English
法政大学 
文学部 
哲学科 

専任講師 
君嶋 泰明 
キミジマ ヤスアキ 
KIMIJIMA Yasuaki 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2019/12/07 

プロフィール
マルティン・ハイデガーとその関連思想の研究をしています。 

経歴
法政大学  文学部  専任講師  2019/04/01-現在 
龍谷大学  文学部  非常勤講師  2018/04/01-2019/03/31 
京都産業大学  全学共通教育センター  非常勤講師  2014/04/01-2019/03/31 
京都大学  文学部  非常勤講師  2013/04/01-2014/03/31 

学歴
京都大学  文学研究科  思想文化学専攻哲学専修  博士後期  2013/03  単位取得満期退学 
京都大学  文学研究科  思想文化学専攻哲学専修  修士  2010/03  修了 
京都大学  文学部  人文学科哲学基礎文化学系(学士入学)  2008/03  卒業 
横浜国立大学  工学部  建設学科建築学コース  2005/03  卒業 

学位
博士(文学)  京都大学  2017/03/23 

研究分野
哲学・倫理学 

研究キーワード
現象学 
ハイデガー 
西洋哲学史 

競争的資金等の研究課題
心の諸問題の探求  科学研究費  日本学術振興会  特別研究員奨励費  2010/04/01-2013/03/31 
詳細表示...

論文
研究論文(国際会議プロシーディングス)  単著  Heidegger's Concept of Authenticity  君嶋泰明  Proceedings of Kyoto-NTU Philosophy Colloquium of Graduate Students: Self, Subjectivity and Consciousness  2019/03 
研究論文(学術雑誌)  単著  信仰と哲学――ハイデガーのアウグスティヌス解釈について  君嶋泰明  『アルケー』  関西哲学会  26, 57-68  2018/06 
研究論文(学術雑誌)  単著  ハイデガーのデカルト解釈について  君嶋泰明  『哲学論叢』  哲学論叢刊行会  41, 47-58  2014/11 
研究論文(学術雑誌)  単著  不断の逸れに抗して真正な道を歩むこと――ハイデガー初期フライブルク期に見る「形式的告示」が持つ含意  君嶋泰明  『アルケー』  関西哲学会  20, 92-103  2012/06 
研究論文(学術雑誌)  単著  初期フライブルク期のハイデガー哲学と意味の段階性  君嶋泰明  『哲学論叢』  哲学論叢刊行会  38, 121-132  2011/11 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  Being Ready for Withdrawal: Heideggerian Authenticity and Its Structural Similarity to Christian Faith  The 1st International Conference of Heidegger Circle in Asia  2019/11/23  URL 
口頭発表(一般)  Heidegger's Concept of Authenticity  2nd Kyoto-NTU Philosophy Colloquium of Graduate Students  2019/03/23 
口頭発表(一般)  ハイデガーの本来性概念  関西哲学会第71回大会  2018/10/20 
口頭発表(一般)  『存在と時間』の着想の謎について  日本現象学会第39回大会  2017/11 
口頭発表(一般)  信仰と瞬間――ハイデガーのアウグスティヌス解釈について  関西哲学会第70回大会  2017/10 
詳細表示...

受賞
関西哲学会研究奨励賞  信仰と哲学――ハイデガーのアウグスティヌス解釈について  2018/10/21 
詳細表示...

担当授業科目
哲学概論1 
哲学I 
哲学特講(7)-1 
哲学概論2 
哲学II 
詳細表示...

所属学協会
日本現象学会 
日本哲学会 
関西哲学会 
詳細表示...