English
法政大学 
経済学部 
経済学科 

教授 
原 伸子 
ハラ ノブコ 
HARA Nobuko 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2018/10/23 

経歴
九州大学経済学部助手  1980/04/01-1981/03/31 
法政大学経済学部特別研究助手(経済原論担当)  1981/04/01-1982/03/31 
法政大学経済学部助教授  1982/04/01-1989/03/31 
ソ連科学アカデミー東洋学研究所交換研究員  1983/09/01-1983/09/30 
法政大学経済学部教授 (現在に至る)  1989/04/01-現在 
ベルリン自由大学政治経済学部客員研究員  1990/04/01-1992/03/31 
ケンブリッジ大学経済学部客員研究員  1997/04/01-1998/03/31 
ケンブリッジ大学経済学部客員研究員  2004/08/01-2005/08/31 
ケンブリッジ大学クレアホール、客員フェロー (ライフメンバー、現在に至る)  2004/08/01-2005/08/31 
聖心女子大学教育学部非常勤講師  2007/04/01-2015/03/31 
法政大学多摩学生センター・センター長  2008/04/01-2010/03/31 
一橋大学経済研究所・非常勤研究員  2012/04/01-2013/03/31 
法政大学大原社会問題研究所・所長  2012/04/01-2016/03/31 

学歴
九州大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学  経済学研究科  博士後期  1980/03  単位取得満期退学 
佐賀大学経済学部経済学科卒業  1974/03 

学位
経済学修士  九州大学  1977/03 

研究分野
社会経済学、経済学説・経済思想、ジェンダー経済学 

受託・共同・寄附研究実績
ケアの政治経済学とジェンダー  2006-2008  その他 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
両大戦間期イギリスにおける家族手当抗争と福祉国家の起源  科学研究費  基盤C  2014/04/01-2017/03/31 
ケアの政治経済学とジェンダー  その他  出版助成金  財団法人 関科学技術振興記念財団  2006/04/01-現在  ケアの経済学の体系的展開を目指すことと、そこにジェンダー視点が不可欠であること政治経済学として明らかにする。 
グローバリゼーションとジェンダーー社会経済構造の変化とジェンダー政策  科学研究費  基盤研究(C)一般  2002/04/01-2004/03/31 
詳細表示...

著書
ジェンダーの政治経済学ー福祉国家・市場・家族  原 伸子  1~292  有斐閣  2016/02/24  978-4-641-17401-6  ベッカー「新家庭経済学」における女性労働の分析の批判的検討と、その後のフェミニスト経済学の発展とその意義を明らかにする。さらに、社会的ケアの理論的分析と福祉国家におけるワーク・ライフ・バランスや家族政策等ジェンダー政策の精査をおこなう。ジェンダー、ケアの経済学に関する体系的な著書である。 
現代社会と子どもの貧困ー福祉・労働の視点から  岩田美香,宮島喬  9-28,141-168,169-171  大月書店  2015/03/20  978-4-272-36085-7  1990年代以降、子どもの貧困や児童労働が広く議論されるようになった。本書では、経済学、社会学、福祉学、歴史学の学際的視点により、現代社会における子どもの貧困を理論・歴史・政策および各国比較の観点から取り扱っている。 
福祉国家と家族  1\6, 57-85  法政大学出版局  2012/05/31 
現代経済と経済学〔新版〕  増田寿男、鈴木春二、三浦道行、柿崎繁、相沢幸悦、沢田幸治、小沢光利、涌井秀行、原伸子  75-109頁、340-341頁  有斐閣  2007/10 
(翻訳)ハイエクのポリティカル・エコノミー  スティーブ・フリーとウッド、佐々木健介、西部忠、原伸子  95-182  法政大学出版局  2006/02 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  単著  イギリスにおける福祉改革と家族ー「困難を抱えた家族プログラム(Troubled Families Programme)」とジェンダー  原 伸子  大原社会問題研究所雑誌  法政大学大原社会問題研究所  716, 21-41  2018/06/01 
研究論文(学術雑誌)  単著  福祉国家の変容とケアの市場化  原 伸子  社会政策  ミネルヴァ書房  9/ 3, 44-61  2018/03/30 
(MISC)総説・解説(その他)  単著  経済をジェンダーの視点から考えるーフェミニスト経済学とケアの視点  原 伸子  We Learn(ウィラーン)  公益財団法人 日本女性学習財団  759, 4-7  2017/01/01 
研究論文(学術雑誌)  単著  社会的投資アプローチとジェンダー平等  原 伸子  大原社会問題研究所雑誌  法政大学大原社会問題研究所  695.696, 2-18  2016/10/01  0912-9421  URL 
研究論文(学術雑誌)  単著  Unpaid Labour and the Critique of Political Economy in Home Economics and New Household Economics: From the Feminist Economics Perspective  原 伸子  経済学史研究  経済学史学会  第58/ 1, 1-20  2016/07/25  This paper investigates the relationship between home economics and new household economics. In particular, I consider what is “new” in new household economics from the feminist economics perspective. Home economics was established in the 1920s and 1930s by Hazel Kirk, Elizabeth Hoyt, and Margaret Reid, while new household economics was established in the 1960s by Jacob Mincer, Robert Schulz, and Gary Becker. Before the 1960s, mainstream economics concentrated on production for the market. Later, the mainstream economics of the family culminated in Becker’s new household economics. The family, within which unpaid work is carried out mostly by women, again became an important topic in feminist economics in the 1990s. In this paper, I focus on the theoretical meaning of unpaid labor in these two Chicago schools, home economics and new household economics. I insist that new household economics is not “new” in terms of its approach and method. Rather, its novelty is in the domain of the application of standard microeconomics to the household. I firstly explore the feminist economics perspective. Secondly, I discuss the theoretical meaning of the analysis of unpaid labor in home economics. Thirdly, I examine new household economics from the methodological point of view and policy implications. I then conclude by discussing the relationship between these two Chicago schools. 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  Child Povrty and Single Motheres: A Critical Assessment of ChildCare and Gender Equality in Japan  27th IAFFE Annual Conference, State University of New York, New York, USA  2018/06/20 
口頭発表(基調)  福祉国家の変容とケアの市場化ーイギリスにおける保育政策の展開とジェンダー平等  社会政策学会  2017/06/03  1980年代以降の福祉国家の変容は「福祉の契約主義」化である80年代以降、政府は従来の国家と市民との関係を、教育、健康や社会的ケアをめぐる供給者としての国家と受給者としての個人(個人としての市民)との関係に改めて、自律した個人の「契約」や「選択」概念を用いるようになった。福祉の市場化を特徴づける「準市場」化もこの流れに位置づけられる。本報告では、イギリスにおける保育(ECEC:Early Childhood Education and Care)の市場化をジェンダー平等の視点から検討する。 
口頭発表(一般)  Flexible Work, Child CarePolicy and Gender Equality: A Critical Assessment of 'Making Women Active and Promotion Plan' in Japan  25th Annual Conference, Internationl Association For Feminist Economics, Galway, Ireland.  2016/06/25  The paper examines the relationship between child care policy and gender equality in the context of deregulation of labour markets in Japan, and makes clear the meaning of care in the gender equality. It insists that social care policy such as child care as well as elderly care, mainly carried by women, has to be socially recognized and organized. Furthermore, it argues that gender mainstreaming policy, such as promoting women’s employment, should be placed in the perspective of Feminist Economics that recognizes a theoretical meaning of care. 
口頭発表(一般)  Flexible Work, Deficiency of Care and Child Poverty: A Critical Assessment of Gender Equality in Japan  24th Annual Conference, International Association For Feminist Economics, Berlin  2015/07/16  This paper examine the relationship between deficiency of care and child poverty in the context of flexible work in Japan, and make clear how gender inequality appears as child poverty in a single mother family. The child poverty rate reached 16.3% in all the Japanese households in 2013, and in particular, 54.6% in single-parennts, which are maily single mothers. The labour market deregulation sinche 1990's has caused massive increase of non-regular employment, long working hours for regularly empolyed and gradual increase of multi-jobu holders in single mother families. In the male breadwinner model still prevalent in Japan, a single mother has two roles to fill: a breadwinner, on the one hand, and a care-taker of family members, on the other. Though Japanese gender equality policy has exclusively focused on increasing women's employment, as examplified by the recent 'Making Women Active and Promotion Plan' ij the 'Growth strategy'. This Paper insists that social care such as child care and elderly care, maily carried by women, has to be socially recognized and organized. Furthermore, it argues that gender mainstreaming policy, such as promoting women's empoloyment, should be placed in the Fmimist Economics that recognizes a theoretical meaning of care. 
口頭発表(一般)  労働のフレキシビリティとケア:働く女性の「タイムバインド」と子どもの貧困  経済理論学会第62回全国大会  2014/10/25  1980年代以降の新自由主義のもとで進展する労働の規制緩和は、働く女性、とくにシングルマザーのワーク・ライフ・バランスを困難にするとともに、ケアの不足とこどもの貧困を生み出している。それは所得の問題のみならず時間の不足状態をうみだしている。 
詳細表示...

所属学協会
日本フェミニスト経済学会 
社会政策学会会員 
経済学史学会会員 
経済理論学会会員 
国際フェミニスト経済学会  2004/04/01-現在 
詳細表示...