English
法政大学 
理工学部 
機械工学科 

教授 
崎野 清憲 
サキノ キヨタカ 
SAKINO Kiyotaka 


1953年生まれ  
 

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2020/05/30 

経歴
法政大学工学部 実験助手  1978/04/01-現在 
法政大学 助手  1984/04/01-現在 
法政大学 専任講師  1993/04/01-現在 
法政大学 助教授  1998/04/01-現在 
法政大学 教授  2007/04/01-現在 

学歴
法政大学  工学部  機械  1978  卒業 
法政大学  工学研究科  機械工学  博士前期  1982  修了 

学位
工学修士  法政大学 
工学博士  法政大学 

教育・研究活動状況
主に金属材料の高ひずみ速度域における変形応力のひずみ速度依存性を調べている。
改良型Hopkinson棒装置を用いて、ひずみ速度10,000/sec以上の領域における変形応力のひずみ速度依存性を測定している。その変形機構については転位論を用いた微視的見地から考察している。 

研究分野
材料強度学 

研究キーワード
材料の動的変形挙動(高速変形) 

研究テーマ
金属材料の高速変形に関する研究  衝撃,ひずみ速度,ひずみ速度感受性 
耐衝撃性樹脂の動的力学物性に関する研究  衝撃,応力白化,クレーズ 
高分子系複合材料の衝撃損傷に関する研究  CFRP、衝撃、層間剥離 

論文
研究論文(学術雑誌)  単著  1070アルミニウムの高ひずみ速度域における変形応力のひずみ速度依存性  崎野清憲  材料  日本材料学会  67/ 11, 964-969  2018/11/01  1070アルミニウムの高ひずみ速度域における変形応力のひずみ速度依存性を調べるためにひずみ速度4.4×10^3/sec から2.2×10^4/secの領域でひずみ速度試験を行った.さらに,ひずみ速度降下試験をひずみ速1.0×10^4/sec と 2.0×10^4/secで行った.変形応力の緩やかな上昇が高ひずみ速度域で見られた.高ひずみ速度域で見られる上述の変形機構を考察するために,簡単な転位の動力学モデルが使用された.モデルから導かれた構成式は転位の運動は低ひずみ速度域では熱活性化過程によって支配され,高ひずみ速度域においてはフォノン粘性抵抗の影響が強く現れることを示している.しかしながら,速度急変実験は本実験で観察される変形応力の上昇は転位の運動に対する粘性抵抗の速度依存性によるものではない事を示した.本実験が行われたひずみ速度域は未だに熱活性化過程支配域であり,変形応力の緩やかな上昇は活性化体積の応力依存性で表すことが出来る. 
研究論文(学術雑誌)  単著  活性化体積を用いたSS400鋼の高ひずみ速度域における変形機構  崎野清憲  材料  64/ 10, 769-774  2015/10  SS400鋼の高ひずみ速度域における変形機構を調べるため,ひずみ速度1.0×104/s以上の領域で速度急変実験を行った.解析に当たっては,速度依存性を示す変形応力は瞬間のひずみ速度に依存していると考え,変形機構を熱活性化過程を用いて評価した.得られた変形応力の降下量から活性化体積を算出し,高ひずみ速度域における変形応力のひずみ速度依存性をひずみ速度ならびにひずみを用いて評価した.その結果,SS400鋼に見られる低速域から高ひずみ速度域にかけての高い変形応力のひずみ速度依存性は転位が高いパイエルスポテンシャルを乗り越える際のキンク対生成のための活性化エネルギーの応力依存性で表すことが出来る. また,各ひずみで行われた速度急変実験の結果から,ひずみ量が大きいほど活性化体積は小さくなり,変形応力のひずみ速度依存性は高くなることが示された. 
研究論文(学術雑誌)  単著  Strain rate dependence of dynamic flow stress of 7075 aluminum alloy at very high strain rates  9th INTERNATIONAL CONFERENCE ON THE MECHENICAL AND PHYSICAL BEHAVIOUR OF MATERIALS UNDER DYNAMIC LOADING  833-839  2009/09/07  In order to evaluate the strain rate deependence of dynamic flow stress of aluminum alloys, 7075-O and -T6 high strain rate tests are conducted at strain rate ranging from about 1000/s to 30000/s. A steep increase in the flow stress is obserbed for both 7075-O and -T6. A simplified modelof dislocation kinetics predicts that a mean dislocation velocity of 7075-T6 is lower than that of 7075-O at agiven strain rate and further, 7075-T6 is higher in the mooving dislocation density than 7075-O. 
研究論文(学術雑誌)  単著  STRAIN RATE DEPENDENCE OF DYNAMIC FLOW STRESS OF 2017 ALUMINUM ALLOY AT VERY HIGH STRAIN RATES  INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS B  22/ 9, 10 & 11, 1209-1214  2008/04/30  0217-9792  For aluminum alloys 2017-O and -T4, high strain rate tests are performed at strain rates ranging from about 1000/s to 30000/s. A steep increase in the flow stress is observed for 2017-O at the strain rate above about 3000/s. In the other hand, for 2017-T4 the above phenomenon is abserved at the strain rate above about 10000/s. A simplified model for dislocation kinetics is used. The steep increase in the flow stress of 2017-O and -T4 observed at high strain rates is attributed to the rate dependence of the viscous drag on the dislocation motion and furthermore, the increase in the mobil dislocation density shifts the transition regeon, or the strain rates in which the steep increase in the flow stress becomes to appear, to the higher strain rate side. 
研究論文(大学,研究機関紀要)  共著  Strain rate dependence of dynamic flow stress considering viscous drag for 6061 aluminum alloy at very high strain rates  Yuta CHIBA  法政大学工学部研究集報  43, 1-5  2007/03  アルミニウム合金6061の高ひずみ速度域における変形応力のひずみ速度依存性を調べ、ひずみ速度およそ10000/sec以上の領域で変形応力が急上昇することを明らかにすると共に、その現象について転位の動力学モデルを用いて考察した。 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  鋼球衝突を受けたCFRP積層板の層間剝離と残留応力  M&M2019 材料力学カンファレンス  2019/11 
口頭発表(一般)  7075 アルミニウムの高ひずみ速度域における変形応力と活性化距離の関係  日本実験力学会 2019年度年次講演会  2019/09 
口頭発表(一般)  アルミニウムの高ひずみ速度域における変形応力と活性化距離について  日本機械学会M&M2018材料力学カンファレンス  2018/12 
口頭発表(一般)  極小ホプキンソン棒を用いた高ひずみ速度域における変形応力の測定  日本材料学会第67期学術講演会  2018/05 
口頭発表(一般)  A1070の広範囲ひずみ速度域における変形応力のひずみ速度依存性  第12回材料の衝撃問題シンポジウム  2017/10 
詳細表示...

受賞
功労賞  2018/03/14 
詳細表示...

担当授業科目
機械材料入門 
材料強度学 
機械工学実験Ⅱ 
機械工学演習Ⅱ 
衝撃破壊工学特論 
詳細表示...

所属学協会
日本機械学会 会員 
日本材料学会 会員 
日本材料学会 衝撃部門委員会 
日本実験力学会  2001-現在 
詳細表示...