English
法政大学 
デザイン工学部 
システムデザイン学科 

教授 
小林 尚登 
コバヤシ ヒサト 
KOBAYASHI Hisato 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2020/05/26 

経歴
東京農工大学工学部 助手  1978/04/01-1984/03/31 
法政大学工学部 専任講師  1984/04/01-1986/03/31 
法政大学工学部大学院工学研究科電気工学専攻担当(「制御工学特論2」担当)  1984/04/01-現在 
法政大学工学部 助教授  1986/04/01-1992/03/31 
ドイツ、フンボルト財団招聘シュッツトガルト大学客員研究員  1988/07/01-1989/09/30 
法政大学工学部 教授(「ロボット工学」「電気電子工学特別実験」担当)  1992/04/01-2007/03/31 
日本ロボット学会理事  1994/04-1996/06 
日本ロボット学会欧文誌 Advanced Robotics 編集長  1997/04-2002/03 
スタンフォード大学 客員研究員  1998/04/01-2001/03/31 
VA リハビリテーション 研究開発センター 客員研究員  1998/04/01-2001/03/31 
法政大学アメリカ研究所 所長  2000/08-2002 
都立科学技術大学 客員教授  2002/04/01-2003/03/31 
計測自動制御学会理事  2002/04-2004/03 
イタリア Scuola Superiore S.Anna 客員教授  2002/06/23-2002/06/29 
日本学術会議 工学共通基盤研究連絡委員会 自動制御学専門委員会 委員長  2003/10-2006 
フランス ベルサイユ大学 客員教授  2005/09/01-2005/09/30 
日本学術会議連携会員  2006/08-現在 
法政大学デザイン工学部 学部長  2007/04/01-2008/03/31 

学歴
早稲田大学  理工学部  電気工学科  1974/03  卒業 
早稲田大学大学院  理工学研究科  電気工学専攻  博士前期  1976/03  修了 
早稲田大学大学院  理工学研究科  電気工学専攻  博士後期  1978/03  中退 

学位
工学修士  早稲田大学  1976/03 
工学博士  早稲田大学  1979/03 

教育・研究活動状況
これまでは、主に非線形システムの制御問題、メカトロニクス系の制御、ロボットなどの分野の研究を行ってきた。
日本ロボット学会の欧文誌「Advanced Robotics」の編集長を1997年から5年間つとめた。この雑誌は世界のCitation Index にカウントされた。
法政大学のアメリカ研究所の設立に従事し、2000年に日本の大学として初めての米国NPO法人(教育・研究機関としての免税団体)として登記し、初代所長となった。
人間とロボットの関係に関する研究に関して、学際的に、かつ国際的に研究するために国際ワークショップを1992年より毎年行っている。この国際会議は各国を持ち回りして現在に至っている。

どのような学生でも根気よく指導することをモットーとしている。特に能力のある学生には博士の学位を取るための指導を数多く行ってきた。
法政大学においても5名の工学博士を取得した大学院生を育成しており、彼等は他大学や本学で教員として活躍あるいは大手研究機関で研究員として活躍している。 

研究分野
知能機械学・機械システム 

著書
Inclusive Society: Health and Wellbeing in the Community, and Care at Home  Jit Biswas, Hisato Kobayashi, LawrenceWong Bessam Abdulrazak and Mounir Mokhtari  Lecture Note in Computer Science, Springer  2013/06  ICOST2013 で発表された優秀論文を編集して出版したものである。 
Introduction to Modern Robotics  Sho Yokota, Hisato Kobayashi, Pierre Blazevic, Kuniaki Kawabata, Hiroshi Hashimoto, Yasuhiro Ohyama, Jinhua She and Daisuke Chugo  Chapter 1  i Concept Press Ltd  2012/01/05  101-4637-8942-4  Development of Connected Crawler Robot 
リアルタイム計測による生命現象の解析  望山望 樹野淳也 河合宏之  第5章担当  CMC出版  2011/03 
ロボットは友達だ  小林尚登  オーム社  1999/05 
ロボット制御の実際  小林尚登 増田良介 小森谷清 神徳徹雄 大須賀公一 岩月正見 田所諭 宮崎友宏 北垣高成 岩城敏 藤田政之 小野栄一 熊谷徹 小菅一弘 福田敏男 荒川淳 松日楽信人  コロナ社  1997/09/30 
詳細表示...

論文
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  単著  高齢者ケアのための遠隔見守り  病院設備  56/ 4  2014/07/01  0007-764X  高齢者を対象とした生活状のみもまり(インターネットを介した情報収集)について論じている。 
(MISC)会議報告等  共著  Corridor Sensor Arrays for Dementia Group Home  Hiroyuki Kawai, Hisato Kobayashi, Yoshiyuki Hino and Kazushige Matsuda  Proceedings of 11th International Conference on Smart Homes and Health Telematics, ICOST 2013 Singapore  19-26  2013/06  老人介護施設における、入居者の廊下移動のモニタリングについて報告している。 
研究論文(その他学術会議資料等)  共著  Information and Communication Technology-based Tele-Monitoring for Elderly Care Houses  Yoshiyuki Hino, Ivan Ho, Billy Pham, Shoichiro Watanabe  Proceedings of the 12th International Conference on Control, Automation, Roborics and Vision (ICARCV 2012)  2012/12/09  This paper reports the deployment of a tele-health monitoring system to be installed at an actual care house, which can monitor heart and breathing rates, and in/out of bed status of elderly residents over the Internet. Through a one-month operation, we could recognize several serious problems. This paper indicates these problems and suggests solutions to overcome them. 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  Social and Engineering problems on ambient assistive living for super aging society.  2012 International Workshop on Healthcare and Wellness Special Issue on Healthcare Trend in Aging Society  2012/11/01  高齢化社会におけるICTの役割について概説し、あるべき姿を論じた。 
研究論文(学術雑誌)  共著  Redefinition of RO-MAN Scope, -Message from the founding period-  Hisato Kobayashi and Fumio Hara  Proceedings of IEEE Robot and Human Interactive Control  1-6  2011 
詳細表示...

受賞
日本ロボット学会功労賞  2019/09/05 
日本ロボット学会フェロー  2019/09/05 
IEEE ライフ フェロー  2017/01/01 
IEEE Fellow  2002/01 
計測自動制御学会論文賞受賞  1982/07 
詳細表示...

所属学協会
日本ロボット学会 自己組織化ロボット研究専門委員会委員 
計測自動制御学会会員 
日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門技術委員会委員 
計測自動制御学会 ロボット工学部会委員 
日本ロボット学会 欧文誌委員会委員 
詳細表示...