  2019/06/06 
シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  ホルター心電図記録にもとづくT波オルタナンス比推定とその日内分布  日本生体医工学生体信号計測・解釈研究会第59回研究会  2018/12/08  日本において心臓突然死(Sudden Cardiac Death)による死亡者数は年間7万人とされており, 一般に安静時, 睡眠時等に突然死が多いとされる. 本稿ではT波交互現象のスペクトル指標のオルタナンスレシオ(AR)の日内の分布を調べる. 心臓突然死の起こりやすい時間帯や睡眠時間とARの関係を調べる. 
口頭発表(一般)  適応型相関フィルタによるTWA自動検証の高精度化  第57回日本生体医工学会大会  2018/06/19  心臓突然死リスク評価の非侵襲予知指標では左室駆出率に次いでTWAが注目されているが,TWAの強度を表すAR値が高いセグメントデータは体動などによるアーチファクトの影響を含んだセグメントが採択されてしまうという問題点があった。本研究では24時間心電図データを1分ごとにセグメント分割し、セグメント毎にT波の交互誤差系列を作成した。交互誤差系列にDFTを施し, TWAの強度を表すARを算出した。最後にRMSと相関で高ARセグメントのT波系列を評価することでアーチファクトを含んでいないAR値を自動で決定できるようにした。 また採択されたARセグメントはAR値が高いデータほど睡眠部で多く現れる傾向がみられた. 解析対象は高リスクSCD-H 11例, 低リスクSCD-L14例, Control25例, 計50例の長時間心電図を解析対象とした。 
口頭発表(一般)  Psychological Flow Related Indices Related to Heart Rate Rhythm  第57回日本生体医工学会大会  2018/06/19  The significance of continuous daily healthcare monitoring through IoT devices has been widely recognized in order to maintain a healthy and active mental state. In this study, we propose a method to examine if flow-related psychological indices such as anxiety, self-esteem, will for a meaningful life, resilience and self-efficacy could be associated with the heart rate daily rhythm to assess mental soundness. Continuous heart rate monitoring was made for 20 healthy subjects aged 25-57. We have found that two extracted heart rate rhythm parameters: 24-hour cosinor amplitude A24 and Autonomic Switching Rate ASR, defined as the maximum value of the derivative of the extracted double cosinor rhythm, are highly correlated with some of the psychological indices. Multiple regression analysis showed the highest correlation with the rhythm parameters (r=0.654). The result implies the heart rhythm parameters which IoT device provide could be objective indices for the assessment of mental health status. 
詳細表示...

知的財産権
特許  心音解析装置  3023731  2000/03/21  3023731  2000/03/21 
詳細表示...

担当授業科目
確率論 
信号処理工学 
輪講 
特講 
詳細表示...

所属学協会
電子情報通信学会 
日本生体医工学会  1979-現在 
IEEE 
IEEE (Transactiona on Biomedical Engineering) 
IEEE(Transactions on Neural Networks) 
詳細表示...