論文
公開件数:330件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要
1 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Band-pass property of a three-dimensional slit-type plasmonic filter
Jun Shibayama, Hiroki Kawai, Junji Yamauchi and Hisamatsu Nakano
17th International Conference on Numerical Simulation of Optoelectronic Devices, Copenhagen, Denmark

MP21
2017/07/24




2 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Transmission characteristics of a sample holder using terahertz frequency selective surfaces
Jun Shibayama, Ryo Umezawa, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano,
International Symposium on Microwave and Optical Technology, Seoul, Korea

TA3-1
2017/06/27




3 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Development of an imaginary-distance cylindrical YM-BPM with an enhanced amplification factor
Tatsuya Aso, Yota Sasaki, Hiroto Watanabe, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Microwave and Optical Technology, Seoul, Korea

TA3-4
2017/06/27




4 研究論文(学術雑誌)
共著
試料槽を設けたテラヘルツSPR導波路型センサのFDTD解析
柴山 純、清水圭介、山内潤治、中野久松
電子情報通信学会論文誌C

J100-C-5, 135-137
2017/05/01




5 研究論文(学術雑誌)
共著
A fundamental LOD-FDTD method in cylindrical coordinates
Jun Shibayama, Masato Ito, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters

29/ 11, 865-868
2017/04/12

DOI 10.1109/LPT.2017.2693293


6 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
An imaginary-distance YM-BPM with an enhanced amplification factor for the analysis of a periodic structure
Tatsuya Aso, Daiki Shimamura, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
International Conference on Computational Electromagnetics, Kumamoto (invited)
IEEE
3A1.4, 289-290
2017/03/10




7 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Reformulations of implicit FDTD and beam-propagation method using the fundamental scheme
Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
International Conference on Computational Electromagnetics, Kumamoto (invited)
IEEE
3A2.3, 316-317
2017/03/09




8 研究論文(学術雑誌)
共著
正方形パッチとクロスダイポールで構成された3層型テラヘルツ周波数選択板のFDTD解析
柴山 純、尾崎慎吾、山内潤治、中野久松
電子情報通信学会論文誌C

J100-C/ 03, 123-131
2017/02/07




9 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Basic study of an InSb grating filter in the terahertz region
Jun Shibayama, Ryo Umezawa, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Antennas and Propagation, Ginowan, Okinawa

576-577
2016/10/24




10 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Analysis of a metal disc-shaped terahertz surface wave splitter with a center rod
Jun Shibayama, Daiki Kusunoki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Topical Conference on Antennas and Propagation in Wireless Communications (IEEE APWC) , Cairns, Australia

93-94
2016/09/21




11 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Tapered dielectric nanorod antenna at optical wavelengths
Junji Yamauchi, Satoru Honda, and Hisamatsu Nakano
URSI Asia-Pacific Radio Science Conference, Seoul, Korea
URSI
P-22(全2頁)
2016/08/25




12 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
A waveguide configuration for reducing both pure bend and polarization dependent losses
Yuta Nito, Hiroto Watanabe, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
URSI Asia-Pacific Radio Science Conference, Seoul, Korea (invited)

S-B9a-1(全2頁)
2016/08/24




13 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Development of an LOD-FDTD method for the analysis of the Cole-Cole model
Jun Shibayama, Yasuki Kusaka, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetic Research Symposium (Shanghai, China)

全1頁
2016/08/09




14 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Three-dimensional analysis of a THz filter with InSb square patches
Jun Shibayama, Takaya Yamazaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetic Research Symposium (Shanghai, China)

全1頁
2016/08/09




15 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Treatment of the boundary between two different dispersion models for the frequency-dependent FDTD analysis
Jun Shibayama, Keisuke Shimizu, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE 5th Asia-Pacific Conference on Antennas and Propagation (APCAP), Kaohsiung, Taiwan (invited)

TH1A_01, 169-170
2016/07/28




16 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Analysis of a metal disc-type terahertz surface wave splitter using the cylindrical LOD-FDTD method
Jun Shibayama, Masato Itoh, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
16th International Conference on Numerical Simulation of Optoelectronic Devices, Sydney, Australia

ThA3(全2頁)
2016/07/14




17 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Numerical investigation of a three-dimensional stub-type plasmonic filter
Jun Shibayama, Hiroki Kawai, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
16th International Conference on Numerical Simulation of Optoelectronic Devices, Sydney, Australia

MP20(全2頁)
2016/07/11




18 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
A silicon-waveguide polarization converter with a metal strip on an SiO2
substrate
Junji Yamauchi, Yuta Rikihisa, and Hisamatsu Nakano
16th International Conference on Numerical Simulation of Optoelectronic Devices, Sydney, Australia

MP16(全2頁)
2016/07/11




19 研究論文(学術雑誌)
共著
Analysis of two- and three-dimensional plasmonic waveguide band-pass filters using the TRC-FDTD method
Jun Shibayama, Yusuke Wada, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEICE Transactions on Electronics

E99-C/ 07, 817-819
2016/07/01




20 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Terahertz sensors and splitters using surface plasmon polariton propagation properties
Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Energy Materials Nanotechnology Meeting on Terahertz (EMN), (San Sebastian, Spain)

48-49
2016/05/16




21 研究論文(学術雑誌)
共著
金属円盤型THz表面波分割器のFDTD解析におけるパワー評価
柴山純、楠大輝、山内潤治、中野久松
電子情報通信学会論文誌C

J99-C/ 5, 247-249
2016/05/01




22 研究論文(学術雑誌)
共著
強調された増幅係数を利用したYee格子型虚軸ビーム伝搬法による固有モード解析
朝生達也、山内潤治、中野久松
電子情報通信学会論文誌C

J99-C/ 5, 234-242
2016/05/01




23 研究論文(学術雑誌)
共著
Surface plasmon resonance waveguide sensor in the Terahertz regime
Jun Shibayama, Keisuke Shimizu, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology
IEEE/OSA
34/ 10, 2518-2525
2016/03/08

10.1109/JLT.2016.2539974


24 研究論文(学術雑誌)
共著
Reduction in bend losses of a buried waveguide on a silicon substrate by adjusting the core location
Yuta Nito, Baku Yatabe, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology

34/ 4, 1344-1349
2016/02/10




25 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Frequency splitting of spoof surface plasmon polariton waves with a metal disc-type device
Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE International Conference on Numerical Electromagnetic Modeling and Optimization, NEMO 2015 (Ottawa, Canada)

PS1-1, 全3頁
2015/08/13




26 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Surface plasmon resonance sensing in the THz regime
Jun Shibayama, Keisuke Shimizu, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetic Research Symposium (Prague,
Czech Republic)

全1頁
2015/07/06




27 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Power evaluation of a metal disc-shaped terahertz surface wave splitter
Jun Shibayama, Daiki Kusunoki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetic Research Symposium (Prague,
Czech Republic)

全1頁
2015/07/06




28 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
FDTD analysis of several terahertz devices using surface plasmon polariton waves
Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE 4th Asia-Pacific Conference on Antennas and Propagation, Bali Island, Indonesia

222-223
2015/07/02




29 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Basic studies of optical nanoantennas
Junji Yamauchi, Kizuku Ohno, Jun Shibayama, and Hisamatsu Nakano
IEEE 4th Asia-Pacific Conference on Antennas and Propagation, Bali Island, Indonesia

220-221
2015/07/02




30 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Frequency-dependent FDTD analysis of plasmonic band-pass filters
Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE 4th Asia-Pacific Conference on Antennas and Propagation, Bali Island, Indonesia

10-11
2015/07/01




31 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
A polarization converter using a curvlinearly tapered waveguide
Yuta Nito, Shunya Fujimura, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Optical Wave & Waveguide Theory and Numerical Modelling, London

87
2015/04/17




32 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Counter-circular-polarization characteristics of a quarter-wave plate using a triangular hole array in a metallic plate
Junji Yamauchi, Yuhei Takagi, Hisamatsu Nakano
Optical Wave & Waveguide Theory and Numerical Modelling, London

86
2015/04/17




33 研究論文(学術雑誌)
共著
Analysis of a plasmonic pole-absorber illuminated from a specific direction
Junji Yamauhci, Shintaro Ohki, and Hisamatsu Nakano
Optical Wave & Waveguide Theory and Numerical Modelling, London

79
2015/04/17




34 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Wavelength characteristics of a waveguide polarization converter with sidewall-roughness
Junji Yamauchi, Takumi Takada, and Hisamatsu Nakano
Optical Wave & Waveguide Theory and Numerical Modelling, London

91
2015/04/17




35 研究論文(学術雑誌)
共著
FDTD解析における異なる分散モデルの境界の扱い
柴山 純、清水圭介、山内潤治、中野久松
電子情報通信学会論文誌C

J98-C/ 5, 135-137
2015/04/10




36 研究論文(学術雑誌)
共著
Metal disc-type splitter with radially placed gratings for terahertz surface waves
Jun Shibayama, Junji Yamauchi and Hisamatsu Nakano
IET Electronics Letters

51/ 4, 352-353
2015/02/19




37 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Some applications of the FDTD method to the analysis of terahertz devices
Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
The 9th International Conference on Computational Physics (ICCP9) (National University of Singapore, Singapore)

A6-06
2015/01/10




38 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Optical nanodipole and naospiral antennas
Junji Yamauchi, Kizuku Ohno, Jun Shibayama, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Antennas and Propagation, Kaohsiung

TH4A-11(全2頁)
2014/12/04




39 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Application of the explicit and implicit FDTD methods to the analysis of a terahertz plasmonic grating
Jun Shibayama, Yusuke Wada, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetic Research Symposium (Guangzhou, China)

全1頁
2014/08/24




40 研究論文(学術雑誌)
共著
Full-vectorial beam-propagation methods based on a fundamental scheme -Design of a short polarization converter
Yuta Nito, Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology

32/ 21, 3509-3516
2014/08/12




41 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Analysis of an optical nanodipole antenna with a stub
Jun Shibayama, Naoki Sasaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Topical Conference on Antennas and Propagation in
Wireless Communications (IEEE APWC) (Palm Beach, Aruba)

全2頁
2014/08/07




42 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Finite-difference time-domain analysis of terahertz devices
Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
International Conference on Electromagnetics in Advanced
Applications (ICEAA) (Palm Beach, Aruba)

全2頁
2014/08/05




43 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Quarter-wave plates consisting of subwavelength triangular hole arrays
Junji Yamauchi, Ryousuke Taniguchi, Yuhei Takagi, and Hisamatsu Nakano
Integrated Photonics Research, Silicon, and Nanophotonics, San Diego

JT3A.22  (全3頁)
2014/07/15




44 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Polarization converter consisting of a butt joint between slot and Si-wire waveguides -Efficient design technique-
Junji Yamauchi, Ryo Sugiyama, Takumi Takada, and Hisamatsu Nakano
Integrated Photonics Research, Silicon, and Nanophotonics, San Diego

JT3A.37 (全3頁)
2014/07/15




45 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Bend loss reduction of a buried waveguide on a silicon substrate by adjusting the core location
Yuta Nito, Baku Yatabe, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Integrated Photonics Research, Silicon, and Nanophotonics, San Diego

IM3A.6  (全3頁)
2014/07/14




46 研究論文(学術雑誌)
共著
Fundamental LOD-BOR-FDTD method for the analysis of plasmonic devices
Jun Shibayama, Takuto Oikawa, Tomoyuki Hirano, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEICE Transactions on Electronics

E97-C/ 7, 707-709
2014/07/01




47 研究論文(学術雑誌)
共著
Laminated polarizer with an anti-reflection structure based on a subwavelength grating
Yuu Wakabayashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters

26/ 15, 1530-1533
2014/06/02




48 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Analysis of a terahertz resonator using an efficient LOD-FDTD method with a PEC boundary condition
Jun Shibayama, Shingo Ozaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE International Conference on Numerical Electromagnetic Modeling and Optimization, NEMO 2014 (Pavia, Italy)

TH-IF-4, (全4頁)
2014/05/15




49 研究論文(学術雑誌)
共著
Fundamental法に基づく簡素なADI-BPMを用いた導波路型光吸収SPRセンサの三次元解析
柴山純、横溝明大、山内潤治、中野久松
電子情報通信学会論文誌C

J97-C/ 05, 177-185
2014/04/14




50 研究論文(学術雑誌)
単著
非対称導波路型偏波変換器の効率的な特性評価法
山内潤治
電子情報通信学会論文誌C

J97-C/ 05, 169-176
2014/04/14




51 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Some applications of a fundamental scheme to simple implementations of the finite-difference time-domain method and the beam-propagation method
Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
21st International Conference on Applied Electromagnetics and Communications, Dubrovnik, Croatia

全4頁
2013/10/16




52 研究論文(学術雑誌)
共著
Treatment of metal for the FDTD analysis of terahertz devices
Jun Shibayama, Yosuke Uchizono, Shingo Ozaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Optical and Quantum Electronics

46/ 2, 345-356
2013/09/17




53 研究論文(学術雑誌)
共著
Bent embedded optical waveguide with a loaded metal film for reducing a polarization dependent loss
Yuta Nito, Daiki Kadowake, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology

31/ 19, 3195-3202
2013/09/10




54 研究論文(学術雑誌)
共著
Finite-difference time-domain analysis of a terahertz wide stop-band filter
Jun Shibayama,Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Asia-Pacific Radio Science Conference, Taipei (invited)

全1頁
2013/09/07




55 研究論文(学術雑誌)
共著
Concise formulation of the full-vectorial BPM without an operator splitting error
Jun Shibayama, Tatsuya Aso, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Asia-Pacific Radio Science Conference, Taipei

全1頁
2013/09/07




56 研究論文(学術雑誌)
共著
Efficient time-domain technique for the analysis of circularly symmetric plasmonic waveguides
Jun Shibayama, Takuto Oikawa, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetic Research Symposium, Stockholm, Sweden

全1頁
2013/08/14




57 研究論文(学術雑誌)
共著
All-dielectric planar chiral nanogratings with large optical activity
Y. Wakabayashi, Y. Shigenaga, J. Yamauchi, and H. Nakano
Progress in Electromagnetic Research Symposium, Stockholm, Sweden

全1頁
2013/08/14




58 研究論文(学術雑誌)
共著
Effect of a metal dispersion on characterizing terahertz devices in the FDTD analysis
Jun Shibayama, Shingo Ozaki, Yosuke Uchizono, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetic Research Symposium, Stockholm, Sweden

全1頁
2013/08/13




59 研究論文(学術雑誌)
共著
埋込形空気コアナノ導波路を用いた短軸長偏波変換器
山内潤治、橋本貴、若林佑、中野久松
電子情報通信学会論文誌C

J96-C/ 09, 231-237
2013/08/09




60 研究論文(学術雑誌)
共著
Modified slot waveguide and its application to the feed of an optical bow-tie antenna
Junji Yamauchi, Kazuki Kitazawa, and Hisamatsu Nakano
Second Asia-Pacific Conference on Antennas and Propagation, Chiang Mai, Thailand

W3D1, 195-196
2013/08/07




61 研究論文(学術雑誌)
共著
Plasmonic pole-absorber using a periodic structure
Junji Yamauchi, Yudai Nakagomi, and Hisamatsu Nakano
Second Asia-Pacific Conference on Antennas and Propagation, Chiang Mai, Thailand

T1A2, 3-4
2013/08/06




62 研究論文(学術雑誌)
共著
Analysis of a metallic periodic structure at oblique incidence using the FDTD method for the Drude-critical points model
Yuu Wakabayashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Integrated Photonics Research, Silicon and Nano-Photonics (IPR), PuertoRico

JT3A.12(全3頁)
2013/07/16




63 研究論文(学術雑誌)
共著
Analysis of a polarization converter using a full-vectorial fundamental alternating-direction implicit beam-propagation method
Jun Shibayama, Akio Yokomizo, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
The 2013 International Symposium on Electromagnetic Theory, Hiroshima

21AM1C-02
2013/05/21




64 研究論文(学術雑誌)
共著
Frequency-dependent fundamental LOD-FDTD formulation for a multi-pole Debye model
Jun Shibayama, Naoki Sasaki, Yuu Wakabayashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters

25/ 10, 965-968
2013/04/03




65 研究論文(学術雑誌)
共著
Frequency-dependent LOD-FDTD simulation of THz sensing
J. Shibayama, N. Sasaki, J. Yamauchi, and H. Nakano
Progress in Electromagnetic Research Symposium, Taipei

608
2013/03/27




66 研究論文(学術雑誌)
共著
Analysis of plasmonic devices using the frequency-dependent fundamental 3D-LOD-FDTD method
J. Shibayama, T. Hiranao, Y. Wakabayashi, J. Yamauchi and H. Nakano
Progress in Electromagnetic Research Symposium, Taipei

471
2013/03/27




67 研究論文(学術雑誌)
共著
Short waveguide polarization converter operating over a wide wavelength range
Yuu Wakabayashi, Takashi Hashimoto, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology

31/ 10, 1544-1550
2013/03/15




68 研究論文(学術雑誌)
共著
Simplified algorithms for the full-vectorial ADI-BPM using a fundamental scheme
Jun Shibayama, Akihiro Yokomizo, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters

25/ 2, 147-150
2013/01/15




69 研究論文(学術雑誌)
共著
FDTD analysis of a metal grating structure at oblique incidence using the TRC technique
Yuu Wakabayashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Asia Pacific Microwave Conference, Kaohsiung

3D6-02 (全2頁)
2012/12/06




70 研究論文(学術雑誌)
共著
Efficient time-domain techniques for the wideband analysis of plasmonic antennas
Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
International Conference on Wireless Information Technology and Systems, Maui, Hawaii

305.4
2012/11/14




71 研究論文(学術雑誌)
共著
Transmission characteristics of a thin metal film sandwiched
between dielectric gratings
Yuu Wakabayashi, Takato Fukui, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Antennas and Propagation, Nagoya

P0068(全4頁)
2012/10/31




72 研究論文(学術雑誌)
共著
Wide band analysis of a stop band filter and a resonator at THz frequencies
J. Shibayama, Y. Uchizono, J. Yamauchi, and H. Nakano
International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications, Cape Town, South Africa

全4頁
2012/09/05




73 研究論文(学術雑誌)
共著
近似的にエアリービームを発生する直交及び1/4円弧形状からなる移相素子
山内潤治、大野朋美、中野久松
電子情報通信学会論文誌C

J95-C/ 9, 187-195
2012/09/01




74 研究論文(学術雑誌)
共著
High-gain characteristics of a slightly flared dielectric tube antenna
Junji Yamauchi, Hiroki Sato, and Hisamatsu Nakano
IEEE AP Symposium, Chicago

IF35.8 (全2頁)
2012/07/11




75 研究論文(学術雑誌)
共著
Efficient implementation of frequency-dependent 3D LOD-FDTD method using fundamental scheme
Jun Shibayama, Tomoyuki Hirano, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IET Electronics Letters

48/ 13, 774-775
2012/06/21




76 研究論文(学術雑誌)
共著
Three-dimensional periodic LOD-FDTD method with a fundamental scheme
Yuu Wakabayashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Integrated Photonics Research, Silicon, and Nano-Photonics, Colorado Springs, Colorado

IM2B.6
2012/06/18




77 研究論文(学術雑誌)
共著
Polarization converters using optical nano-waveguides
Junji Yamauchi, Takashi Hashimoto, Yuu Wakabayashi, and Hisamatsu Nakano
Integrated Photonics Research, Silicon, and Nano-Photonics, Colorado Springs, Colorado

IM3B.6
2012/06/18




78 研究論文(学術雑誌)
共著
Printed slot and wire antennas: A review
Hisamatsu Nakano and Junji Yamauchi
Proceedings of the IEEE

100/ 7, 2158-2168
2012/06/14




79 研究論文(学術雑誌)
共著
Frequency-dependent formulations of a Drude-critical points model for explicit and implicit FDTD methods using the trapezoidal RC technique
Jun Shibayama, Keisuke Watanabe, Ryoji Ando, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEICE Transactions on Electronics

E95-C/ 4, 725-732
2012/04/01




80 研究論文(学術雑誌)
共著
Three-dimensional analysis of a surface plasmon resonance waveguide sensor for detecting material absorption
Jun Shibayama, Akio Yokomizo, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetic Research Symposium, Kuala Lumpur, Malaysia

929
2012/03/30




81 研究論文(学術雑誌)
共著
BPM and FDTD analyses of a metal-insulator-metal type terahertz waveguide
Jun Shibayama, Yousuke Uchizono, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetic Research Symposium, Kuala Lumpur, Malaysia

563
2012/03/29




82 研究論文(学術雑誌)
共著
Reformulation of the ADI-BPM using a fundamental scheme
Jun Shibayama, Akio Yokomizo, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEICE Electronics Express

9/ 5, 365-370
2012/03/10




83 研究論文(学術雑誌)
共著
Efficient LOD-BOR-FDTD implementation based on a fundamental scheme
Jun Shibayama, Takuto Oikawa, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters

24/ 11, 957-959
2012/03/09




84 研究論文(学術雑誌)
共著
無反射コーティングを付加した積層型偏光子及び偏光分離素子の波長特性
若林佑、小林勇介、山内潤治、中野久松
電子情報通信学会論文誌C

J94-C/ 12, 520-529
2011/12/01




85 研究論文(学術雑誌)
共著
Numerical analysis of a cigar antenna
Junji Yamauchi, Hayafumi Harada, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Antennas and Propagation, Jeju, Korea

FrD2-4
2011/10/28




86 研究論文(学術雑誌)
共著
FDTD analysis of a metal grating structure at oblique incidence
Yuu Wakabayashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Antennas and Propagation, Jeju, Korea

WeF1-3
2011/10/27




87 研究論文(学術雑誌)
共著
TE波若しくはTM波を選択的に透過する導波路型偏光子の数値解析
山内潤治、中野朋浩、中野久松
電子情報通信学会論文誌C

J94-C/ 09, 229-236
2011/09




88 研究論文(学術雑誌)
共著
An LOD-FDTD method for the analysis of a periodic structure at oblique incidence
Yuu Wakabayashi, Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Radio Science

46, RS0F031(全9頁)
2011/09/09




89 研究論文(学術雑誌)
共著
Analysis of a gap plasmonic waveguide using the frequency-dependent 3-D LOD-FDTD method
Jun Shibayama, Ryoji Ando, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
The 11th International Conference on Numerical Simulation of Optoelectronic Devices (NUSOD), Rome, Italy

MB1
2011/09/05




90 研究論文(学術雑誌)
共著
Minimum loss condition of a bent rectangular tube waveguide
Junji Yamauchi, Tomohiro Nakano, Seji Harada, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Techonolgy Letters

23/ 16, 1133-1135
2011/07/22




91 研究論文(学術雑誌)
共著
Frequency-dependent 3-D LOD-FDTD method for the analysis of plasmonic devices
Jun Shibayama, Ryoji Ando, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters

23/ 15, 1070-1072
2011/07/15




92 研究論文(学術雑誌)
共著
Technique for improving the implicit BOR-FDTD method based on the locally one-dimensional scheme
Jun Shibayama, Takuto Oikawa, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
13th International Symposium on Microwave and Optical Technology (ISMOT 2011), Prague, Czech Republic


2011/06/22




93 研究論文(学術雑誌)
共著
Analysis of periodic structures at oblique incidence using an LOD-FDTD method
Yuu Wakabayashi, Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Integrated Photonics Research, Silicon and Nano Photonics, Toronto

IMC3
2011/06/13




94 研究論文(学術雑誌)
共著
A 3-D LOD-FDTD method for the wideband analysis of optical devices
Jun Shibayama, Ryoji Ando, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology

29/ 11, 1652-1658
2011/06/01




95 研究論文(学術雑誌)
共著
A beam-propagation method using both electric and magnetic fields
Yuta Nito, Takuma Oda, Shinji Takase, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters

23/ 07, 429-431
2011/04/01




96 研究論文(学術雑誌)
共著
Analysis of plasmonic waveguides and gratings using implicit finite-difference methods
Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Advances in OptoElectronics

2011, 287284(全6頁)
2011/01




97 研究論文(学術雑誌)
共著
A TM-pass/TE-stop polarizer based on a surface plasmon resonance
Yuu Wakabayashi, Junji Yamauchi and Hisamatsu Nakano
Advances in OptoElectronics

2011, 867271 (全6頁)
2011/01




98 研究論文(学術雑誌)
共著
Simple frequency-dependent FDTD algorithm for a Drude-critical points model
J. Shibayama, K. Watanabe, R. Ando, J. Yamauchi, H. Nakano
Asia Pacific Microwave Conference, Yokohama

WE1D-4(全3頁)
2010/12/07




99 研究論文(学術雑誌)
共著
Power-conserving beam-propagation method for photonic device simulation
Junji Yamauchi, Yuta Nito and Hisamatsu Nakano
Workshop on Simulation and Modeling of Emerging Electronics, Hong Kong


2010/12/07




100 研究論文(学術雑誌)
共著
An LOD-FDTD method for the analysis of a periodic structure at oblique incidence
Yuu Wakabayashi, Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Asia-Pacific Radio Science Conference, Toyama

BEFKa-4(全1頁)
2010/09/23




101 研究論文(学術雑誌)
共著
General formulation of an efficient implicit BOR-FDTD method based on the locally one-dimensional scheme
Jun Shibayama, Ryoji Ando, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
2010 IEEE International Conference on Wireless Information Technology and Systems (ICWITS), Honolulu, Hawaii

304.5 (全4頁)
2010/09/01




102 研究論文(学術雑誌)
共著
Wideband analysis of periodic electromagnetic elements
Jun Shibayama, Yuu Wakabayashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
International Conference on Electromagnetics in Advanced Applications (ICEAA), Sydney, Australia

Session 12 (全4頁)
2010/09/01




103 研究論文(学術雑誌)
共著
Numerical study of a waveguide polarizer using a loaded metal film
Junji Yamauchi, Tomohiro Nakano, and Hisamatsu Nakano
Integrated Photonics Research, Silicon and Nano Photonics, Monterey

IWH3(全3頁)
2010/07/28




104 研究論文(学術雑誌)
共著
A short polarization converter using an L-figured Si wire waveguide
Yuu Wakabayashi, Masashi Nakamura, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Integrated Photonics Research, Silicon and Nano Photonics, Monterey

IWH2(全3頁)
2010/07/28




105 研究論文(学術雑誌)
共著
Polarization crosstalk generated in an offset and a Y-branch rib waveguide
Junji Yamauchi, Masashi Nakamura, Yuu Wakabayashi, and Hisamatsu Nakano
Integrated Photonics Research, Silicon and Nano Photonics, Monterey

IWB3(全3頁)
2010/07/28




106 研究論文(学術雑誌)
共著
Analysis of a photonic bandgap structure using a periodic LOD-FDTD method
Jun Shibayama, Ryoji Ando, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Asia Pacific Microwave Conference, Singapore

TU1B-1
2009/12




107 研究論文(学術雑誌)
共著
Minimum loss condition of a bent rectangular hollow waveguide
Junji Yamauchi, Seiji Harada, and Hisamatsu Nakano
Microwave and Optical Technology Letters

51/ 12, 2901-2902
2009/12




108 研究論文(学術雑誌)
共著
A frequency-dependent LOD-FDTD method and its application to the analyses of plasmonic waveguide devices
Jun Shibayama, Akifumi Nomura, Ryoji Ando, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Journal of Quantum Electronics

46/ 01, 40-49
2009/12/04




109 研究論文(学術雑誌)
共著
Semivector finite-difference formula for the analysis of a step-index waveguide with a tilted interface
Junji Yamauchi, Seiji Harada, Shingo Kobori, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters

21/ 24, 1867-1869
2009/12/01




110 研究論文(学術雑誌)
共著
FDTD analysis of all-dielectric planar chiral metamaterials with large optical activity
Yuu Wakabayashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Antennas and Propagation, Bangkok, Thailand

241-244
2009/10




111 研究論文(学術雑誌)
共著
High-gain characteristics of a dielectric tube antenna
Junji Yamauchi, Akihiro Kuboya, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Antennas and Propagation, Bangkok, Thailand

983-986
2009/10




112 研究論文(学術雑誌)
共著
A broadband mirror using a two-dimensional subwavelength grating
Yuu Wakabayashi, Shunsuke Kimura, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
15th Microoptics Conference (MOC'09), Tokyo

J-4, 132-133
2009/10




113 研究論文(学術雑誌)
共著
An LOD-FDTD method for the analysis of periodic structures at normal incidence
Jun Shibayama, Ryoji Ando, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Antennas and Wireless Propagation Letters

8, 890-893
2009/08/18




114 研究論文(学術雑誌)
共著
Analysis of a plasmonic microcavity using the frequency-dependent LOD-FDTD method
Jun Shibayama, Ryoji Ando, Akifumi Nomura, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Integrated Photonics and Nanophotonics Research and Applications, Honolulu, Hawaii, (selected as the best paper)

IMB4 全3頁
2009/07




115 研究論文(学術雑誌)
共著
Modified finite-difference formula for the analysis of a
step-index waveguide with a tilted interface
Junji Yamauchi, Seiji Harada, and Hisamatsu Nakano
Integrated Photonics and Nanophotonics Research and Applications, Honolulu, Hawaii

IMG6 全3頁
2009/07




116 研究論文(学術雑誌)
共著
Analysis of enhanced transmission through an annular slit
surrounded by periodic grooves
Junji Yamauchi, Bungo Murakami, Tatsuya Iguchi, and Hisamatsu Nakano
Integrated Photonics and Nanophotonics Research and
Applications, Honolulu, Hawaii

IWC6 全3頁
2009/07




117 研究論文(学術雑誌)
共著
金属装荷導波路型偏光子のビーム伝搬解析
山内潤治、駒田隆明,中野久松
電子情報通信学会論文誌C

J92-C/ 7, 241-248
2009/07




118 研究論文(学術雑誌)
共著
A modified semivectorial BPM retaining the effects of the longitudinal field component and its application to the design of a spot-size converter
Junji Yamauchi, Yuta Nito, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology

27/ 13, 2470-2476
2009/07/01




119 研究論文(学術雑誌)
共著
Polarization coupling between strongly guiding waveguides stacked laterally
Junji Yamauchi, Noriyuki Shibuya, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology

27/ 13, 2433-2438
2009/07/01




120 研究論文(学術雑誌)
共著
Unconditionally stable locally one-dimensional FDTD methods for efficient electromagnetic simulations
Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
The 25th International Review of Progress in Applied Computational Electromagnetics, ACES2009, Monterey, CA, (invited)

session 31, 787-791
2009/03




121 研究論文(学術雑誌)
共著
LOD-BOR-FDTD algorithm for efficient analysis of circularly symmetric structures
Jun Shibayama, Bungo Murakami, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Microwave and Wireless Components Letters

19/ 02, 56-58
2009/02




122 研究論文(学術雑誌)
共著
Transverse-magnetic BPM analysis of a step-index slab waveguide expressed by a sigmoid function
Junji Yamauchi, Naoya Shimada, Yuta Nito, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters

21/ 03, 149-151
2009/02




123 研究論文(学術雑誌)
共著
Simple trapezoidal recursive convolution technique for the frequency-dependent FDTD analysis of a Drude-Lorentz model
Jun Shibayama, Ryouji Ando, Akifumi Nomura, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters

21/ 02, 100-102
2009/01




124 研究論文(学術雑誌)
共著
Coupled waveguide polarization splitter with slightly different core widths
Tomohide Yamazaki, Hideaki Aono, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology

26/ 21, 3528-3533
2008/11




125 研究論文(学術雑誌)
共著
水平方向広角アルゴリズムを用いた3次元セミベクトルADI-BPMによる光導波路解析
柴山純、高橋達也、山内潤治、安田元気、中野久松
電子情報通信学会論文誌C

J91-C/ 10, 479-488
2008/10




126 研究論文(学術雑誌)
共著
Concise frequency-dependent formulation for LOD-FDTD method using Z transforms
Jun Shibayama, Ryo Takahashi, Akifumi Nomura, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Electronics Letters

44/ 16, 949-950
2008/07




127 研究論文(学術雑誌)
共著
A modified semivectorial beam-propagation method retaining the longitudinal field component
Junji Yamauchi, Yuta Nito, Hisamatsu Nakano
Integrated Photonics and Nanophotonics Research and Applications

全3頁
2008/07




128 研究論文(学術雑誌)
共著
Study of the sidelobe suppression in a plasmon waveguide grating filter using the LOD-FDTD method
Jun Shibayama, Akifumi Nomura, Ryo Takahashi, Junji Yamauchi, Hisamatsu Nakano
Integrated Photonics and Nanophotonics Research and Applications

全3頁
2008/07




129 研究論文(学術雑誌)
共著
A short polarization converter using a triangular waveguide
Junji Yamauchi, Masahiro Yamanoue, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology

26/ 12, 1708-1714
2008/06/15




130 研究論文(学術雑誌)
共著
Frequency-dependent locally one-dimensional FDTD implementation with a combined dispersion model for the analysis of surface plasmon waveguides
Jun Shibayama, Ryo Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters

20/ 10, 824-826
2008/05




131 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Semivectorial BPM analysis of an asymmetrical step-index slab waveguide using a sigmoid function
Junji Yamauchi, Naoya Shimada, and Hisamatsu Nakano
5th Workshop on Fibres and Optical Passive Components, Taipei, Taiwan

TH3A-4 (全2頁)
2007/12




132 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Comparison between the full-vectorial BPMs based on the pure Crank-Nicolson and McKee-Mitchell schemes
Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
5th Workshop on Fibres and Optical Passive Components, Taipei, Taiwan

TH3A-3 (全2頁)
2007/12




133 (MISC)速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
単著
Numerical modeling of polarization converters
Junji Yamauchi
The Third Research Forum of Japan-Indo Collaboration Project on Infrastructural Communication Technologies Supporting Fully Ubiquitous Information Society, New Delhi, (Plenary Talk)

1-6
2007/12




134 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Study of the numerical dispersion of the time-domain beam-propagation method
Jun Shibayama, Ryo Takahashi, Mitsunori Muraki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
The 11th International Symposium on Microwave and Optical Technology, Rome, Italy

789-792
2007/12




135 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Frequency-dependent locally one-dimensional FDTD analysis of plasmonic waveguide devices
Jun Shibayama, Ryo Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
The Second European Conference on Antennas and Propagation, EuCAP 2007, Edinburgh, UK

Fr1.7.5
2007/11




136 研究論文(学術雑誌)
共著
Numerical investigation of a Kretschmann-type surface plasmon resonance waveguide sensor
Jun Shibayama, Taichi Takeuchi, Naoki Goto, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology

25/ 09, 2605-2611
2007/09




137 研究論文(学術雑誌)
共著
Analysis of polarization splitters composed of multilayer
thin-film waveguides using the beam-propagation method based on Yee's mesh
Junji Yamauchi, Yuji Kamei, Koichi Murase, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology

25/ 09, 2345-2351
2007/09




138 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Efficient three-dimensional wide-angle beam-propagation method for the analysis of optical waveguide devices
Jun Shibayama, Tatsuya Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
The Seventh Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (韓国、ソウル)

ThP_112 (全2頁)
2007/08




139 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Three-dimensional imaginary-distance BPM simulation of a partially metal-loaded optical waveguide
Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
The Seventh Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (韓国、ソウル)

TuD4-2 (全2頁)
2007/08




140 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
A short backfire antenna with Fresnel zone plates
Junji Yamauchi, Osamu Fukushima, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Antennas and Propagation, Niigata

4A3-4, 1221-1224
2007/08




141 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Theoretical investigation of light-guiding structures of surface plasmon resonance waveguide sensors
Jun Shibayama, Shota Takagi, Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Twelfth Optoelectronics and Communications Conference/16th International Conference on Integrated Optics and Optical Fiber Communication (OECC/IOOC2007), Yokohama

13P-32
2007/07




142 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
単著
An extremely short polarization converter using a triangular waveguide
Junji Yamauchi, Masahiro Yamanoue, and Hisamatsu Nakano
Integrated photonics and nanophotonics research and applications, Salt Lake City

ITuB5, 全3頁
2007/07




143 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Coupling characteristics between strongly guiding waveguides stacked laterally
Junji Yamauchi, Noriyuki Shibuya, and Hisamatsu Nakano
Integrated photonics and nanophotonics research and applications, Salt Lake City

IWB6, 全3頁
2007/07




144 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
TE/TM wave splitters using surface plasmon polaritons
Junji Yamauchi, Tomohide Yamazaki, Koji Sumida, and Hisamatsu Nakano
Integrated photonics and nanophotonics research and applications, Salt Lake City, (invited)

ITuB7, 全3頁
2007/07




145 研究論文(学術雑誌)
共著
誘電体基板上に装荷された金属光導波線路のフルベクトル虚軸ビーム伝搬法による固有モード解析
山崎智英、山内潤治、中野久松
電子情報通信学会論文誌C

J90-C/ 6, 465-473
2007/06




146 研究論文(学術雑誌)
共著
A branch-type TE/TM wave splitter using a light-guiding metal line
Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology

25/ 3, 922-928
2007/03




147 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
A compact branch-type TE/TM wave splitter using a surface plasmon waveguide
Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetic Research Symposium, Beijing (invited)

2154
2007/03




148 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
A TM-pass/TE-stop polarizer consisting of a metal film
sandwiched with dielectric gratings
Junji Yamauchi, Koji Sumida, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Contemporary Photonics Technology 最新フォトニクス技術に関する国際会議論文(東京)

G-15, 93-94
2007/01




149 研究論文(学術雑誌)
共著
Numerical analysis of waveguide-based surface plasmon resonance sensor with adsorbed layer using two- and three-dimensional beam-propagation methods
Jun Shibayama, Shota Takagi, Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEICE Transactions on Electronics

E90-C/ 01, 95-101
2007/01




150 研究論文(学術雑誌)
共著
A three-dimensional multistep horizontally wide-angle beam-propagation method based on the generalized Douglas scheme
Jun Shibayama, Tatsuya Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters

18/ 23, 2535-2537
2006/12




151 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
LOD-FDTD analysis of optical waveguides with nondispersive and dispersive media
Jun Shibayama, Ryo Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Antennas and Propagation, Singapore

全5頁
2006/11




152 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Tilted beam characteristics of a cylindrical dielectric rod periodically covered with metals
Junji Yamauchi, Issey Chigusa, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Antennas and Propagation, Singapore

全5頁
2006/11




153 研究論文(学術雑誌)
共著
Frequency-dependent LOD-FDTD implementations for dispersive media
Jun Shibayama, Ryo Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEE Electronics Letters

42/ 19, 1084-1086
2006/09




154 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Three-dimensional beam-propagation analysis of a surface plasmon resonance waveguide sensor
Jun Shibayama, Shota Takagi, Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
The 12th Microoptics Conference, MOC'06, Seoul, Korea

P-27, 162-163
2006/09




155 研究論文(学術雑誌)
共著
Leakage loss and phase variation of a buried directional
coupler on a silicon substrate
Junji Yamauchi, Kazuhiro Ose, Jun Shibayama, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters

18/ 17, 1873-1875
2006/09




156 研究論文(学術雑誌)
共著
Analysis of a polarization splitter with a multilayer filter using a Pade-operator-based power-conserving fourth-order accurate beam-propagation method
Junji Yamauchi, Koji Sumida, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters

18/ 17, 1858-1860
2006/09




157 研究論文(学術雑誌)
共著
Radiation characteristics of a short cylindrical dielectric rod with Fresnel zone plates
Junji Yamauchi, Shin'ichi Nakano, and Hisamatsu Nakano
International Journal of Microwave and Optical Technology

1/ 2, 827-831
2006/08




158 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Novel wide-angle three-dimensional BPM based on the alternating-direction implicit scheme
Jun Shibayama, Tatsuya Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetic Research Symposium, Tokyo

170
2006/08




159 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Efficient implementation of the implicit FDTD method using the locally-one dimensional scheme
Jun Shibayama, Ryo Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetic Research Symposium, Tokyo

165
2006/08




160 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Application of LOD-FDTD methods to optical waveguide analyses
Jun Shibayama, Mitsunori Muraki, Ryo Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetic Research Symposium, Tokyo

62
2006/08




161 研究論文(学術雑誌)
共著
Performance evaluation of several implicit FDTD methods for optical waveguide analyses
Jun Shibayama, Mitsunori Muraki, Ryo Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology

24/ 6, 2465-2472
2006/06




162 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Analysis of a surface plasmon resonance waveguide sensor using the BPM with the complex pade approximant
Jun Shibayama, Taichi Takeuchi, Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Integrated photonics research and applications, Connecticut

IME4(全3頁)
2006/04




163 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Metal-loaded TE/TM polarization splitter consisting of embedded waveguides with slightly different core widths
Tomohide Yamazaki, Hideaki Aono, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Integrated photonics research and applications, Connecticut

JWB3(全3頁)
2006/04




164 研究論文(学術雑誌)
共著
A three-dimensional horizontally wide-angle noniterative beam-propagation method based on the alternating-direction implicit scheme
Jun Shibayama, Tatsuya Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters

18/ 5, 661-663
2006/03




165 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
共著
Crossing-type TE/TM mode splitter using a multilayer thin-film waveguide
Junji Yamauchi, Koichi Murase, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Contemporary Photonics Technology 最新フォトニクス技術に関する国際会議論文(東京)

94-95
2006/01




166 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
共著
Numerical investigations on sensing characteristics of waveguide-based surface plasmon resonance sensors
Jun Shibayama, Shota Takagi, Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
SPIE International Symposium on Optomechatronic Technologies, ISOT 2005, Sapporo

6050-22(全8頁)
2005/12




167 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
BPM analysis of a surface plasmon resonance waveguide sensor
Jun Shibayama, Taichi Takeuchi, Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
11th Microoptics Conference, MOC'05, Tokyo

H31, 178-179
2005/11




168 研究論文(学術雑誌)
共著
Efficient implicit FDTD algorithm based on locally one-dimensional scheme
Jun Shibayama, Mitsunori Muraki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEE Electronics Letters

41/ 19, 1046-1047
2005/09




169 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Full-vectorial imaginary-distance BPM analysis of eigenmodes of a light-guiding metal line loaded on a dielectric substrate
Jun Shibayama, Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
5th International Conference on Numerical Simulation of Optoelectronic Devices, Berlin, Germany

WB3, 51-52
2005/09




170 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Absorption characteristics of a polarization diversity photodetector using a metal-clad TE/TM mode splitter
Tomohide Yamazaki, Shota Takagi, Junji Yamauchi and Hisamatsu Nakano
5th International Conference on Numerical Simulation of Optoelectronic Devices, Berlin, Germany

WA3, 43-44
2005/09




171 研究論文(学術雑誌)
共著
Linearly and curvilinearly tapered cylindrical-dielectric-rod antennas
Takashi Ando, Isao Ohba, Satoshi Numata, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Trans. on Antennas and Propagation

53/ 9, 2827-2833
2005/09




172 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Guided-mode analysis of an optical waveguide using the imaginary-distance beam-propagation method with efficient absorbing layers
Jun Shibayama, Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetic Research Symposium, Hangzhou, China

665
2005/08




173 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Radiation characteristics of a cylindrical dielectric rod periodically covered with metals
Junji Yamauchi, Issey Chigusa, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Antennas and Propagation, Seoul, Korea

3, 1125-1128
2005/08




174 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Radiation characteristics of a short cylindrical dielectric rod with Fresnel zone plates
Junji Yamauchi, Shin'ichi Nakano, and Hisamatsu Nakano
10th International Symposium on Microwave and Optical Technology, Fukuoka

578-581
2005/08




175 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
単著
Some techniques for improving the beam-propagation method and their application to a polarization splitter with a multiple-layer filter
Junji Yamauchi
10th International Symposium on Microwave and Optical Technology, Fukuoka (invited)

327-330
2005/08




176 研究論文(学術雑誌)
共著
Efficient absorbing layers for the guided-mode analysis using the imaginary-distance BPM
Jun Shibayama, Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Optical and Quantum Electronics

37/ 9, 855-863
2005/07




177 研究論文(学術雑誌)
共著
Comparative study of several time-domain methods for optical waveguide analyses
Jun Shibayama, Mitsunori Muraki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology

23/ 7, 2285-2293
2005/07




178 研究論文(学術雑誌)
共著
二つの多層膜フィルタを用いた導波路型波長分割器
山内潤治、腰原勝、中野久松
電子情報通信学会論文誌C

J88-C/ 6, 436-443
2005/06




179 研究論文(学術雑誌)
共著
Implicit Yee-mesh-based finite-difference full-vectorial beam-propagation method
Junji Yamauchi, Takanori Mugita, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology

23/ 5, 1947-1955
2005/05




180 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
On the performance of several time-domain methods: A comparative study
Jun Shibayama, Mitsunori Muraki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Integrated photonics research and applications, San Diego

IWC4(全3頁)
2005/04




181 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
BPM simulation of a branch-type TE/TM mode splitter using a light-guiding metal line
Tomohide Yamazaki, Hideaki Aono, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Integrated photonics research and applications, San Diego

IME3(全3頁)
2005/04




182 研究論文(学術雑誌)
共著
Si基板上に形成された光導波路の漏れ損失
山内潤治、藤田裕次、柴山純、中野久松
電子情報通信学会論文誌C

J88-C/ 4, 283-285
2005/04



全3頁(283-285)中、理論検討,論文執筆担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、藤田裕次、柴山純、中野久松
183 研究論文(学術雑誌)
共著
Propagation loss of bent light-guiding metal line loaded on embedded dielectric core
T. Yamazaki, H. Aono, J. Yamauchi, J. Shibayama, and H. Nakano
IEE Electronics Letters

41/ 6, 319-320
2005/03




184 研究論文(学術雑誌)
共著
Eigenmode analysis of a light-guiding metal line loaded on a dielectric substrate using the imaginary-distance beam-propagation method
Jun Shibayama, Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology

23/ 3, 1533-1539
2005/03



全8頁(1533-1539)中、理論検討担当。共著者:柴山純、山崎智英、山内潤治、中野久松
185 研究論文(学術雑誌)
共著
Pulse excitation scheme for the analysis of wideband characteristics of optical waveguides
Junji Yamauchi, Shin Sasaki, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters

17/ 2, 357-359
2005/02



全3頁中、理論検討、論文執筆担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、佐々木晋、中野久松
186 研究論文(学術雑誌)
共著
Numerical analysis of a waveguide-based demultiplexer with two multiple-layer filters
Junji Yamauchi, Masaru Koshihara, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters

17/ 2, 366-368
2005/02



全3頁()中、理論検討、論文執筆担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、腰原勝、中野久松
187 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
BPM simulation of a metal-clad TE/TM mode splitter using a silica-based embedded waveguide
Tomohide Yamazaki, Hideaki Aono, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Contemporary Photonics Technology 最新フォトニクス技術に関する国際会議論文(東京)

111-112
2005/01



全2頁(-)中、理論検討、論文執筆担当(研究指導責任者)、共著者:山崎智英、青野英明、山内潤治、中野久松
188 研究論文(学術雑誌)
共著
Numerical analysis of DFB lasers with uniform longitudinal intensity distributions using the modified time-domain traveling-wave algorithm
Jun Shibayama, Mitsunori Muraki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Microwave and Optical Technology Letters

44/ 1, 56-58
2005/01



全3頁(56-58)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、村木弘法、山内潤治、中野久松
189 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Time-domain beam-propagation methods: comparison with the finite-difference time-domain method
Jun Shibayama, Mitsunori Muraki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
The Third International Conference on Information, Tokyo

392-395
2004/11



全4頁(392-395)中、理論検討担当、共著者:柴山純、村木弘法、山内潤治、中野久松
190 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
BPM simulation of a light-guiding metal line with an embedded dielectric core
Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, Jun Shibayama, and Hisamatsu Nakano
4th International Conference Numerical Simulation of Optoelectronic Devices, Santa Barbara

109-110
2004/08



全2頁(109~110頁)中、理論検討を担当(研究指導責任者) 共著者:山崎智英、山内潤治、柴山純、中野久松
191 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Directional-coupler-type polarization splitters using multilayer thin-film waveguides
Junji Yamauchi, Yuji Kamei, and Hisamatsu Nakano
Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(サンフランシスコ、米国)

IFC2(全3頁)
2004/07



全3頁()中、論文執筆、理論検討を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、亀井裕二、中野久松
192 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Imaginary-distance BPM simulation of a light-guiding metal line
Jun Shibayama, Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(サンフランシスコ、米国)

JWB35(全3頁)
2004/06



全3頁()中、理論検討を担当(研究指導責任者) 共著者:柴山純、山崎智英、山内潤治、中野久松
193 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Demultiplexer composed of two multiple-layer filters embedded in an optical waveguide
Junji Yamauchi, Masaru Koshihara, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Contemporary Photonics Technology 最新フォトニクス技術に関する国際会議論文(東京)

91-92
2004/01



全2頁(91-92)中、理論検討、論文執筆担当(研究指導責任者)、共著者:山内潤治、腰原勝、中野久松
194 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Substrate leakage loss of an optical waveguide fabricated on a high-index material
Junji Yamauchi, Yuji Fujita, Jun Shibayama, and Hisamatsu Nakano
The Fifth Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (台北、台湾)

632
2003/12



全1頁(632)中、理論検討、論文執筆担当、研究指導責任者 共著者:山内潤治、藤田裕次、柴山純、中野久松
195 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
An improved time-domain beam-propagation method based on the alternating-direction implicit method for wide-band analysis
Jun Shibayama, Atsushi Yamahira, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
The Fifth Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (台北、台湾)

102
2003/12



全1頁(102)中、理論検討担当 共著者:柴山純、山平敦史、山内潤治、中野久松
196 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Numerical analysis of a light-guiding metal line by the three-dimensional beam-propagation method
Jun Shibayama, Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/LEOS International Conference on Numerical Simulation of Semiconductor Optoelectronic Devices, Tokyo

59-60
2003/10



全2頁(59-60)中、理論検討担当 共著者:柴山純、山崎智英、山内潤治、中野久松
197 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Analysis of a Y-branch polarization splitter using the full-vectorial beam-propagation method
Junji Yamauchi, Shingo Kobori, and Hisamatsu Nakano
International Conference on Applied Electromagnetics and Communications (デゥブロヴニク、クロアチア)

71-74
2003/10



全4頁(71-74)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、小堀真吾、中野久松
198 研究論文(学術雑誌)
共著
A flat spectral response AWG demultiplexer composed of slabs with islands and peninsulas
Yutaka Natsume, Junji Yamauchi, Ryouichi Tazawa, Koji Ishikawa, Shigeru Kawaguchi, Yuichi Yamamoto, and Hisamatsu Nakano
Acta Optica Sinica, Vol. 23, No. 10, also presented at 2003 Optoelectronics and Communications Conference (上海、中国)

23/ 10, 157-158
2003/10



全2頁(157-158)中、理論検討担当 共著者:夏目豊、山内潤治、田澤亮一、石川浩二、川口茂、山本裕一、中野久松
199 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Application of the finite-difference beam-propagation method to optical waveguide analysis
Jun Shibayama Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
International Conference on Applied Electromagnetics and Communications (デゥブロヴニク、クロアチア)(invited)

262-265
2003/10



全4頁(262-265)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、山内潤治、中野久松
200 研究論文(学術雑誌)
共著
Numerical analysis of a dielectric rod antenna -Demonstration of the discontinuity-radiation concept
Takashi Ando, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Trans. on Antennas and Propagation, Vol. 51, No. 8

51/ 8, 2007-2013
2003/08



全7頁(2007-2013)中、理論検討を担当(研究指導責任者) 共著者:安藤拓司、山内潤治、中野久松
201 研究論文(学術雑誌)
共著
A finite-difference time-domain beam-propagation method for TE- and TM-wave analyses
Jun Shibayama, Atsushi Yamahira, Takanori Mugita, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.21, No. 11

21/ 11, 1709-1715
2003/07



全7頁(1709-1715)中、理論検討 共著者:柴山純、山平敦史、麦田隆紀、山内潤治、中野久松
202 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
FDTD analysis of a polarization conversion waveguide with a single sloped sidewall
Junji Yamauchi, Isao Ohba, Takashi Ando, and Hisamatsu Nakano
Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(ワシントンDC、米国)

198-200
2003/06



全3頁(198-200)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、大場功、安藤拓司、中野久松
203 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Design of a bent-waveguide-based multimode interference demultiplexer using the full-vectorial BPM
Jun Shibayama, Koichi Sadano, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(ワシントンDC、米国)

201-203
2003/06



全3頁(201-203)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、定野浩一、山内潤治、中野久松
204 研究論文(学術雑誌)
共著
モード干渉を利用した改良型ルーフトップミラーの数値解析
安藤拓司、深田大介、竹内正紀、山内潤治、中野久松
電子情報通信学会論文誌

J86-C/ 6, 601-607
2003/06



全7頁(601-607)中、理論検討を担当(研究指導責任者) 共著者:安藤拓司、深田大介、竹内正紀、山内潤治、中野久松
205 研究論文(学術雑誌)
共著
Design of a wavelength demultiplexer based on a bent waveguide coupler using the three-dimensional beam-propagation method
Jun Shibayama, Koichi Sadano, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEICE Trans. on Electronics, Vol. E83, No. 5

E83/ 5, 765-770
2003/05



全6頁(765-770)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、定野浩一、山内潤治、中野久松
206 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Yee-mesh-based real-axis beam-propagation method
Junji Yamauchi, Takanori Mugita, Takashi Ando, Hiroki Nakayama, and Hisamatsu Nakano
Third International Workshop on Scientific Computing and Applications(香港、中国)

47-48
2003/01



全2頁(47-48)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、麦田隆紀、安藤拓司、中山弘毅、中野久松
207 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Full-vectorial BPM simulation of the TE/TM mode converter based on a periodically loaded dielectric waveguide
Takashi Ando, Shingo Kobori, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Contemporary Photonics Technology 最新フォトニクス技術に関する国際会議論文(東京)

51-52
2003/01



全2頁(51-52)中、理論検討を担当(研究指導責任者) 共著者:安藤拓司、小堀真吾、山内潤治、中野久松
208 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
An iterative time-domain beam-propagation method for the wide-band analysis of optical circuits
Jun Shibayama, Atsushi Yamahira, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Third International Workshop on Scientific Computing and Applications(香港、中国)

75-76
2003/01



全2頁(75-76)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、山平敦史、山内潤治、中野久松
209 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
単著
Yee-mesh-based imaginary-axis beam-propagation method for the eigenmode analysis of dielectric waveguides with curved or sloped cross section
Junji Yamauchi
Third International Workshop on Scientific Computing and Applications(香港、中国) (invited)

77-78
2003/01



全2頁(77-78)
210 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Numerical analysis of a tapered dielectric-rod antenna using the body-of-revolution FDTD method
Takashi Ando, Satoshi Numata, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Asia Pacific Microwave Conference, FR3D-4 (京都)

1633-1636
2002/11



全4頁(1633-1636)中、理論検討を担当(研究指導責任者) 共著者:安藤拓司、沼田怜、山内潤治、中野久松
211 研究論文(学術雑誌)
共著
Analysis and measurement of polarization conversion in a periodically loaded dielectric waveguide
Takashi Ando, Toshiyuki Murata, Hiroki Nakayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters, Vol. 14, No.9

14/ 3, 1288-1290
2002/09



全3頁(1288-1290)中、理論検討、実験検討を担当(研究指導責任者) 共著者:安藤拓司、村田敏行、中山弘毅、山内潤治、中野久松
212 研究論文(学術雑誌)
共著
Eigenmode analysis of optical waveguides by a Yee-mesh-based imaginary-distance propagation method for an arbitrary dielectric interface
Takashi Ando, Hiroki Nakayama, Satoshi Numata, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol. 20, No. 8

20/ 8, 1627-1634
2002/08



全8頁(1627-1634)中、理論検討を担当(研究指導責任者) 共著者:安藤拓司、中山弘毅、沼田怜、山内潤治、中野久松
213 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Analysis of a reflected field from a waveguide facet: comparison between the reflection method with Pade approximants and the FDTD method
Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Integrated photonics research IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(バンクーバー、カナダ)

IThD5-1 - IThD5-3
2002/07



全3頁(IThD5-1-IThD5-3)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、山内潤治、中野久松
214 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Design of a bent waveguide coupler for wavelength demultiplexing by the three-dimensional beam-propagation method
Jun Shibayama, Koichi Sadano, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Optoelectronics and Communications Conference(横浜)

358-359
2002/07



全2頁(358-359)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、定野浩一、山内潤治、中野久松
215 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Demonstration of low insertion loss of an AWG demultiplexer composed of slabs with islands
Michiya Masuda, Junji Yamauchi, Ryouichi Tazawa, Yutaka Natsume, Shigeru Kawaguchi, Yuichi Yamamoto, and Hisamatsu Nakano
Optoelectronics and Communications Conference(横浜)

444-445
2002/07



全2頁(444-445)中、理論検討を担当 共著者:増田享也、山内潤治、田澤亮一、夏目豊、川口茂、山本裕一、中野久松
216 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Improved time-domain beam-propagation method with highly accurate finite-difference schemes in time and space
Jun Shibayama, Atsushi Yamahira, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Integrated photonics research IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(バンクーバー、カナダ)

IThH1-1 - IThH1-3
2002/07



全3頁(IThH1-1-IThH1-3)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、山平敦史、山内潤治、中野久松
217 研究論文(学術雑誌)
共著
Eigenmode analysis of optical waveguides by the imaginary-distance full-vectorial beam-propagation method based on Yee's mesh
Junji Yamauchi, Naofumi Morohashi, and Hisamatsu Nakano
Asian Information-Science-Life, Vol. 1, No. 1

1/ 1, 71-82
2002/07



全12頁(71-82頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、諸橋直史、中野久松
218 研究論文(学術雑誌)
共著
任意誘電体境界を考慮したYee格子用改良差分式による光導波路解析
安藤拓司、中山弘毅、山内潤治、中野久松
電子情報通信学会論文誌, Vol. J85-C, No. 6

J85-C/ 6, 432-439
2002/06



全8頁(432-439)中、理論検討担当(研究指導責任者) 共著:安藤拓司、中山弘毅、山内潤治、中野久松
219 研究論文(学術雑誌)
共著
Rectangular dielectric rod fed by metallic waveguide
Takashi Ando, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEE Proceedings, Microwaves, Antennas and Propagation, Vol. 149, No. 2

149/ 2, 92-97
2002/04



全6頁(92-97)中、理論検討、実験検討を担当(研究指導責任者) 共著者:安藤拓司、山内潤治、中野久松
220 研究論文(学術雑誌)
共著
4次精度差分ビーム伝搬法によるリブ導波路解析
山内潤治、村田敏行、中野久松
電子情報通信学会論文誌, Vol. J85-C, No. 4

J85-C/ 4, 241-248
2002/04



ステップインデックス形誘電体導波路を解析するための改良差分式を電界及び磁界成分に関して導出し、リブ導波路の固有モード解析、ビーム伝搬解析を行った。提案する手法が4次精度を達成しており、従来の2次精度手法に比べて精度の改善することを明らかにした。屈折率境界の位置の任意化により、テーパ導波路の解析の誤差を低減できることを実証した。 全8頁(241-248頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、村田敏行、中野久松
221 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
A novel AWG demultiplexer composed of slabs with islands
Junji Yamauchi, Yuichi Yamamoto, Hisamatsu Nakano, Michiya Masuda, Ryouichi Tazawa, Yutaka Natsume, and Shigeru Kawaguchi
Optical Fiber Communication Conference, 米国光学会光ファイバ通信国際会議(アナハイム、米国)

662-664
2002/03



アイランドと名づけられた位相調整部を第1および第2スラブに設置した新しいアレイ導波路型合分波器を提案した。BPM解析により、8dBの損失低減、10dBのクロストーク改善を明示した。 全3頁中、理論検討、論文執筆を担当 共著者:山内潤治、山本裕一、中野久松、増田享也、田澤亮一、夏目豊、川口茂
222 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
FDTD simulation of a modified roof-top mirror
Junji Yamauchi, Daisuke Fukada, and Hisamatsu Nakano
International Symposium on Contemporary Photonics Technology 最新フォトニクス技術に関する国際会議論文(東京)

89-90
2002/01



モード変換部を利用した変形したルーフトップミラーを提案し、反射率の向上を実現した。 全2頁(89-90頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、深田大介、中野久松
223 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
H-field analysis of step-index optical waveguides by a modified finite-difference beam-propagation method
Junji Yamauchi, Toshiyuki Murata, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetics Research Symposium 電磁気学の進展国際会議(大阪)

438
2001/07



ステップインデックス形誘電体導波路を解析するための改良差分式を磁界成分に関して導出し、固有モード解析、ビーム伝搬解析において従来の2次精度手法に比べて精度の改善することを明らかにした。 全1頁(438頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、村田敏行、中野久松
224 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Application of various boundary conditions to the finite-difference time-domain beam propagation method
Jun Shibayama, Tomokazu Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetics Research Symposium 電磁気学の進展国際会議(大阪)

301
2001/07



1次元の時間領域ビーム伝搬法において、Higdon型条件、補対演算子法、共在補対演算子法、完全吸収層の各手法を比較検討した。共在補対演算子法が16層の完全吸収層に匹敵することを明らかにした。 全1頁(301頁)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、高橋智和、山内潤治、中野久松
225 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Optical waveguide analysis by a modified FDTD method for an arbitrary dielectric interface
Takashi Ando, Hiroki Nakayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetics Research Symposium 電磁気学の進展国際会議(大阪)

98
2001/07



FDTD法の差分式を誘電体面の境界条件を考慮したものに改良した。従来の階段状近似に比べて精度の改善することを実証した。 全1頁(98頁)中、理論検討を担当 共著者:安藤拓司、中山弘毅、山内潤治、中野久松
226 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Application of a modified finite-difference formula based on Yee's mesh to optical waveguide analysis
Takashi Ando, Hiroki Nakayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Integrated photonics reseach technical digest IEEE/OSA光集積工学国際会議論文(モントレー、米国)

ITuF4-1 - ITuF4-3
2001/06



任意の誘電体面での境界条件を考慮した改良差分式を利用して、固有モード解析とビーム伝搬解析を行った。Yee格子の利点を活かして、電磁界の全成分を一度に算出する虚軸ビーム伝搬法を開発した。 全3頁(ITuF4-1~ITuF4-3頁)中、理論検討を担当 共著者:安藤拓司、中山弘毅、山内潤治、中野久松
227 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
A higher-order adaptive Higdon absorbing boundary condition for the beam-propagation method
Jun Shibayama, Junji Yamauchi, Koichi Sadano, and Hisamatsu Nakano
Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(モントレー、米国)

ITuD3-1 - ITuD3-3
2001/06



高次のHigdon型境界条件において伝搬波数をアダプティブに更新する手法を開発し、ビーム伝搬法に適用した。3次のアルゴリズムが優れた吸収性能をもっていることを明らかにした。完全吸収層との性能比較も行った。 全3頁(ITuD3-1~ITuD3-3頁)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、山内潤治、定野浩一、中野久松
228 研究論文(学術雑誌)
共著
Comparative study of absorbing boundary conditions for the time-domain beam propagation method
Jun Shibayama, Tomokazu Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters, Vol.13, No.4

13/ 4, 314-316
2001/04



時間領域差分ビーム伝搬法に共在補対演算子法を初めて導入した。特に、これまで提案されてきた境界条件(Higdon、補対演算子法、完全吸収層)と比較し、共在補対演算子法の吸収性能が16層の完全吸収層に匹敵することを明らかにした。また、この時使用メモリー量が低減できることも明らかにした。 全3頁(314~316頁)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、高橋智和、山内潤治、中野久松
229 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
FDTD simulation of a multiple-layer wavelength filter embedded in an optical waveguide
Junji Yamauchi, Hidamasa Ito, Hisamatsu Nakano, Michiya Masuda, and Shigeru Kawaguchi
International Topical Workshop on Contemporary Photonic Technologies 最新フォトニクス技術に関する国際会議論文(東京)

99-100
2001/01



FDTD法を用いて、光導波路中に埋め込まれた多層膜フィルタの反射(1.31μm)・透過(1.55μm)特性を検討した。透過側の導波路の位置を最適に選ぶと、透過率が80%以上に改善されることを明らかにした。反射時、透過時の界分布も提示した。 全2頁(99~100頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、伊藤秀雅、中野久松、増田享哉、川口茂
230 研究論文(学術雑誌)
共著
Semivectorial H-field analysis of rib waveguides by a modified beam-propagation method based on the generalized Douglas scheme
Junji Yamauchi, Toshiyuki Murata, and Hisamatsu Nakano
Optics Letters, Vol.25, No. 24, 米国光学会

25/ 24, 1771-1773
2000/12



3次元のステップインデックス形導波路のビーム伝搬解析において、準TE、準TM波のいずれの波でも4次精度を達成した。リブ導波路の固有モード解析、ならびリブ導波路カプラの結合長の解析において精度を実証した。屈折率境界の位置変化にも対応できることを、傾斜したリブ導波路カプラの伝搬界の解析において明らかにした。 全3頁(1771~1773頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、村田敏行、中野久松
231 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Radiation characteristics of a short dielectric rod antenna with zone plates
Takashi Ando, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEICE International Symposium on Antennas and Propagation (福岡)

1015-1018
2000/08



導波管の開口部に取り付けられたグランド板が放射界に影響することに着目し、グランド板上にゾーンを取り付けることで、短軸長誘電体棒アンテナの放射界を先鋭化することに成功した。 全4頁(1015~1018頁)中、理論検討を担当(研究指導責任者) 共著者:安藤拓司、山内潤治、中野久松
232 研究論文(学術雑誌)
共著
An integral equation for dielectric-coated wires - Application to spiral antennas
Tran Van Su, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Electromagnetics, Vol.20, No.4

20/ 4, 377-386
2000/08



誘電体で覆われたワイヤで構成されたアンテナを解析するためのハレン形積分方程式を導出した。応用例として、ヘリカルアンテナとスパイラルアンテナをとりあげ、誘電体の波長短縮効果により、アンテナの小型化が可能であることを理論的に明らかにした。 全10頁(377~386頁)中、理論検討を担当 共著者:Tran Van Su、山内潤治、中野久松
233 研究論文(学術雑誌)
共著
Application of modified finite-difference formulas to the analysis of z-variant rib waveguides
Junji Yamauchi, Shu Nakamura, and Hisamatsu Nakano
IEEE Photonics Technology Letters, Vol.12, No.8

12/ 8, 1001-1003
2000/08



屈折率境界を任意に選べる改良差分式を伝搬方向に屈折率の変化する導波路の解析に適用した。量子化誤差の低減により、チルト導波路、テーパ導波路の解析で精度の向上することを確認した。 全3頁(1001~1003頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、中村周、中野久松
234 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Demonstration of the discontinuity-radiation concept for a dielectric rod antenna
Takashi Ando, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE Proc. of International Symposium 米国電気電子学会アンテナ伝搬国際シンポジウム論文(ソルトレークシティ、米国)

856-859
2000/07



誘電体棒アンテナの放射機構を説明するもとにして、不連続部放射説が知られているが、これまで、定量的に実証されていなかった。そこで、FDTD法と虚軸ビーム伝搬法の結合解法を開発し、数値的に不連続部放射説を実証した。 全4頁(856~859頁)中、理論検討を担当(研究指導責任者) 共著者:安藤拓司、山内潤治、中野久松
235 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Comparative study of the concurrent complementary operators method and the perfectly matched layer in optical waveguide analysis
Junji Yamauchi, Ryuhei Shoji, and Hisamatsu Nakano
Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(ケベック、カナダ)

189-191
2000/07



FDTD法を用いた光伝搬解析において、共在補対演算子法とPMLとの二つの境界条件を比較検討した。共在補対演算子法がPMLの16層と同程度の性能を有していることを明らかにした。 全3頁(189~191頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、庄司龍平、中野久松
236 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Propagating beam analysis of TM waves in z-variant step-index slab waveguides
Junji Yamauchi, Takeshi Tsuda, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetics Research Symposium 電磁気学の進展国際会議(ケンブリッジ、米国) (invited)

176
2000/07



伝搬方向に屈折率の変化する導波路の伝搬解析における、パワーの評価を議論した。ポインティングベクトルの定義により、フレネル近似がもたらす意味を明確にした。 全1頁(176頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、津田剛、中野久松
237 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Time-domain finite-difference beam propagation method based on the generalized Douglas scheme for a circularly symmetric optical waveguide
Jun Shibayama, Tomokazu Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Progress in Electromagnetics Research Symposium 電磁気学の進展国際会議(ケンブリッジ、米国)

331
2000/07



回転対称構造の導波路解析のための時間領域ビーム伝搬法の精度改善法を議論した。伝搬方向の精度を4次精度まで改善した。 全1頁(331頁)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、高橋智和、山内潤治、中野久松
238 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Analysis of pulse propagation in an optical fiber using a time-domain BPM with Pade approximants in the time axis
Jun Shibayama, Tomokazu Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(ケベック、カナダ)

12-14
2000/07



3次元時間領域ビーム伝搬法における時間微分を4次精度に改善することに成功している。ファイバ中のパルス波伝搬速度の評価から、4次精度を確認した。 全3頁(12~14頁)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、高橋智和、山内潤治、中野久松
239 研究論文(学術雑誌)
共著
Norm-conserving finite-difference beam-propagation method for TM wave analysis in step-index optical waveguides
Junji Yamauchi, Kenji Matsubara, Takeshi Tsuda, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.18, No.5

18/ 5, 721-728
2000/05



伝搬方向に屈折率の変化する導波路をビーム伝搬解析する際に生じるパワー非保存の問題を議論した。TM波解析において問題が大きく、対称導波路では、量子化誤差を低減した改良差分式の導入により、パワーの保存性が維持できることを明らかにした。非対称導波路の場合には、伝搬方向の屈折率微分を評価せざるを得ないことを明確にした。ベンチマークテストで採用されている非対称テーパ導波路で提案する解析法の有効性を明らかにした。 全8頁(721~728頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、松原健二、津田剛、中野久松
240 研究論文(学術雑誌)
共著
Efficient time-domain finite-difference beam propagation methods for the analysis of slab and circularly symmetric waveguides
Jun Shibayama, Tomokazu Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.18, No.3

18/ 3, 437-442
2000/03



スラブ構造導波路と回転対称構造導波路用の時間領域ビーム伝搬法を検討した。伝搬方向の微分にダグラス法を導入することで、精度を改善した。ファイバグレーティングの解析例において、FDTD法の結果と比較議論し、提案する手法の有効性を明示した。 全6頁(437~442頁)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、高橋智和、山内潤治、中野久松
241 研究論文(学術雑誌)
共著
Time-domain finite-difference BPM with Pade approximants in time axis for analysis of circularly symmetric fields
Jun Shibayama, Tomokazu Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEE Electronics Letters, Vol.36, No.4 英国電気学会

36/ 4, 319-320
2000/02



パデ(2,2)次の演算子を時間領域ビーム伝搬法の時間軸に適用した。時間軸の演算の精度を4次まで改善することで、大きな時間刻み幅が使用できることを明らかにした。時間刻み幅の上限についても議論した。 全2頁(319~320頁)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、高橋智和、山内潤治、中野久松
242 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Polarization conversion properties in periodically loaded and supermode-based waveguides
Junji Yamauchi, Nobuo Agari, and Hisamatsu Nakano
International Topical Workshop on Contemporary Photonic Technologies 最新フォトニクス技術に関する国際会議論文

81-82
2000/01



周期的に装荷部を付加したリブ形偏波変換器とスーパモードを利用した偏波変換器の特性を、フルベクトル形ビーム伝搬法で解析した。スーパモードに基づく構造の方が,低損失でかつ偏波変換長が短く済むことを実証した。 全2頁(81~82頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、上利伸男、中野久松
243 研究論文(学術雑誌)
共著
Application of the generalized Douglas scheme to optical waveguide analysis
Junji Yamauchi, Jun Shibayama, and Hisamatsu Nakano
Optical and Quantum Electronics, Vol.31, No.9/10

31/ 9/10, 675-687
1999/10



3重対角行列で4次精度を実現する差分スキームを開発し、光導波路の解析に応用した。グレーデッド形ファイバの固有モードとリブ導波路カプラの結合長を評価し、従来の手法よりも精度の向上したことを確認した。時間領域差分ビーム伝搬法にも応用した。 全13頁(675~687頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、柴山純、中野久松
244 研究論文(学術雑誌)
共著
Finite-difference time-domain beam propagation method for analysis of three-dimensional optical waveguides
Jun Shibayama, Tomokazu Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
IEE Electronics Letters, Vol.35, No.18 英国電気学会

35/ 18, 1548-1549
1999/09



交互方向陰解法を用いて、3次元導波路解析用の時間領域ビーム伝搬法を開発した。開発した手法では、空間および時間に関して2次精度を達成した。光ファイバ端面でのパルスの反射問題に言及し、最適な時間刻みの選択法に関する指針も与えた。 全2頁(1548~1549頁)中、理論検討を担当(研究指導責任者) 共著者:柴山純、高橋智和、山内潤治、中野久松
245 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Propagating beam analysis based on the finite-difference formula for a general position of interfaces
Junji Yamauchi, Shu Nakamura, and Hisamatsu Nakano
Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(サンタバーバラ、米国)


1999/07



境界面の位置を任意に選べる、差分式を用いて、リブ導波路テーパを解析した。境界面の位置の任意化による、従来問題となっていた量子化誤差が低減できることを明らかにした。電界に基づく式よりも磁界に基づく式の方が、境界位置の変化に対して安定であることを明らかにした。 全3頁(101~103頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、中村周、中野久松
246 (MISC)その他記事
共著
Extended time-domain finite-difference beam propagation methods

Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(サンタバーバラ、米国)


1999/07



直交座標系の時間領域ビーム伝搬法(TD-BPM)の伝搬軸方向に一般化したダグラス法を適用し、精度の改善を図った。さらに、円筒座標系において、回転対称界解析に適したTD-BPMを導出し、ファイバグレーティングの反射率の波長特性を明示した。 全3頁(247~249頁)中、理論検討を担当(研究指導責任者) 共著者:柴山純、高橋智和、山内潤治、中野久松
247 (MISC)その他記事
共著
Theoretical and experimental investigations of focusing properties of the Fresnel zone lens and plate

IEEE Proc. of International Symposium 米国電気電子学会アンテナ伝搬国際シンポジウム論文(オーランド、米国)


1999/07



フレネルゾーンの理論に基づいて配置された2本の平行導体ならびに誘電体の集束特性を境界要素法で理論的に検討した。さらに、ヘリカルアンテナとフレネルゾーン板とを組み合わせたアンテナの利得特性を実験的に検討した。 全4頁(746~749頁)中、理論検討、論文執筆を担当 共著者:山内潤治、中野久松
248 (MISC)その他記事
共著
FD-TD analysis of dielectric rod antennas with an antireflective layer

IEEE Proc. of International Symposium 米国電気電子学会アンテナ伝搬国際シンポジウム論文(オーランド、米国)


1999/07



金属導波管で給電された誘電体棒アンテナをFD-TD法で解析した。終端からの反射波抑制に光導波路で利用されるARコーティングが有効であることを数値計算上から明らかにした。反射波が利得特性に及ぼす効果も議論した。 全4頁(602~605頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、安藤拓司、中野久松
249 研究論文(学術雑誌)
共著
Efficient nonuniform schemes for paraxial and wide-angle finite-difference beam propagation methods

IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.17, No.4

17/ 4, 677-683
1999/04



一般化したダグラス法に基づいて、不等間隔グリッドのための高能率な差分ビーム伝搬法を開発した。2次元問題において、二つの手法(計算領域法、物理領域法)を議論した。計算領域法では写像関数を応用することで、簡単なアルゴリズムを構築した。物理領域法では、グリッドの選択の自由さを維持しながら、4次精度を実現した。物理領域法の利点を生かして、アダプティブグリッドの手法をも取り入れ、広角にわたる伝搬ビームを解析できることを明示した。 全7頁(677~683頁)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、松原健二、関口稔、山内潤治、中野久松
250 (MISC)その他記事
共著
Full-vectorial beam-propagation method based on the McKee-Mitchell scheme with improved finite-difference formulas

IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.16, No.12


1998/12



McKee-Mitchell法に基づく交互方向陰的差分法をフルベクトルのフレネル方程式に適用した。反復法を用いた手法よりも計算効率の良いことを実証した。偏波の結合を支配する混合微分項には、新たに境界条件を考慮した改良差分式を開発した。リブ導波路の解析結果から、本手法が2次精度を維持していることを確証した。さらに、他の手法との比較も行い、提案する手法の精度の良いことを明らかにした。 全7頁(2458~2464頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、高橋源、中野久松
251 (MISC)その他記事
共著
Semivectorial mode analysis of a rib waveguide by an imaginary-distance beam-propagation method based on the generalized Douglas scheme

電子情報通信学会論文誌,Vol.E81-C, No.12


1998/12



一般化したダグラス法に基づく虚軸ビーム伝搬法により、リブ導波路の固有モードを解析している。通常の差分法による結果よりも固有モードの収束の速いことを明示している。 全3頁(1889~1891頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、柴山純、中村周、中野久松
252
共著
Improved vectorial finite-difference beam-propagation method based on the McKee-Mitchell scheme
Gen Takahashi, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano
International Workshop on Optical Waveguide Theory and Numerical Modelling, Hagen, Germany


1998/09




253
単著
Application of the generalized Douglas scheme to optical waveguide analysis
Junji Yamauchi
International Workshop on Optical Waveguide Theory and Numerical Modelling, Hagen, Germany (invited)


1998/09




254 (MISC)その他記事
共著
Modified finite-difference formula for semivectorial H-field solutions of optical waveguides

IEEE Photonics Technology Letters, Vol.10, No.8


1998/08



セミベクトル磁界のモード解析用に新たに導出した差分式を用いて、リブ導波路の伝搬定数を計算した。新たに導出した式は、屈折率境界がサンプリング点の中央にさえあれば、2次精度を保証する。ベンチマークテスト用のリブ導波路の解析結果は、提案の差分式が従来の式よりも収束の速いことを明らかした。 全3頁(1127~1129頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、高橋源、中野久松
255 (MISC)その他記事
共著
Rib waveguide analysis by the imaginary-distance vectorial beam-propagation method based on Yee's mesh

Optical and Quantum Electronics, Vol.30, No.5/6


1998/06



Yeeの格子に基づく虚軸フルベクトルビーム伝搬法により、リブ導波路の伝搬定数と界分布を明らかにしている。現在使用されている他の手法の結果と比較し、その優劣を議論している。 全5頁(397~401頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、諸橋直史、中野久松
256 (MISC)その他記事
共著
Analysis of the far-field pattern of an optical waveguide array using the finite-difference beam-propagation method

IEE Proc.-Microwave, Antennas and Propagation, Vol.145, No.2


1998/04



3本のスラブ形光導波路で構成されるアレイ構造からの放射界をビーム伝搬法により解析した。導波路間の相互結合が放射界に及ぼす影響をビームチルト角が0度と5度の場合について検討した。 全3頁(175~177頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、柄谷康治、足達慎、中野久松
257 (MISC)その他記事
共著
Efficient multistep methods using a nonuniform grid

Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(ビクトリア、カナダ)


1998/03



不等間隔グリッドをマルチステップ法に適用した。4次精度を維持しながら傾斜角45度までの伝搬ビームを効率よく解析できることを明示した。 全3頁(59~61頁)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、松原健二、関口稔、山内潤治、中野久松
258 (MISC)その他記事
共著
Techiniques of improving the imaginary-distance full-vectorial BPM based on Yee's mesh

Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(ビクトリア、カナダ)


1998/03



Yeeの格子を用いたフルベクトルビーム伝搬法を改善する技法について議論。4次精度および6次精度の差分式を用いて、グレーデッド形光導波路の固有モード解析を実施。コーナー部における電界の特異性についても言及。 全3頁(56~58頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、諸橋直史、中野久松
259 (MISC)その他記事
共著
Analysis of a lensed coreless fiber by a hybrid technique combining FD-BPM and FD-TDM

IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology,Vol.16, No.3


1998/03



スカラ形広角差分ビーム伝搬法とスカラ形差分時間領域法との結合法を統一的に議論している。伝搬界と位相分布の計算から、ファイバ端面のレンズ部が位相調整素子として動作することを実証している。レンズによるパワーの集中は指向性利得の計算により評価した。端面に無反射コーティングを施した場合の効果についても議論している。 全7頁(465~471頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、西尾浩二、中野久松
260 (MISC)その他記事
共著
改良差分虚軸ビーム伝搬法による光導波路の固有モード解析

電子情報通信学会論文誌C-I, Vol.J81-C-I, No.1


1998/01



一般化したダグラス法に基づく改良形差分ビーム伝搬法に虚軸法を適用し、光導波路の固有モード解析を行っている。まず、定式化を偏波の依存性を含めて行う。更に、実効屈折率を評価する際に参照屈折率を逐次更新する簡便な方法を考案している。応用例として、等価屈折率法と併用し、3次元多重量子井戸構造導波路の固有モードを解析する。他の手法との一致を確認している。最後に、交互方向陰解法を導入し、グレーデッドインデックス形ファイバを解析している。厳密解との比較から、直接3次元解析した場合の有効性を示している。 全8頁(9~16頁)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、関口稔、山内潤治、中野久松
261 (MISC)その他記事
共著
Analysis of optical waveguides with high-reflection coatings using the FD-TD method

IEEE Photonics Technology Letters, Vol.10, No.1


1998/01



FD-TD法を用いて、誘電体の積層構造からの反射特性を検討している。近似的な伝送マトリックス法では、TM波で誤差が大きいことを明示している。積層部に漏れ波が存在することを初めて明らかにした。 全3頁(111~113頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、神原宏之、中野久松
262 (MISC)その他記事
共著
一般化したダグラス法に基づく時間領域差分ビーム伝搬法

電子情報通信学会論文誌 C-I, Vol.81-C-I, No.1


1998/01



高精度な時間領域差分ビーム伝搬法を初めて定式化している。ステップインデックス形スラブ導波路における光パルスの伝搬解析により、手法の有効性を証明している。従来の手法に比べ、計算時間を約1/3に短縮できることを明らかにしている。 全2頁(38~39頁)中、理論検討を担当 共著者:柴山純、山内潤治、中野久松
263 (MISC)その他記事
共著
Modified finite-difference formula for the analysis of semivectorial modes in step-index optical waveguides

IEEE Photonics Technology Letters, Vol.9, No.7


1997/07



セミベクトルモードを解析するための差分式を改良した。従来の式が1次精度であったのに対して、提案式は2次精度を達成した。また、不連続部の位置を任意化する際の手法も提案した。埋め込み形導波路の実効屈折率の計算より、提案の式の収束が従来のものよりも速いことを明らかにした。 全3頁(961~963頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、関口稔、内山理、柴山純、中野久松
264 (MISC)その他記事
共著
Hybird BPM-FDTD analysis of optical devices

Progress in Electromgnetics Research Symposium 電磁気学の進展国際会議(ケンブリッジ、米国)


1997/07



ビーム伝搬法とFDTD法とのハイブリッド解析法を用いて、光デバイスの解析例を示した。局部的に反射波が生じるモデルの検討に有効であることを指摘した。 全1頁(221頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、西尾浩二、中野久松
265 (MISC)その他記事
共著
Scalar FD-TD method for circularly symmetric waveguides

Optical and Quantum Electronics, Vol.29, No.4


1997/04



回転対称の導波路解析を効率よく行うためのスカラ形時間差分領域法を統一的に議論している。吸収境界条件については、精度の高い2次のものを円筒座標系で導出している。ファイバ形の分布帰還形フィルタの解析を行い、界分布、反射率の波長特性を議論している。 全10頁(451~460頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、仁部正之、中野久松
266 (MISC)その他記事
共著
Hybrid numerical technique combining the finite-difference beam-propagation method and the finite-difference time-domain method

Optics Letters, Vol.22, No.5 米国光学会


1997/03



スカラ形のビーム伝搬法と有限差分時間領域法との混合解法を提案している。周波数領域の界と時間領域との界との接続を効率良く行う手法を議論した。 全3頁(259~261頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、西尾浩二、中野久松
267 (MISC)その他記事
共著
Finite-difference beam propagation method based on the generalized Douglas scheme for a nonuniform grid

IEEE Photonics Technology Letters, Vol.9, No.1


1997/01



従来、等間隔グリッドにのみ有効とされてきたダグラス法を不等間隔グリッドにも応用できるように拡張し、光導波路の解析を行った。界分布と実効屈折率の精度を不等間隔比の変化に対して算出し、クランクニコルソン法に比べ、大幅な精度改善を達成した。 全3頁(67~69頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、柴山純、関口稔、中野久松
268 (MISC)その他記事
共著
Improved finite-difference beam-propagation method based on the generalized Douglas scheme and its application to semivectorial analysis

IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, Vol.14, No.10


1996/10



一般化したダグラス法に基づく差分ビーム伝搬法をセミベクトル解析にも適用できるように改良した。提案した手法により、屈曲した埋め込み形導波路を解析し、屈曲損失の偏光依存性を算出した。さらに、トレンチ部がどのように屈曲損失を低減するかを、界分布から説明した。 全6頁(2401~2406頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、柴山純、斎藤修、内山理、中野久松
269 (MISC)その他記事
共著
Improved multistep method for wide-angle beam propagation

IEEE Photonics Technology Letters Vol.8, No.10


1996/10



光導波路中のビームが伝搬軸から逸れている場合にもビームのふるまいを追跡できるように、マルチステップ法を改良した。3ステップ法を使用すれば、45度傾斜したビームまで、参照屈折率の選択にかかわらず解析できることを実証した。 全3頁(1361~1363頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、柴山純、中野久松
270 (MISC)その他記事
共著
Propagating beam analysis of fiber wavelength filters with a depressed-index section

Fiber and Integrated Optics Vol.15, No.4

353-363頁
1996/10



単一モードと高次モードのファイバを縦続したフィルタの特性を解析している。高次モードファイバに屈折率のディップ部を設けると、遮断特性の向上することを明らかにしている。さらに、ディップ部が非線形効果を持っている場合には、パワーに依存したフィルタ特性の得られることを見出している。 全11頁(353~363頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、安藤拓司、秋元康宏、中野久松
271 (MISC)その他記事
共著
Numerical analysis of the far-field pattern of optical waveguide array

電子情報通信学会アンテナ伝搬国際会議

1169-1172頁
1996/09



ビーム伝搬法を用いて、3本の光導波路配列の放射特性を評価している。屈曲部で生じる非導波モードが放射界に及ぼす影響を考察している。放射ビームが5度チルトする場合についても検討している。 全4頁(1169~1172頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、足達慎、柄谷康治、中野久松
272 (MISC)その他記事
共著
Polarization dependence of pure bending loss in slab optical waveguides

電子情報通信学会論文誌 Vol.E79-C No.6

870-873頁
1996/07



屈曲したスラブ導波路の純粋屈曲損を算出している。TE波、TM波の屈曲損の違いを評価している。解析においては、屈折率分布の変化を直接差分するよりも、Sternによって提案された式を用いた方が精度のよいことを明らかにした。また、円筒座標系による解析も行い、等価屈折率を用いる手法の妥当性も吟味している。 全4頁(870~873頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、斎藤修、関口稔、中野久松
273 (MISC)その他記事
共著
Reflectivity analysis of optical waveguides with coated and tilted facets using the FD-TD method with the PML absorbing boundary condition

Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(ボストン、米国)


1996/04



チルトした端面をもつ光導波路の反射特性をFD-TD法で解析している。無反射コーティングと組合わせると、反射パワーをより低減できることを明示している。コーティング層の厚さについても言及している。 全4頁(422~425頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、青木慎一、中野久松
274 (MISC)その他記事
共著
Analysis of a lensed coreless fiber by a hybrid technique that involves FD-BPM and FD-TDM

Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(ボストン、米国)

209-212頁
1996/04



先端がレンズ化されたファイバの特性を検討するために、差分ビーム伝搬法と差分時間領域法とを組合わせた手法を開発している。両手法の利点を生かし、短時間で伝搬特性を評価することに成功している。 全4頁(209~212頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、西尾浩二、中野久松
275 (MISC)その他記事
共著
Technique of improving the multistep method for wide-angle beam propagation

Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(ボストン、米国)

115-118頁
1996/04



広角度にわたる伝搬ビームを解析する際に有効な手法であるマルチステップ法に一般化したダグラス法を適用し、精度の向上をはかっている。高次モードが伝搬する際の誤差をモード不整合損と位相とから評価している。 全4頁(115~118頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、関口稔、柴山純、中野久松
276 (MISC)その他記事
共著
Anaysis of antireflection coatings using the FD-TD method with the PML absorbing boundary condition

IEEE Photonics Technology Letters Vol.8, No.2

239-241頁
1996/02



PML吸収境界条件を用いたFD-TD法により、無反射コーティング層をもつ光導波路端面からの反射波を解析している。従来の境界条件に比べて、計算結果のダイナミックレンジが広く取れることを明示している。1層、2層のコーティングの場合について波長特性を明らかにしている。 全3頁(239~241頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、美田誠、青木慎一、中野久松
277 (MISC)その他記事
共著
Wide-angle propagating beam analysis for circularly symmetric waveguides: comparison between FD-BPM and FD-TDM

IEEE Photonics Technology Letters Vol.8, No.2

236-238頁
1996/02



ファイバのような回転対称導波路における広角伝搬ビーム法を定式化している。さらに、スカラ形の時間差分領域法(FD-TDM)をも定式化している。テーパファイバの中の高次モード伝搬特性について両者の結果を比較、議論している。 全3頁(236~238頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、秋本康宏、仁部正之、中野久松
278 (MISC)その他記事
共著
Modified finite-difference beam propagation method based on the generalized Douglas scheme for variable coefficients

IEEE Photonics Technology Letters Vol.7, No.6

661-663頁
1995/06



ダグラス法を変数係数をも考慮できるように一般化している。クランクニコルソン法に比べて、フレネル方程式を精度よく解析できることを2次元スラブ導波路および3次元ファイバ導波路で実証している。殆ど同じ計算時間で、高次の手法と同程度の精度を維持している。 全3頁(661~663頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、柴山純、中野久松
279 (MISC)その他記事
共著
A wide-angle beam propagation method using the generalized Douglas scheme for variable coefficients

Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(ダナポイント、米国)

21-23頁
1995/02



変数係数考慮した一般化ダグラス法を利用することで、打ち切り誤差を4次のオーダーまで低減した広角ビーム伝搬法を定式化した。ステップインデックス形導波路を例にとり、提案する手法の有効性を明らかにした。 全3頁(21~23頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、柴山純、中野久松
280 (MISC)その他記事
共著
Wide-angle propagating beam analysis based on the generalized Douglas scheme for variable coefficients

Optics Letters Vol.20, No.1 米国光学会

7-9頁
1995/01



(1.1)次のパデ演算子を用いた波動方程式に一般化したダグラス法を適用して、広角にわたる伝搬ビームを解析する手法を提案している。従来のクランクニコルソン法を用いた場合に比べて、伝搬誤差を低減できることを明示した。 全3頁(7~9頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、柴山純、中野久松
281 (MISC)その他記事
共著
斜交座標系を用いた差分形ビーム伝搬法

電子情報通信学会論文誌 Vol.J77-C-I, No.12

740-745頁
1994/12



斜交座標を採用した差分形ビーム伝搬法を提案している。定式化の後、傾斜したステップインデックス形スラブ導波路において、基本モードの伝搬誤差をモード不整合損で評価している。その結果、モード不整合損が低く抑えられることを見出す。光導波路ベンドの解析では、計算領域が有効に使える利点を明示する。 全6頁(740~745頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、柴山純、中野久松
282 (MISC)その他記事
共著
パデ近似演算子を用いたFFT形 ビーム伝搬法

電子情報通信学会論文誌 Vol.J77-C-I, No.8

490-495頁
1994/08



FFTを用いたビーム伝搬法に、(1.1)次のパデ近似演算子を適用している。パデ式を導出した後、従来の近軸式、広角式との関係を述べる。次にステップインデックス形直線導波路において、基本モードの伝搬誤差をモード不整合損で評価する。横方向のきざみ幅を小さくしても、パデ式が損失性をもたないことを実証する。更に、傾斜した導波路の解析を行い、傾斜角が25度程度まで、パデ式の結果が広角式のものと同程度の精度を維持することを明らかにしている。 全6頁(490~495頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、柴山純、中野久松
283 研究論文(学術雑誌)
共著
Second-mode operation of an Archimedean spiral antenna backed by a conducting plane reflector

Electromagnetics, Vol.14, No.3-4

14/ 3-4, 319-327
1994/07



第2モードで動作するアルキメデス形スパイラルアンテナが平面反射板上に置かれている場合の放射特性を検討している。積分方程式に基づく数値解法によりアーム上の電流分布を算出し、アンテナの高さを適切に選ぶと、進行波形の電流分布の得られることを見出している。放射特性に関しては、実験値との良好の一致を確認している。 全9頁(319~327頁)中、理論検討、論文執筆を担当 共著者:山内潤治、早川和宏、中野久松
284 (MISC)その他記事
共著
Comparison of insertion losses of S-shaped optical waveguide bends

Microwave and Optical Technology Letters Vol.7, No.9

399-401頁
1994/06



サイン、コサイン、円弧形状からなるS字形ベント光導波路の挿入損失をビーム伝搬法により解析している。円弧形状の曲率の不連続部に軸ずれを設けると、挿入損失が他のベント構造に比べて最も小さくなることを見出している。 全3頁(399~401頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、斎藤修、池ヶ谷守彦、沢本武仁、中野久松
285 (MISC)その他記事
共著
Propagating beam analysis based on the implicit-finite difference method using the oblique coordinate system

Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(サンフランシスコ, 米国)

19-21頁
1994/02



光導波路を解析する際に生じる量子化誤差をとり除くために、斜交座標系を用いた陰的差分法による伝搬ビーム解析法を提案している。直交座標系で得られる結果との比較から、斜交座標導入の有効性を明らかにしている。応用例として、光導波路ベンドにおけるコヒーレント結合の効果を示している。 全3頁(19~21頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、柴山純、中野久松
286 (MISC)その他記事
共著
Effects of trench location on the attenuation constant in bent step-index optical waveguides

電子情報通信学会論文誌 Vol.E77-C, No.2

319-321頁
1994/02



トレンチ部を付加した光ファイバの純粋屈曲損失を交互方向陰的差分法により解析している。トレンチの設置位置が損失に及ぼす効果を明らかにしている。設置位置の変化により損失に振動が生じることを見出し、振動現象のメカニズムをスラブ導波路のモデルを用いて解明している。 全3頁(319~321頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、安藤拓司、池ヶ谷守彦、中野久松
287 (MISC)その他記事
共著
A curl antenna

IEEE Trans. on Antennas and Propagation Vol.41, No.11 米国電気電子学会論文誌

1570-1575頁
1993/11



カールアンテナと称される円偏波放射素子を提案し、放射特性を数値解析及び実験により検討している。素子の利得は約8.4dB、3dB以内の軸比の帯域は6.7%である。2つの素子の結合について議論した後に、168素子からなる円配列アンテナを構成している。配列アンテナの開口効率は95%にも及んでいる。 全6頁(1570~1575頁)中、 理論検討を担当 共著者:中野久松、奥沢繁、大石克巳、三牧宏彬、山内潤治
288 (MISC)その他記事
共著
Analysis of dielectric hollow slab waveguides using the finite difference beam propagation method

電子情報通信学会論文誌 Vol.J76-C, No.11

1695-1697頁
1993/11



差分形ビーム伝搬法を中空形スラブ導波路に適用している。TE0モードとTE1モードの減衰定数を評価し、摂動法で得られる結果とよく一致することを確認している。直線部と屈曲部との遷移状態における界分布と微分パワー損を算出し、ふるまいを議論している。本手法が中空形スラブ導波路の解析に有効である、と結論づけている。 全3頁(1695~1697頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者)。 共著者:山内潤治、安藤拓司、中野久松
289 (MISC)その他記事
共著
Improvement in front-to-back ratio of a backfire helix by a flared open end

IEEE Trans. on Antennas and Propagation Vol.41, No.11 米国電気電子学会論文誌

1591-1595頁
1993/11



バックファイアモードで動作するバイファイラヘリカルアンテナの電流分布を算出し、進行波成分と逆行波成分とに分離することで、各成分が放射特性に与える影響を考察している。逆行波成分が放射界の前後比の劣化に寄与することを明らかにし、これを改善する観点から開放端部の開口化を提案している。 全5頁(1591~1595頁)中、理論検討を担当 共著者:中野久松、飯尾慎一、山内潤治
290 (MISC)その他記事
共著
Reflection analysis from the endface of optical waveguides using the finite-difference time-domain method

Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(パームスプリングス、米国)

120-123頁
1993/03



差分時間領域(FD-TD)法により、2次元の光導波路端面で生じる反射波を、TE波、TM波それぞれについて評価している。無反射コーティングを施す構造と、端面を傾斜させる構造とを取り上げている。最適なコーティング層の厚みが偏波により異なり、TE波の場合、TM波に比べてコーティング層を厚くする必要のあることを明らかにしている。 全4頁(120~123頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者)。 共著者:山内潤治、安藤拓司、中野久松
291 (MISC)その他記事
共著
陰的差分法による1×3結合導波路形光パワー分配器の解析

電子情報通信学会論文誌 Vol.J75-C-1, No.11

703-710頁
1992/11



傾斜した結合導波路を利用した光パワー分配器を検討している。まず、傾斜角の選択範囲や、傾斜角の誤差がパワー分配に与える影響を考察している。次に、傾斜角の選択範囲を広げ、素子の小形化を実現するために、折れ曲がり導波路を用いる構造を検討している。この際,波面の不整合を軽減し、放射損失を低減するために、折れ曲がりに屈折率分布の変形を導入している。その結果、従来のものに比べて、損失が1.5dB以上も低減されることを見出している。 全8頁(703~710頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者)。 共著者:山内潤治、安藤拓司、中野久松
292 (MISC)その他記事
共著
Finite-difference beam-propagation method for circularly symmetric fields

電子情報通信学会論文誌 Vol.E75-C, No.9

1093-1095頁
1992/09



円筒座標系の光波伝搬問題を解析するのに有用な差分ビーム伝搬法を議論している。透過形境界条件を付加することにより、半径の異なるファイバの接続に伴うパワー結合問題を能率よく解析している。接続部で生じる放射モード界をも明らかにしている。 全3頁(1093~1095頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、池ヶ谷守彦、安藤拓司、中野久松
293 (MISC)その他記事
共著
Bend loss of step-index slab waveguides with trench section

Microwave and Optical Technology Letters Vol.5, No.6

251-254頁
1992/06



スラブ形光導波路に低屈折率のトレンチ部を設置した際の屈曲損失低減効果を詳細に解析している。トレンチ部の位置、屈折率がおよぼす効果を算出し、最適値を見出している。 全4頁(251~254頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、池ヶ谷守彦、中野久松
294 (MISC)その他記事
共著
Analysis of bent step-index optical fibres by the beam propagation method

IEE Proc. Part-J Vol.139 No.3 英国電気学会論文誌

201-207頁
1992/06



ステップインデックス形光ファイバが屈曲した際に生じる効果を詳細に議論している。まず、界分布変形をビーム伝搬法により解析し、定常界を摂動法の結果と比較、検討している。次に、遷移損失、純粋屈曲損失を評価し、従来の結果とよく一致することを見出している。さらに、屈曲損失を低減するために、コアが軸ずれした場合、およびトレンチを設置した場合を取り上げ、最適値を明らかにしている。 全7頁(201~207頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、池ヶ谷守彦、中野久松
295 (MISC)その他記事
共著
交互方向陰的差分法による伝搬ビーム解析

電子情報通信学会論文誌 Vol.J75-C-I, No.3

148-154頁
1992/03



3次元空間における光波ビーム伝搬問題の解析に交互方向陰的差分法が有効であることを明らかにしている。光ファイバの基本モード、高次モードの伝搬問題、端面放射問題を取り扱った後に、軸ずれ光ファイバにおいてコヒーレント結合がもたらす損失低減効果を詳細に検討している。 全7頁(148~154頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、安藤拓司、中野久松
296 (MISC)その他記事
共著
透過形境界条件を用いた差分BPMによるコヒーレント結合光導波路ベンドの解析

電子情報通信学会論文誌 Vol.J74-C-I, No.11

522-524頁
1991/11



光導波路ベンドの解析を、透過型境界条件を用いた差分ビーム伝搬法で行った。コヒーレント結合による接続効率の周期的変動を算出し、損失低減効果を明らかにした。さらに、本論文の手法が従来に比べて、短い計算時間で済むことを指摘している。 全3頁(3246~3252頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、安藤拓司、中野久松
297 (MISC)その他記事
共著
Circularly polarized conical beam formation by backfire helical antennas

電子情報通信学会論文誌 Vol.E74, No.10

3246-3252頁
1991/10



単線式バックファイアヘリカルアンテナによる双峰性ビーム形成の可能性を議論した後に、第2モード励振による2線式および4線式の放射特性を数値解析により明らかにしている。2線式では、1:1.4の帯域にわたり円偏波が放射されていることを見出している。また、第1モード励振で得られる準双峰性ビームについても言及している。 全7頁(3246~3252頁)中、理論検討を担当 共著者:中野久松、佐浦康夫、三牧宏彬、山内潤治
298 (MISC)その他記事
共著
Beam-propagation analysis of optical fibres by alternating direction implicit method

IEE Electronics Letters Vol.27, No.18 英国電気学会

1663-1665頁
1991/08



光ファイバの基本モードの伝搬解析に交互方向陰解法を用いることを提案している。従来の手法に比べて、伝搬方向のきざみ幅を大きくとれ、計算時間が少なくてすむことを明らかにしている。 全3頁(1663~1665頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、安藤拓司、中野久松
299 (MISC)その他記事
共著
Extremely low-profile helix radiating a circularly polarized wave

IEEE Trans. on Antennas and Propagation Vol.36, No.6 米国電気電子学会

754-757頁
1991/06



低ピッチ角で巻数を少なくしたヘリカルアンテナが良好な円偏波放射素子として動作することを数値解析により見出している。ピッチ角4度、巻数2ターンのヘリカルアンテナでは、3dB以内の軸比が12%の帯域にわたって得られることを明らかにしている。 全4頁(754~757頁)中、理論検討を担当 共著者:中野久松、武田晴夫、本間輝彰、三牧宏彬、山内潤治
300 (MISC)その他記事
共著
Reduction in bend loss of S-shaped dielectric slab waveguides

Integrated photonics research technical digest IEEE/OSA 光集積工学国際会議論文(モントレー、米国)

36頁
1991/04



S字形光スラブ導波路にコアの軸ずれとトレンチ部を同時に導入し、損失の低減をはかっている。トレンチ部の位置とその屈折率の値が純粋屈曲損失に及ぼす効果を詳細に解析している。従来提案されている他のS字形状導波路の損失と比較し、本論文の手法の有利さを明らかにしている。 全1頁(36頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、池ヶ谷守彦、中野久松
301 (MISC)その他記事
共著
Analysis of bent asymmetric slab waveguides by the beam propagation method

Optics Communications Vol.79, No.5 Elsevier

291-294頁
1990/11



非対称な屈折率分布をもつ屈曲した光導波路の界分布と損失をビーム伝搬法により解析している。定常状態で得られる界分布を摂動法により得られる結果と比較し、良好な一致を確認している。非対称性が小さい場合には、従来の近似式により求められる損失が過大評価になっていることを指摘している。 全4頁(291~294頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者)。 共著者:山内潤治、池ヶ谷守彦、中野久松
302 (MISC)その他記事
共著
BPM analysis of S-shaped dielectric slab waveguides

電子情報通信学会論文誌 Vol.E73, No.11

1837-1839頁
1990/11



S字形に屈曲したステップインデックス形光導波路の挿入損失をビーム伝搬法により解説している。遷移損失を低減するために、コアの軸ずれ法を導入し、最適な軸ずれ量を評価している。純粋屈曲損失を低減するために、低屈折率のトレンチ部を設置している。両者を組み合せると、挿入損失が大幅に減らせることを見出している。 全3頁(1837~1839頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者)。 共著者:山内潤治、池ヶ谷守彦、中野久松
303 (MISC)その他記事
共著
Hallen-type integral equation to a system composed of wires with dielectric coating

IEE Electronics Letters Vol.26, No.17 英国電気学会

1412-1413頁
1990/08



誘電体の被膜をもつ任意形状の線状アンテナを解析するために、ハレン形積分方程式を導出している。ダイポールアンテナとヘリカルアンテナの解析例を提示し、従来の手法の結果と比較、検討している。ハレン形積分方程式の利点にも触れている。 全2頁(1412~1413頁)中、理論検討、論文執筆を担当 共著者:山内潤治、中野久松
304 (MISC)その他記事
共著
軸ずれした誘電体スラブ導波路のコヒーレント結合

電子情報通信学会論文誌 Vol.J73-C-Ⅰ,6

478-480頁
1990/06



軸ずれをもつステップインデックス形光導波路の接続効率をビーム伝搬法により解析し、重畳積分の結果と比較検討している。軸ずれ部が単一の場合には、両者がよく一致することを示している。軸ずれ部が2カ所ある場合には、軸ずれ部の間隔長に伴い接続効率が変動することを明示し、コヒーレント結合がどの程度接続効率を改善し得るかを明らかにしている。 全3頁(478~480頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、三浦啓彰、中野久松
305 (MISC)その他記事
共著
Beam-propagation analysis of bent step-index slab waveguides

IEE Electronics Letters Vol.26, No.12 英国電気学会

822-824頁
1990/06



屈曲した光スラブ導波路の界分布と損失をビーム伝搬法により解析。十分に伝搬させた後に得られる、定常状態の界分布と損失を他の解析的手段の結果と比較し、よい一致を確認している。屈曲損失を低減するために、屈曲の外側に低屈折率のトレンチ部を設置した場合にも検討を加え、トレンチ部の効果を明示している。 全3頁(822~824頁)中、理論検討、論文執筆を担当(研究指導責任者)。 共著者:山内潤治、菊地進、広岡利一、中野久松
306 (MISC)その他記事
共著
An extremely low-profile helical array antenna

IEEE Proc. of International Symposium 米国電気電子学会アンテナ伝搬国際シンポジウム論文(ダラス、米国)

702-705頁
1990/05



超低姿勢ヘリカル素子を用いたアレーアンテナを構築し、ビームチルトを実現している。素子間隔の変化にともなうアレーアンテナの利得を理論的に検討し、最適な素子間隔を見出している。ビームを30度チルトした場合でも、開口効率は71%の高い値を示すことを実証している。 全4頁(702~705頁)中、理論を担当 共著者:中野久松、武田晴夫、本間輝彰、三牧宏彬、山内潤治
307 (MISC)その他記事
共著
フレネルゾーンプレートの集束作用とらせん形円偏波放射素子への応用

電子情報通信学会論文誌 Vol.J72-B-Ⅱ, No.12

648-654頁
1989/12



金属板で構成されたフレネルゾーンプレートのマイクロ波帯アンテナへの応用について議論している。電磁波の集束作用をキルヒッフ・ホイゲンスの理論により評価し、これに基づき、バックファイアヘリカルで給電された反射形アンテナを提案している。さらに、グランド板をゾーン化した軸モードへヘリカルアンテナをも提案し、高利得特性を見出している。 全7頁(648~654頁)中、理論検討、実験指導、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、本間信一、本間輝彰、中野久松
308 (MISC)その他記事
共著
A low-profile helix radiating a circularly polarized wave

IEICE Proc. of International Symposium 電子情報通信学会アンテナ伝搬国際シンポジウム論文

501-504頁
1989/08



ヘリカルアンテナの低姿勢化に成功している。ピッチ角を4度、巻数を2ターンとすることで、良好な円偏波放射器になることを理論的に明らかにしている。12GHzでの実験により、平面アンテナの素子としての可能性を実証している。 全4頁(501~504頁)中、低姿勢ヘリカルアンテナの設計を担当 共著者:中野久松、三牧宏彬、武田陽夫、山内潤治
309 (MISC)その他記事
共著
Transition loss in bent single-mode optical fibers

Microwave and Optical Technology Letters Vol.2, No.8

277-278頁
1989/08



屈曲した単一モード光ファイバの結合効率を、摂動法で得られる位相定数と界分布を用いて評価している。その結果、結合効率が、ファイバ軸のオフセットにより改善できることを明らかにしている。また、界の電力分布の重心位置が最適のオフセット量をあたえることを見出している。 全2頁(277~278頁)中、理論計算、論文執筆を担当 共著者:山内潤治、中野久松
310 (MISC)その他記事
共著
Backfire radiation from a monofilar helix with a small ground plane

IEEE Trans. on Antennas and Propagation Vol.36, No.10 米国電気電子学会論文誌

1359-1364頁
1988/10



有限接地板付ヘリカルアンテナの放射モードを理論的に検討している。接地板の大きさにより、前方放射モードから後方放射モードへ変ることを明らかにしている。後方放射モードの応用例として、パラボラ形反射鏡の一次放射器に利用した場合について言及している。 全6頁(1359~1364頁)中、後方放射モードの理論的検討を担当 共著者:中野久松、山内潤治、三牧宏彬
311 (MISC)その他記事
単著
円偏波用三層誘電体スラブ伝送路

電子情報通信学会論文誌 Vol.J71-B, No.10

1173-1175頁
1988/10



標記の伝送路を円偏波が導波する条件を理論的に導出している。解析は、TM波、TE波の両波が偶モード、奇モードのいずれでも取り扱えるように一般的に行なっている。中空三層スラブに関しては、設計用チャートを提示している。更に、円偏波の抽出法についても検討を加え、三層スラブ構造から円偏波を取り出し得ることをマイクロ波帯の実験で確証している。 全3頁(1173~1175頁)
312 (MISC)その他記事
単著
屈曲した単一モード光ファイバの界分布と損失

電子情報通信学会論文誌 Vol.J71-B, No.10

1171-1172頁
1988/10



LP01モードのみを伝搬する単一モード光ファイバの屈曲に伴う界分布変形と損失を摂動法により算出している。コアとクラッドの比屈折率の変化に伴う3dB界分布幅の変動は、屈曲により小さくなることを見いだしている。更に、屈曲がゆるやかなほど、比屈折率の差が損失に大きく影響していることを明らかにしている。 全2頁(1171~1172頁)
313 (MISC)その他記事
単著
Dielectric slab structure guiding a circularly polarized wave

Asia-Pacific Microwave Conference

87-88頁
1988/10



三層の誘電体スラブ伝送路を用いて、円偏波の導波、放射を行うための条件を理論的に明らかにしている。導波に関しては、構造の決定法を確立している。放射に関しては、実験も行ない、伝送路の具体的な励振法、及び、放射のパターンを提示している。 全2頁(87~88頁)
314 (MISC)その他記事
共著
広帯域に動作する円偏波導波器

電子情報通信学会論文誌 Vol.J71-B, No.2

301-304頁
1988/02



ヘリカル素子、シガー、ヘリコイドの三種類の円偏波導波器を取り上げ、導波特性の周波数依存性を比較検討している。シガーが最も導波作用が強く、ヘリコイドが最も動作帯域の広いことを見いだしている。 全4頁(301~304頁)中、理論検討、実験、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、今田 剛、中野久松
315 (MISC)その他記事
共著
Helicoidal director for circularly polarised waves

IEE Electronics Letters Vol.23, No.16 英国電気学会

851-853頁
1987/07



円偏波を導波する素子として、ヘリコイド形状を提案。導波現象が従来のヘリカル素子よりも広い周波数帯域にわたって持続する、と結論。 全3頁(851~853頁)中、理論検討、実験、論文執筆を担当(研究指導責任者) 共著者:山内潤治、今田 剛、中野久松
316 (MISC)その他記事
共著
Axial mode helical antennas

IEEE Trans. on Antennas and Propagation Vol.34, No.9 米国電気電子学会論文誌

1143-1148頁
1986/09



無給電のヘリカル伝送路が、ヘリカル放射器の指向性の先鋭化に利用できることを明らかにしている。無給電素子の装着位置の最適化の検討を行ない、表面波伝送が確立している位置に無給電素子を装着すべきである、と結論している。 全6頁(1143~1148頁)中、ヘリカル伝送路の理論解析を担当 共著者:中野久松、佐間田祐二、山内潤治
317 (MISC)その他記事
共著
Characteristics of crossed-wire scatterer without a junction point of circular polarization

IEEE Trans. on Antennas and Propagation Vol.33, No.4 米国電気電子学会論文誌

409-415頁
1985/04



短い線状伝送路を組み合わせることにより、レーダにおける物標識別で必要となる新しい形式の散乱体を考察している。後方散乱断面積について理論値を求め実験値と比較。使用周波数は9.375GHz。従来のダイヒードラルコーナー散乱体と比べると、3×3素子配列の場合、約1.8倍の後方散乱断面積をもつことを指摘している。 全7頁(409~415頁)中、線状伝送路上の電流分布の数値解析を担当 共著者:中野久松、吉沢昭浩、山内潤治
318 (MISC)その他記事
共著
Hallen-type integral equations for a system composed of wires and slots

Trans. IECE Vol.E67, No.9 電子通信学会欧文論文誌

516-522頁
1984/09



複数の「直線状」スロット間隙の後方に、複数の「直線状」線状伝送素子が置かれた系をとりあげ、その電磁界結合に言及。スロット間隙、伝送素子と伝送素子が連結された場合も取り扱えるように、電界、磁界についてのスカラポテンシャルをそれぞれ導出。計算の一例を提示。 全7頁(516~522頁)中、伝送線路に流れる電流の解析を担当 共著者:中野久松、山根敏伸、山内潤治
319 (MISC)その他記事
共著
Short helical antenna array fed from a waveguide

IEEE Trans. on Antennas and Propagation Vol.32, No.8 米国電気電子学会論文誌

836-840頁
1984/08



短軸長ヘリカルアンテナを用い、レーダアンテナ配列を構成。電磁界の相互影響を除去するために、配列素子に空洞を装着。給電は矩形導波管を用いて行われ、配列素子と導波管との整合のためにスタブを導入している。伝送理論に基づき設計理論を確立。配列素子の機械的回転により、移相器を用いることなく所望の特性を実現。 全5頁(836~840頁)中、導波管の伝送理論の検討を担当 共著者:中野久松、浅加信吉、山内潤治
320 (MISC)その他記事
共著
Directive properities of parasitic helix and its application to circularly polarised antenna

IEE Proc. Part H Vol.130, No.6 英国電気学会論文誌

391-396頁
1983/10



円偏波放射器の軸比、入力インピーダンス特性を維持したままで、放射電力を増強させる方法について検討。「ら線素子」が円偏波の平面波で照射されたとき、170%の帯域にわたり導波作用が維持されることを実証。「ら線素子」をスパイラルアンテナの導波器として用いた場合、系としての放射電力利得の向上が図れる、と結論。 全6頁(391~396頁)中、「ら線素子」の導波特性の数値解析を担当 共著者:中野久松、山根敏伸、山内潤治
321 (MISC)その他記事
共著
Polarization diversity of 4-arm Archimedean spiral antenna

IEEE Proc. of International Symposium米国電気電子学会アンテナ伝搬国際シンポジウム論文(ヒューストン、米国)

130-133頁
1983/05



スパイラルアンテナのアームを4本に多線化した場合を考察。このアンテナから放射される電磁波の偏波は給電法により種々選択され得る。これに関連して、給電法と高周波電流との関係を明示。 全4頁(130~133頁)中、理論検討、論文執筆を担当 共著者:山内潤治、中野久松、橋本修一
322 (MISC)その他記事
共著
Characteristics of modified spiral and helical antennas

IEE Proc. Part H, Vol.129, No.5 英国電気学会論文誌

232-237頁
1982/10



円偏波を放射する標記の2つのアンテナをとりあげ、これらの放射界軸比改善を目的として、アンテナアーム変形の効果を記述。「スパイラルアンテナ」では、最外部のアームを小さなジグザグに変形する際の最適ジグザグ角を明示。「ヘリカルアンテナ」では、アンテナアーム末端をテーパ化する際の最適テーパ角を明示。 全6頁(232~237頁)中、ヘリカルアンテナに関する理論、実験を担当 共著者:中野久松、山内潤治
323 (MISC)その他記事
共著
Improvement of front-to-back ratio of backfire helical antenna

IEEE Proc. of International Symposium 米国電気電子学会アンテナ伝搬国際シンポジウム論文(アルパカーキ・米国)

370-373頁
1982/05



Pattonの「後方放射ヘリカルアンテナ」では、給電端テーパ化が動作周波数「高域」での放射界前後比を改善する、ということを既に述べてきている。他方、本稿では、動作周波数「低域」での放射界前後比がアンテナアーム末端に装着された抵抗によって改善される、ということを報告している。 全4頁(370~373頁)中、理論検討、論文執筆を担当 共著者:山内潤治、中野久松、飯尾慎一
324 (MISC)その他記事
単著
平衡給電ヘリカルアンテナの軸姿態と形状変化に伴う特性改善に関する研究

法政大学 学位論文


1982/03



円偏波を放射する線状アンテナの理論的な取り扱い方を論述し、標記アンテナの電流分布、諸特性を統一的に明らかにしている。解析から、最初の2ターンが残りのターンに対する励振器として動作し、残りのターンは導波器として動作していることを証明している。更に、開放端部のテーパ化が反射電流の抑圧に有効に作用し、結果として円偏波率が大幅に改善されることを定量的に明示している。 全73頁
325 (MISC)その他記事
共著
Backfire bifilar helical antenna with tapered feed end

IEEE Proc. of International Symposium 米国電気電子学会アンテナ伝搬国際シンポジウム論文(ロスアンジェルス、米国)

683-686頁
1981/06



Patton氏によって提唱された従来の「後方放射形ヘリカルアンテナ」の欠点は、アンテナ前方、後方への放射界の強さの比、つまり前後比(F/B比)が大きくとれない点にある。本論文では、このアンテナの給電端にテーパを施すことにより動作周波数高域での前後比を大きくすることができる、と結論している。 全4頁(683~686頁)中、理論検討、論文執筆を担当 共著者:山内潤治、中野久松、三牧宏彬
326 (MISC)その他記事
共著
Axial ratio of balanced helical antenna and ellipticity measurement of incident wave

IEE Electronics Letters Vol.17, No.11 英国電気学会

365-366頁
1981/04



巻数増加に伴い、放射電界の軸比が周期的に変動する現象を発見し、その機構を解明している。更に、標記アンテナが未知到来電磁波の楕円度測定に利用できることを実証している。 全2頁(365~366頁)中、軸比の計算と測定、論文執筆を担当 共著者:山内潤治、中野久松
327 (MISC)その他記事
共著
開放端部をテーパ化した平衡給電ヘリカルアンテナ

電子通信学会論文誌 Vol.J64-B, No.4

279-286頁
1981/04



均一に巻かれたヘリカルアンテナの放射特性を改善するために、標記アンテナの放射電磁界特性を考察。テーパアームの放射特性に及ぼす効果を、数値解析上から詳細に考察し末端からの反射電流の抑圧効果を初めて定量的に解明。これに基づき、広帯域にわたり、放射電界の軸比改善、入力インピーダンスの安定化に成功している。 全8頁(279~286頁)中、電流の解析、放射電界の測定、論文執筆を担当 共著者:山内潤治、中野久松、三牧宏彬
328 (MISC)その他記事
共著
平衡給電両施作動ヘリカルアンテナ

電子通信学会論文誌 Vol.J63-B, No.8

743-750頁
1980/08



標記アンテナの理論的取扱を詳しく記述。理論上から求めた電流分布を使い放射の諸特性を算出し、その結果を実験値と共に提示。ピッチ角10.5°~13.5°、巻数22ターンに及ぶ標記アンテナの統一的な設計資料を提供。更に、2ターンヘリカルは少数巻にもかかわらず広帯域にわたり円偏波放射器として動作することを明示。 全8頁(743~750頁)中、電流分布の理論的算出、放射界の測定を担当 共著者:中野久松、山内潤治、三牧宏彬、菅野雅之
329 (MISC)その他記事
共著
Tapered balanced helices radiating in the axial mode

IEEE Proc. of International Symposium 米国電気電子学会アンテナ伝搬国際シンポジウム論文(ケベック、カナダ)

700-703頁
1980/06



放射特性を改善する観点から、ヘリカルアンテナアームにテーパ化を施す場合、給電端付近にテーパをかけるべきか、あるいはアンテナアーム末端の開放端付近にテーパをかけるべきか、どちらが有効であるのかを放射利得、放射界軸比から検討している。 全4頁(700~703頁)中、放射界の理論計算を担当 共著者:中野久松、山内潤治、三牧宏彬
330 (MISC)その他記事
共著
平衡給電軸モードヘリカルアンテナ

電子通信学会論文誌 Vol.J62-B, No.7

707-709頁
1979/07



周波数有効利用(右旋左旋直交偏波利用)の観点から2つの平衡給電軸モードヘリカルアンテナ(単旋形、両旋形)の諸特性を解析。放射界の円偏波率の点で、両旋形の方が優れていることを明示。積分方程式がこの種のアンテナ解析に有効であることを確認。 全3頁(707~709頁)中、円偏波率の理論的評価と測定を担当 共著者:中野久松、山内潤治