English
法政大学 
経営学部 
経営学科 

教授 
大下 勇二 
オオシタ ユウジ 
OSHITA Yuji 


1954年生まれ  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2019/12/02 

その他の所属・職名
大学院  経営学研究科 

経歴
法政大学経営学部 助手  1983/04/01-1986/03/31 
法政大学経営学部 専任講師  1986/04/01-1988/03/31 
法政大学経営学部 助教授  1988/04/01-1995/03/31 
法政大学経営学部 教授(現在に至る)  1995/04/01-現在 
経営学部長  2004/04/01-2005/03/31 
法政大学法人評議員  2004/04/01-2005/03/31 
法政大学企画戦略本部補佐  2008/05/01-2012/03/31 
市ヶ谷開発調整作業委員会副委員長  2010/04/01-2012/03/31 
市ヶ谷開発本部補佐・開発実施本部補佐  2010/04/01-2012/03/31 
法政大学学生相談室長  2012/04/01-2015/03/31 
財団法人法政大学出版局 監事  2000/06-現在 
フランス・パリ第1大学 客員研究員  1990/04/01-1992/03/01 
フランス・パリ第1大学 客員教授  1996/03/01-1996/03/31 
愛知教育大学兼任講師(「消費者問題論Ⅱ」担当)  1993/04/01-2002/03/31 
神奈川大学  経済学部  兼任講師(「基礎簿記」担当)  1999/04/01-2002/03/31 
上智大学  経済学部  兼任講師(「財務諸表論」担当)  2003/04/01-2003/09/30 
明治大学大学院  経営学研究科  兼任講師(「フランス語経営文献研究」担当)  2018/04/01-2020/03/31 
中小企業診断士試験試験委員(財務・会計)  2001/01-2002/12 
公認会計士試験試験委員(財務会計論)(非常勤国家公務員)  2009/12/10-2013/11/30 

学歴
神戸商科大学  商経学部  経営学科  1978/03  卒業 
神戸商科大学大学院  経営学研究科  経営学専攻  博士前期  1981/03  修了 
神戸商科大学大学院  経営学研究科  経営学専攻  博士後期  1984/03  単位取得満期退学 

学位
経営学修士  神戸商科大学  1981/03 
博士(経営学)  法政大学  2000/03 

研究分野
会計学 

研究キーワード
財務会計 
国際会計 
フランス・プランコンタブル研究 
税務会計 

研究テーマ
フランス・プランコンタブルの研究 フランス会計制度研究  フランス・プランコンタブル、フランス財務会計  1990-現在 

著書
連単分離の会計システム  大下勇二  1-492  法政大学出版局  2018/09/25  978-4-588-65510-4  フランスの会計システムが、個別会計次元と連結会計次元で異なる会計標準化プロセスを経てきたことを明らかにし、個別会計次元における国際会計基準・国際財務報告基準(IAS・IFRS)の影響を連単分離の形で遮断してきたことを明らかにした。 
フランス財務報告制度の展開  大下勇二  1-577  多賀出版  1998/02  4-8115-4911-2  フランス会計制度を会社財務報告の側面から発展史的に分析。 全577頁 
『税務会計Ⅰ・Ⅱ』(第2版)  大下勇二  1-406  法政大学(文部科学省認可通信教育テキスト)  2019/03/01  わが国の法人税法における課税所得計算の概要を解説し、今日的な課税上の課題を分析した。 
税務会計Ⅰ・Ⅱ  大下勇二  1-449  法政大学  2013/10/01 
税務会計(改訂増補版)  大下勇二  1-415  法政大学通信教育部  2008/03  通信教育部テキスト『税務会計』の改訂増補版である。2002年以降の法人税法の改正を盛り込み、新たに第15章「企業組織再編税制と連結納税制度」および第16章「国際課税」を加えて、初版を大幅に書き直したものである。 
詳細表示...

論文
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  フランス連結会計基準の国際的調和(25・完)-国家会計審議会(CNC)の組織構成上の特徴-  大下勇二  経営志林  法政大学経営学会  第54/ 第3  2017/10/31  フランスの会計基準設定機関である国家会計審議会(CNC)の1957年から2009年までの組織構成上の特徴を分析し、伝統的な特徴を析出した上で、1990年代以降、国際会計基準(IAS/IFRS)への対応を考慮してこれら特徴が大きく変化したことを明らかにした。 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  フランス連結会計基準の国際的調和(24)-連結会計基準の特徴-  大下 勇二  経営志林  法政大学経営学会  54/ 2, 15-49  2017/07/31  フランスの連結会計基準とその適用上の特徴を考察した。 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  フランス連結会計基準の国際的調和(23) -連結会計基準とプラン・コンタプル・ジェネラル-  大下勇二  経営志林  法政大学 経営学会  第54/ 第1, 1-35  2017/04  0287-0975  フランスの個別会計情報に係るプラン・コンタプル・ジェネラルの特徴を分析し、連単分離の要因を考察。 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  フランス連結会計基準の国際的調和(22)-税務会計の影響②-  大下勇二  経営志林  法政大学経営学会  第52/ 第4  2016/01 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  フランス連結会計基準の国際的調和(21)-税務会計の影響①-  経営志林  第50/ 第3, 31-63  2013/10  フランスでは、税法の影響の除去を目的として、個別の貸借対照表および損益計算書を再処理した上で連結が行われるが、個別会計次元において税務会計の影響が生ずる制度的な要因を、企業会計と税務会計の関係を分析することにより明らかにした。 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  スタディ・グループ報告「日本における社会関連会計研究の態様に関する研究(最終報告)」  日本社会関連会計学会第24回全国大会スタディグループ最終報告  2011/10/01 
口頭発表(一般)  スタディ・グループ報告「日本における社会関連会計研究の態様に関する研究(中間報告)」  日本社会関連会計学会第23回全国大会スタディ・グループ中間報告  2010/11 
詳細表示...

受賞
日本会計研究学会 令和元年度「太田・黒澤賞」  連単分離の会計システム-フランスにおける2つの会計標準化-  2019/09/07 
グローバル会計学会2018年度学会賞  連単分離の会計システム-フランスにおける2つの会計標準化-  2019/06/02 
詳細表示...

担当授業科目
税務会計論Ⅰ 
税務会計論Ⅱ 
簿記入門Ⅰ・Ⅱ 
演習Ⅰ・Ⅱ/Ⅲ・Ⅳ/Ⅴ・Ⅵ 
税務会計論(大学院) 
詳細表示...

教科書・教材
税務会計  2002/10  わが国法人税法における課税所得計算のフレームワークを解説 
税務会計(改訂増補版)  2008/03/01 
税務会計Ⅰ(通信教育部メディア教材)  2013/03/31  通信教育部のメディア教材 
税務会計Ⅱ(通信教育部メディア教材)  2013/09/01 
税務会計Ⅰ・Ⅱ  2013/10/01 
詳細表示...

社会貢献活動
東北産業活性化センター「産業構造転換期における新市場の創造に関する調査」委員会委員  1995/03-1995/03 
東京都「土地政策(事業承継税制等)の中小企業経営に与える影響調査」委員会委員  1993/09-1994/03 
東北産業活性化センター「東北におけるインキュベータ事業の構築に関する調査委員会」委員  1993/04-1994/03 
詳細表示...

所属学協会
日本会計研究学会会員  1983-現在 
国際会計研究学会会員  1984-現在 
日本社会関連会計学会  1989-現在 
日本社会関連会計学会 
グローバル会計学会  2018/03/10-現在 
詳細表示...