English
法政大学 
法学部 
国際政治学科 

教授 
溝口 修平 
ミゾグチ シュウヘイ 
MIZOGUCHI Shuhei 


1978年生まれ  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2020/01/16 

学歴
東京大学  総合文化研究科  国際社会科学専攻  博士  2011/03  単位取得満期退学 

学位
博士(学術)  東京大学  2012/01 

研究分野
政治学 

受託・共同・寄附研究実績
東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センター2006年度夏学期ZSP奨学助成金  溝口修平  2006-2007  受託研究  出資金による受託研究 
東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センター2003年度冬学期奨学助成金  溝口修平  2003-2004  受託研究  出資金による受託研究 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
ウクライナ危機とロシアの権威主義体制の変容  科学研究費  若手研究(B)  2017/04/01-2020/03/31 
混合体制の持続と変容:ロシアとウクライナの事例から  その他  村田学術振興財団  村田学術振興財団平成26年研究助成  2014-2015 
非民主体制のサイクル:ウクライナの事例から  その他  野村財団  野村財団2014年度研究助成  2014-2015 
詳細表示...

著書
大統領制化の比較政治学  ミネルヴァ書房  2019/05/16  978-4-6230-8214-8 
ポピュリズムのグローバル化を問う: 揺らぐ民主主義のゆくえ  法律文化社  2017/03/22  978-4589038395 
連邦制の逆説?: 効果的な統治制度か  ナカニシヤ出版  2016/10/20  4779511054 
ロシア連邦憲法体制の成立  溝口修平  北海道大学出版会  2016/03/17  4832968017 
ポスト社会主義期の政治と経済ー旧ソ連・中東欧の比較 (北海道大学スラブ研究センター<スラブ・ユーラシア叢書>)  仙石 学, 林 忠行, 平田 武, 大串 敦, 中田 瑞穂, 久保 慶一, 溝口 修平, 小森 宏美, 上垣 彰, 田畑 伸一郎  北海道大学出版会  2011/04/25  4832967401 
詳細表示...

論文
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  プーチン体制の個人主義化と保守化する中間層―2018年大統領選挙と統一地方選挙の結果から  平成30年度外務省外交・安全保障調査研究事業『ポスト・プーチンのロシアの展望』  日本国際問題研究所  13-21  2019/03/31  URL 
(MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  単著  ユーラシア諸国のうごき 2018年ロシア大統領選挙におけるプーチン圧勝の背景  溝口 修平  ユーラシア研究 = Eurasian studies  ユーラシア研究所 ; 1993-  59, 59-61  2019/01  URL 
研究論文(学術雑誌)  ロシアにおける1993年憲法体制の成立と変容 : 憲法改正なき変容から憲法改正を伴う変容へ (特集 憲法改革の制度選択論)  溝口 修平  レヴァイアサン  木鐸社  60, 79-99  2017  URL 
研究論文(学術雑誌)  単著  ウクライナ危機をめぐる二重の相互不信 (総特集 ロシアとヨーロッパの狭間(はざま) : ウクライナ問題と地域史から考える) -- (ウクライナをみる視角)  溝口 修平  地域研究  京都大学地域研究統合情報センター ; 2004-  16/ 1, 77-90  2015/11  1349-5038 
(MISC)研究論文  単著  日ソ国交正常化交渉に対する米国の政策の変化と連続性  溝口修平  国際政治  JAPAN ASSOCIATION OF INTERNATIONAL RELATIONS  2014/ 176, 111-125  2014/03  0454-2215  After Ichiro Hatoyama became Japan's Prime Minister in December 1954, Japan and the Soviet Union began a series of negotiations to reach a peace treaty. The most difficult issue to be resolved was the territorial problem. As the two countries could not reach a final agreement on this issue, they left it unresolved and instead of signing a peace treaty, signed a Joint Declaration in October 1956.<br>This article reevaluates the shift of the United States policy toward these negotiations. Previous studies have made it clear that the role of the United States was significant in the negotiations and that although it had kept to a "non-involvement" policy at first, eventually it intervened in Japan's decision-making process in the final stage. With regard to the interpretation of this policy shift, however, there is a divergence of views: some argue that the United States came to give full support to Japan, but others conclude that while it did give strong support to Japan, it avoided adopting any clear stance on Japan's claim that "the Kurile Islands," which Japan renounced in the San Francisco Peace Treaty, does not include the two disputed islands, Etorofu and Kunashiri. How can we c 
詳細表示...

担当授業科目
ロシアの政治と外交I 
旧ソ連諸国の政治と社会I 
ロシアの政治と外交II 
旧ソ連諸国の政治と社会II 
詳細表示...

所属学協会
日本政治学会 
日本国際政治学会 
詳細表示...

委員歴
日本国際政治学会  ロシア・東欧分科会責任者  2017/10-2019/10 
日本政治学会  書評委員(ロシア(東欧)比較政治・地域研究  2017/05-2018/07 
日本比較政治学会  編集委員  2015/06-2016/06 
日本比較政治学会  企画委員  2014/06-2015/06 
国際関係論研究会  運営委員・編集委員  2014/04/01-2016/03/31 
詳細表示...