English
法政大学 
法学部 
法律学科 

教授 
植木 紀子 
ウエキ ノリコ 
UEKI Noriko 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2019/06/20 

学歴
筑波大学  第二学群  生物学類  学士  1999/03  卒業 
筑波大学  第二学群  生物学類  その他  2000/03  修了 
東京大学大学院  理学系研究科  生物科学専攻  修士  2002/03  修了 
東京大学大学院  理学系研究科  生物科学専攻  博士  2005/03  修了 

学位
博士(理学)  東京大学  2005/03/24 

研究分野
細胞生物学 

研究キーワード
ボルボックス 
クラミドモナス 
走光性 
鞭毛 

著書
Dyneins: Structure, Biology and Disease - The Biology of Dynein Motors 2nd ed.  Noriko Ueki and Ken-ichi Wakabayashi  Chapter 12. Dynein-mediated photobehavioral responses in Chlamydomonas  pp. 368–385  Academic Press, Elsevier  2017  9780128094716 
詳細表示...

論文
(MISC)総説・解説(その他)  クラミドモナス走光性における眼点カロテノイドの役割  若林憲一・植木紀子・井手隆広  植物科学最前線  9, 90-101  2018/10  10.24480/bsj-review.9b6.00138  URL 
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  クラミドモナスとボルボックスの鞭毛運動調節  若林憲一・井手隆広・植木紀子  生物工学会誌  96/ 5, 261-265  2018/05  0919-3758  URL 
研究論文(学術雑誌)  Morphology, taxonomy and mating-type loci in natural populations of Volvox carteri in Taiwan.  Nozaki H, Ueki N, Takusagawa M, Yamashita S, Misumi O, Matsuzaki R, Kawachi M, Chiang YR, Wu JT  Botanical studies  59/ 1, 10  2018/04  1817-406X  10.1186/s40529-018-0227-9 
研究論文(学術雑誌)  Detergent-extracted Volvox model exhibits an anterior–posterior gradient in flagellar Ca2+ sensitivity  Noriko Ueki and Ken-ichi Wakabayashi  Proc. Natl. Acad. Sci. USA  115/ 5, E1061-E1068  2018/01  1091-6490  10.1073/pnas.1715489115  URL 
研究論文(学術雑誌)  Phototaxis Assay for Chlamydomonas reinhardtii  Noriko Ueki and Ken-ichi Wakabayashi  Bio-protocol  7/ 12  2017/06  2331-8325  10.21769/BioProtoc.2356  URL 
詳細表示...

受賞
平成28年度 東京工業大学 手島精一記念研究論文賞  Eyespot-dependent determination of the phototactic sign in Chlamydomonas reinhardtii  2017/02 
平成27年度 日本動物学会 女性研究者奨励OM賞  ボルボックス目の鞭毛運動から探る環境応答行動のしくみと変遷  2015/09 
第1回ボルボックス国際会議(アメリカ)ポスター賞  Phototaxis in the multicellular green alga Volvox  2011/12 
第13回クラミドモナス国際会議(フランス)ポスター賞  InvB, a nucleotide sugar transporter-deficient mutant in Volvox shows abnormal morphogenesis  2008/05 
詳細表示...