論文
公開件数:60件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要
1 研究論文(学術雑誌)
共著
Yellow-light emitting Tb3Al5O12:Ce3+ phosphor properties sensitized by Bi3+ ions
Yuya Onishi, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
Journal of Luminescence


2017




2 研究論文(学術雑誌)
共著
Synthesis and properties of Ca3Ga2Ge3O12:Tb3+ garnet phosphor
Sawada Kenji, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
Ceramics International

43, 14225-14232
2017




3 研究論文(学術雑誌)
共著
An Orange-Light Emitting Garnet Phosphor: Tb3Ga5O12:Eu3+
Sawada Kenji, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
ECS Journal of Solid State Science and Technology

6/ 8, R97-R104
2017

10.1149/2.0091708jss

固相成長法により、Eu3+をドープしたTa3Ga5O12蛍光体の作製に成功した。この蛍光体は、母体材料のTbイオンからのエネルギー移動により内部量子効率61%の高効率で発光する。また、このエネルギー移動は500nm以下の励起波長でより効率的に生じることを見いだした。
4 研究論文(学術雑誌)
単著
多孔質Siへの液中レーザー照射によるナノ結晶Si粒子の生成
中村 俊博
レーザー加工学会誌

24/ 1, 12-17
2017
1881-6797


液中レーザアブレーション法を実用的なナノ粒子生成プロセスとするため,高い物理的反応性を持つ多孔質Siを液中レーザ照射のターゲット材料として着目し, 多孔質Siへの液中レーザ照射による発光量子効率の高い炭素終端ナノ結晶Si粒子の高効率生成),及び,発光波長(ナノ結晶サイズ)制御)を行った.
5 研究論文(学術雑誌)
共著
Improvement of Laser Processing for Colloidal Silicon Nanocrystal Formation in a Reactive Solvent
Yuan Ze, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao, Matsuishi Kiyoto
The Journal of Physical Chemistry C

121, 8623-8629
2017

10.1021/acs.jpcc.7b00288

活性溶媒中でのレーザー照射法によるシリコンナノ結晶の作製を行った。その結果、通常の溶媒中での作製に比べて、非常に高い発光効率を持つナノ結晶の作製に成功した。さらにこれらの粒子は、高い収率で生成され、狭いサイズ分布を持つことを明らかにした。
6 研究論文(学術雑誌)
共著
Double threshold behavior in a resonance-controlled ZnO random laser
Niyuki Ryo, Fujiwara Hideki, Nakamura Toshihiro, Ishikawa Yoshie, Koshizaki Naoto, Tsuji Takeshi, Sasaki Keiji
APL Photonics

2/ 3
2017

10.1063/1.4974334
URL
共鳴制御酸化亜鉛ランダムレーザーにおいて、2段階のしきい値挙動を観測した。発振しきい値キャリア密度の解析から、それぞのれしきい値段階において異なる再結合メカニズムを起源するレーザー発振が生じていることを見いだした。
7 研究論文(学術雑誌)
共著
Luminescence color control and quantum-efficiency enhancement of colloidal Si nanocrystals by pulsed laser irradiation in liquid
Yuan Ze, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao, Matsuishi Kiyoto
Nanoscale

9/ 3, 1193-1200
2017

10.1039/c6nr08757d
URL
液中レーザー照射法によるシリコンナノ結晶の発光制御及び、発光量子効率の増強効果を確認した。これらの効果は、ポストレーザーによるナノ結晶の表面終端の変化に起因していることを明らかにした。
8 研究論文(学術雑誌)
共著
Photoluminescence properties of Tb(3)A1(5)O(12):Ce3+ garnet synthesized by the metal organic decomposition method
Onishi Yuya, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
Optical Materials

64, 557-563
2017

10.1016/j.optmat.2017.01.024
URL
金属-有機物分解法によって、CeイオンドープしたTb3Al5O12ガーネット蛍光体を作製した。そしてこの蛍光体において、TbイオンからCeイオンへの効率的なエネルギー移動が生じていることを確認した。
9 研究論文(学術雑誌)
共著
Unique properties of ZnTiF6 center dot 6H(2)O:Mn4+ red-emitting hexahydrate phosphor
Hoshino Ryosuke, Sakurai Shono, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
Journal of Luminescence

184, 160-168
2017

10.1016/j.jlumin.2016.12.028
URL
ZnTiF6・6H2O:Mn4+水和物蛍光体を液相合成法により作製した。その結果、この蛍光体は、真空排気排気により、構造変化や、発光スペクトルの形状変化など得意な特性を示すことを明らかにした。
10 研究論文(学術雑誌)
共著
Luminescence properties of Tb3Al5O12 garnet and related compounds synthesized by the metal organic decomposition method
Onishi Yuya, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
Journal of Luminescence

183, 193-200
2017

10.1016/j.jlumin.2016.11.035
URL
Tb-Al-O三元系化合物蛍光体を金属-有機物分解法によって作製した。X線回折法による構造解析の結果、化学量論的組成比において、ガーネットTb3Al5O12結晶又は、ペロフスカイト型TbAlO3結晶の作製に成功した。
11 研究論文(学術雑誌)
共著
Rb 2 SiF 6 :Mn 4+ and Rb 2 TiF 6 :Mn 4+ Red-Emitting Phosphors
Sakurai S., Nakamura T., Adachi S.
ECS Journal of Solid State Science and Technology

5/ 12, R206
2016

10.1149/2.0171612jss

共沈法によるRb系六フッ化物蛍光体であるRb2SiF6:Mn4+及び、Rb2TiF6:Mn4+の作製に成功した。試料は、それぞれ立方晶及び、三方晶系の明らかな晶癖を持つバルク単結晶試料であった。この蛍光体は、Mn4+特有のシャープな発光線の赤色発光を示し、発光量子効率90%であった。さらに、両者の温度依存性を評価した結果、500Kで発光強度が最大となる良好な温度特性を示すことがわかった。
12 研究論文(学術雑誌)
共著
Resonant energy transfer in (Eu3+, Bi3+)-codoped CaZrO3 red-emitting phosphor
Orihashi Takuya, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
RSC Advances

6/ 70, 66130-66139
2016

10.1039/c6ra13429g
URL
固相反応法によりEu3+とBi3+を同時ドープしたCaZrO3ペロブスカイト蛍光体を作製し、Bi3+による光増感作用によって、Eu3+発光の発光強度が、Bi3+をドープしていない試料に較べて約10倍と著しく増強することを見出した。また、両者のドープ濃度に依存して、Eu3+の発光スペクトル形状が大きく変化することがわかった。
13 研究論文(学術雑誌)
共著
(Tb3+, Eu3+)-Codoped Ga2O3 Phosphors: Synthesis and Photoluminescence Properties
Sawada Kenji, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
ECS Journal of Solid State Science and Technology

5/ 5, R67-R73
2016

10.1149/2.0261605jss
URL
金属-有機物分解法により、Tb3+とEu3+を同時にドープしたGa2O3蛍光体の作製に成功した。この蛍光体の焼成温度依存性を詳細に調べ、900℃以上の焼成では、Tb3+とEu3+の発光強度が著しく減少することがわかった。また、それぞれのイオンを単独ドープした試料に比べて、低い濃度で濃度消光が観測されることを見出した。
14 研究論文(学術雑誌)
共著
Solubility limit and luminescence properties of Eu3+ ions in Al2O3 powder
Onishi Yuya, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
Journal of Luminescence

176, 266-271
2016

10.1016/j.jlumin.2016.03.030
URL
Eu3+賦活Al2O3蛍光体におけるEuの固溶限界を同定することに成功した。また焼成温度に依存してAl2O3の結晶構造が変化することを見出し、1100℃以下では-Al2O3、1100℃以上では- Al2O3となることがわかった。さらに、Al2O3中のEu3+の発光スペクトル解析から、Eu3+のエネルギー遷移図を同定することができた。
15 研究論文(学術雑誌)
共著
Abnormal photoluminescence phenomena in (Tb3+, Eu3+) codoped Ga2O3 phosphor
Sawada Kenji, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
Journal of Alloys and Compounds

678, 448-455
2016

10.1016/j.jallcom.2016.04.004
URL
Tb3+とEu3+を同時にドープしたGa2O3蛍光体における励起波長に依存した特異な発光現象を観測した。この蛍光体は、350 nm以上のEu3+の4f準位に対応する励起では、Tb3+からEu3+への効率的なエネルギー移動による発光増強を示す。さらに、350 nm以下の電荷輸送準位に対応する励起では、照射時間に依存した発光劣化現象を示すことがわかった。
16 研究論文(学術雑誌)
共著
Structural change induced by thermal annealing of red-light-emitting ZnSnF6 center dot 6H(2)O:Mn4+ hexahydrate phosphor
Hoshino Ryosuke, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
Japanese Journal of Applied Physics

55/ 5
2016

10.7567/JJAP.55.052601
URL
液相合成法により作製したMn4+賦活ZnSnF6・6H2O水和物蛍光体の発光特性を詳細に調べ、200℃以上での熱アニール処理による構造変化の観測に成功した。そして、粉末X線回折測定により、この構造変化が水和物の脱離によって生じることを確かめた。さらに、構造変化に伴って、Mn4+の発光強度が著しく減少することがわかった。
17 研究論文(学術雑誌)
共著
Bright and multicolor luminescent colloidal Si nanocrystals prepared by pulsed laser irradiation in liquid
Nakamura Toshihiro, Yuan Ze, Watanabe Kanta, Adachi Sadao
Applied Physics Letters

108/ 2
2016

10.1063/1.4939902
URL
有機溶媒中での多孔質Siへの紫外パルスレーザー照射によって、発光効率が高く、発光色の制御が可能なSiナノ結晶コロイドの作製に成功した。そして、この多色発光Siナノ結晶コロイドがサイズの異なる多孔質ナノ構造の高強度レーザー光による粉砕と、紫外光による光化学反応に起因した良好な表面終端によって生成していることを見出した。
18 研究論文(学術雑誌)
共著
Synthesis and Photoluminescence Properties of BaSnF6:Mn4+ Red Phosphor
Hoshino Ryosuke, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
ECS Journal of Solid State Science and Technology

5/ 3, R37-R43
2016

10.1149/2.0151603jss
URL
Mn4+賦活BaSnF6新奇赤色蛍光体の作製に成功した。そして、この蛍光体の詳細な発光特性を調べ、BaSnF6母体中でのMn4+の3d3遷移に対応するゼロフォノンエネルギーを同定することができた。さらに400 K付近からの顕著な温度消光を観測し、発光寿命の温度依存性から温度消光の活性化エネルギーを見積もることに成功した。
19 研究論文(学術雑誌)
共著
Tb3+ ion doping into Al2O3: Solubility limit and luminescence properties
Onishi Yuya, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
Japanese Journal of Applied Physics

55/ 11
2016

10.7567/JAP.55.112401
URL
Tb3+をドープしたAl2O3蛍光体の発光特性をTb濃度に対して系統的に調べ、-Al2O3結晶粉末に対するTbの固溶限界が1.5 mol%であることを見出した。また、固溶限界以下では、Tb3+の発光寿命は1.1 msであり、濃度の増加と共に、濃度消光による発光寿命の減少が観測された。さらに、発光強度の温度依存性から、温度消光の活性化エネルギーを同定することができた。
20 研究論文(学術雑誌)
単著
Enhancement of Visible-Luminescence Saturation Intensity by Surface Plasmons in Ag/ZnO Films
Nakamura Toshihiro
Physical Review Applied

6/ 4
2016

10.1103/PhysRevApplied.6.044009
URL
銀ナノ構造を堆積したZnO薄膜からの欠陥可視発光の特性を評価した。その結果、銀ナノ構造内の表面プラズモン励起に伴う発光増強が観測された。さらに、強励起下における可視発光の飽和強度の増大を観測した。そして、レート方程式を用いた理論解析の結果、この飽和強度の増大は、プラズモン励起に起因した欠陥準位のキャリア充填効果の抑制によるものであることが明らかになった。
21 研究論文(学術雑誌)
共著
Europium gallium garnet (Eu3Ga5O12) and Eu3GaO6: Synthesis and material properties
Sawada Kenji, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
Journal of Applied Physics

120/ 14
2016

10.1063/1.4964444
URL
固相合成法によりEu-Ga-O三元系化合物を作製し、物性評価を行った。EuとGaの組成比を系統的に変化させ、粉末X線回折測定により試料を評価することで、化学量論的化合物である立方晶Eu3Ga5O12ガーネット結晶及び、斜方晶Eu3GaO6結晶の作製に成功した。また、これらの化合物の発光強度の温度依存性を明らかにした。
22 研究論文(学術雑誌)
共著
Discrete-mode ZnO microparticle random laser
Nakamura Toshihiro, Sonoda Shohei, Yamamoto Taisei, Adachi Sadao
Optics Letters

40/ 11, 2661-2664
2015

10.1364/OL.40.002661
URL
不均一な形状をもつmオーダのZnO粒子からのランダムレーザー発振の観測に成功した。このZnOレーザーでは、発振モード数が通常のランダムレーザーに比べて顕著に減少し、自然放出光による背景光もほとんど見られない良好な特性を示す。そして、これらの特性が粒子内部でのランダムな多重散乱に起因した粒子内に閉じ込められた共振器モードの形成によるものであることを明らかにした。
23 研究論文(学術雑誌)
共著
Size and dopant-concentration dependence of photoluminescence properties of ion-implanted phosphorus- and boron-codoped Si nanocrystals
Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao, Fujii Minoru, Sugimoto Hiroshi, Miura Kenta, Yamamoto Shunya
Physical Review B

91/ 16
2015

10.1103/PhysRevB.91.165424
URL
イオン注入法によりP及びBを同時ドープしたSiナノ結晶の発光特性のドーピング量・ナノ結晶サイズ依存性を調べた。その結果、ドーピング濃度・サイズに依存する発光バンドが観測され、不純物バンドの形成により減少したバンド端からの発光遷移であることを明らかにした。さらにドーピング濃度の増加に伴う不純物準位間の相互作用に起因した温度消光の増大を観測した。
24 研究論文(学術雑誌)
共著
Temperature dependence of lasing characteristics of irregular-shaped-microparticle ZnO laser
Nakamura Toshihiro, Yamamoto Taisei, Adachi Sadao
Optics Express

23/ 22
2015

10.1364/OE.23.028905
URL
mオーダの粒径をもつZnO粒子からのレーザー発振特性の温度依存性を詳細に調べ、レーザー発振ピークが温度に依存せず一定であることを見出した。また、レーザー発振しきい値は特定の温度に最小となり、これは、レーザー光の入出力特性のレート方程式による解析から自然放出光エネルギー(バンドギャップエネルギー)と共振器モードとの結合が最適となった結果であることを明らかにした。
25 研究論文(学術雑誌)
共著
Electron-hole plasma induced band gap renormalization in ZnO microlaser cavities
Dai Jun, Xu Chunxiang, Nakamura Toshihiro, Wang Yueyue, Li Jitao, Lin Yi
Optics Express

22/ 23, 28831-28837
2014

10.1364/OE.22.028831
URL
ZnOマイクロロッドレーザーからのウィスパリングギャラリーモード電子-正孔プラズマレーザー発振の観測に成功した。このレーザー発振特性を詳細に調べた結果、励起強度の増加に伴うレーザー発振ピークの長波長シフトが観測され、これがキャリア密度の依存したバンドギャップエネルギーの減少を反映していることを明らかにした。
26 研究論文(学術雑誌)
共著
Emission decay rate of a light emitter on thin metal films
Nakamura Toshihiro, Moriyama Takumi, Nabatova-Gabain Nataliya, Adachi Sadao
Japanese Journal of Applied Physics

53/ 4
2014

10.7567/JJAP.53.045201
URL
島状ナノ構造を持つAu薄膜(質量膜厚1~20 nm)の複素誘電関数を分光エリプソメトリー法により求め、この誘電関数を用いて、薄膜近傍に存在する発光体の自然放出割合の理論的検討を行った。発光体の自然放出割合は、Au薄膜に励起される半局在モードの表面プラズモンとのカップリングにより、質量膜厚10 nmで、波長620 nm付近に自然放出割合のピークが現れることを明らかにした。
27 研究論文(学術雑誌)
共著
High-yield preparation of blue-emitting colloidal Si nanocrystals by selective laser ablation of porous silicon in liquid
Nakamura Toshihiro, Yuan Ze, Adachi Sadao
Nanotechnology

25/ 27
2014

10.1088/0957-4484/25/27/275602
URL
有機溶媒中での多孔質Siのパルスレーザー照射により、高効率な青色発光を示すSiナノ結晶コロイドの大量生成に成功した。そして、大量生成の要因は、多孔質Siの低い熱伝導性と、大きな表面積に起因していることを見出した。さらに、このナノ結晶コロイドは、量子サイズ効果による直接バンドギャップエネルギーのシフト及び、高発光遷移割合を示すことを明らかにした。
28 研究論文(学術雑誌)
共著
Micronization of red-emitting K2SiF6:Mn4+ phosphor by pulsed laser irradiation in liquid
Nakamura Toshihiro, Yuan Ze, Adachi Sadao
Applied Surface Science

320, 514-518
2014

10.1016/j.apsusc.2014.09.113
URL
液中でのレーザー照射によるMn4+賦活K2SiF6赤色蛍光体の微粒子化を試み、平均粒子サイズを110 mから2 mまで減少させることに成功した。さらに、平均粒子サイズは、蛍光体の吸収係数を反映して照射レーザー波長が短いほど小さくなることを明らかにした。さらに、微粒子化に伴う非輻射遷移の増加による発光量子効率の減少を観測した。
29 研究論文(学術雑誌)
共著
Origins of lasing emission in a resonance-controlled ZnO random laser
Nakamura Toshihiro, Fujiwara Hideki, Niyuki Ryo, Sasaki Keiji, Ishikawa Yoshie, Koshizaki Naoto, Tsuji Takeshi, Adachi Sadao
New Journal of Physics

16
2014

10.1088/1367-2630/16/9/093054
URL
共鳴制御ZnOランダムレーザーの温度依存性を詳細に調べ、高温領域(150 K以上)において、励起子再結合エネルギーに一致する波長領域でのレーザー発振を観測した。またこの温度領域では、モット転移密度と同程度のしきい値キャリア密度で発振していることを明らかにし、励起子再結合を起源としたレーザー発振が生じていることを示唆する結果を得ることができた。
30 研究論文(学術雑誌)
共著
Plasmonic control of ZnO random lasing characteristics
Nakamura T, Sonoda S, Adachi S.
Laser Physics Letters

11/ 1
2014

10.1088/1612-2011/11/1/016004
URL
ZnO微粒子ランダムレーザー発振特性を、Agナノ粒子の表面プラズモン励起による共鳴効果によって制御することに成功した。Agナノ粒子の添加量の増加に伴い発振ピーク波長が短波長シフトし、最適な添加量でしきい値が減少することがわかった。これは、表面プラズモン励起に伴う損失の増加と、散乱効率の増加との競合により生じることを見出した。
31 研究論文(学術雑誌)
共著
Electron-hole plasma lasing in a ZnO random laser
Nakamura Toshihiro, Firdaus Kurniawan, Adachi Sadao
Physical Review B

86/ 20
2012

10.1103/PhysRevB.86.205103
URL
ZnO微粒子ランダムレーザーのレーザー発振特性の温度依存性を、キャリア間の量子多体効果を取り入れた利得理論計算モデルにより解析し、レーザー発振の起源が電子-正孔プラズマの再結合に起因していることを明らかにした。また、レーザー発振波長の温度依存性が、バンドギャップエネルギーの温度シフトのみを反映していることを見出した。
32 研究論文(学術雑誌)
共著
Improved lasing characteristics of ZnO/organic-dye random laser
Firdaus Kurniawan, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
Applied Physics Letters

100/ 17
2012

10.1063/1.4705471
URL
有機色素分子とZnO微粒子の複合系からの増強されたランダムレーザー発振の観測に成功した。この増強効果は特定の色素濃度で最大となり、レーザー光強度の増加としきい値の減少を観測した。そして、この減少は、有機色素分子からZnOへのフェルスター型の共鳴エネルギー移動に起因していることを明らかにした。
33 研究論文(学術雑誌)
共著
Phosphorus and boron codoping of silicon nanocrystals by ion implantation: Photoluminescence properties
Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao, Fujii Minoru, Miura Kenta, Yamamoto Shunya
Physical Review B

85/ 4
2012

10.1103/PhysRevB.85.045441
URL
イオン注入法によりPおよびBドープSiナノ結晶の作製に成功した。そして、P、BドープSiナノ結晶の発光特性を詳細に調べ、Siナノ結晶のバンドギャップ以下の波長領域に、不純物準位からの遷移に対応する発光を観測した。さらに、ドープ濃度依存性を調べ、イオン注入された不純物の薄膜内の分布を考慮することで、Siナノ結晶一個あたりの不純物濃度に、発光波長が強く依存することを明らかにした。
34 研究論文(学術雑誌)
共著
Photoluminescence decay dynamics of silver/porous-silicon nanocomposites formed by metal-assisted etching
Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
Journal of Luminescence

132/ 11, 3019-3026
2012

10.1016/j.jlumin.2012.06.031
URL
Ag2Oを酸化剤とした金属アシスト型無電解エッチングによって多孔質SiとAg粒子の複合ナノ構造粉末を作製し、発光寿命特性を詳細に解析した。その結果、複合されるAg粒子の量が増加するにつれて、表面保護層の形成により非輻射割合が減少し、発光寿命が増加することを見出した。さらに発光寿命は、発光波長に強く依存することがわかった。
35 研究論文(学術雑誌)
共著
Properties of magnetic nickel/porous-silicon composite powders
Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
AIP Advances

2/ 3
2012

10.1063/1.4754152
URL
金属アシスト型無電解エッチング法によりNiと多孔質Siの複合微粒子の作製に成功した。作製した微粒子は、複合微粒子を構成するNiナノ粒子に起因する超常磁性を有し、同時に、紫外光励起により効率的なオレンジ発光を示す。さらに、通常のSi粉末とNiナノ粒子の複合体に比べて、多孔質SiとNiナノ粒子の複合粒子は、多孔質Siの高い表面積に起因した強い磁化力を示すことがわかった。
36 研究論文(学術雑誌)
共著
Strongly modified spontaneous emission decay rate of silicon nanocrystals near semicontinuous gold films
Nakamura Toshihiro, Tiwari Bishnu P, Adachi Sadao
Optics Express

20/ 24, 26548-26558
2012


URL
Siナノ結晶の集合体である多孔質Si上に島状ナノ構造を有するAu薄膜を堆積することで、Siナノ結晶の自然放出割合が著しく増加することを見出した。Auナノ構造の局在型表面プラズモン励起の効果を取り入れた誘電関数を用いた理論計算モデルにより自然放出割合の変化を解析し、自然放出割合の増加がプラズモン励起によるものであることを明らかにした。
37 研究論文(学術雑誌)
共著
Control of random lasing in ZnO/Al2O3 nanopowders
Nakamura Toshihiro, Tiwari Bishnu P, Adachi Sadao
Applied Physics Letters

99/ 23
2011

10.1063/1.3665913
URL
ZnOナノ粉末とAl2O3ナノ粉末の複合系から、紫外域での酸化亜鉛ランダムレーザー発振現象を確認し、各粉末の混合比を変えることで、発振波長の制御が可能であることを示した。またこの発振波長制御のメカニズムを、散乱体の屈折率変化に基づいた散乱特性の理論的考察を行い、この発振波長の変化が、散乱強度の変化に伴うZnOの自己吸収過程の変化に起因していることを明らかにした。
38 研究論文(学術雑誌)
共著
Direct Synthesis and Enhanced Catalytic Activities of Platinum and Porous-Silicon Composites by Metal-Assisted Chemical Etching
Nakamura Toshihiro, Tiwari Bishnu P, Adachi Sadao
Japanese Journal of Applied Physics

50/ 8
2011

10.1143/JJAP.50.081301
URL
金属アシスト型無電解エッチングによって多孔質SiとPtナノ粒子の複合ナノ構造粉末の作製に成功した。作製した多孔質Si・Pt複合微粒子は、メタノールに対して通常のPtに較べて増強された触媒作用を示し、メタノールを室温で自然発火させることが可能であることを明らかにした。この増強された触媒作用は、表面のナノ構造化されたPtナノ粒子の大きな表面積に起因していることがわかった。
39 研究論文(学術雑誌)
共著
Gold-nanoparticle-assisted random lasing from powdered GaN
Nakamura Toshihiro, Hosaka Tomohiro, Adachi Sadao
Optics Express

19/ 2, 467-475
2011

10.1364/OE.19.000467
URL
Auナノ粒子を表面に堆積したGaN微粒子からの紫外域でのランダムレーザー発振の観測に成功した。これは、Auナノ粒子に励起される局在型表面プラズモンとGaNの欠陥準位に対応する発光バンドとの共鳴吸収効果によって、GaNのバンド端からの自然放出光が増強し、レーザー発振が生じていることを明らかにした。
40 研究論文(学術雑誌)
共著
Surface-plasmon-enhanced band-edge emission from Au/GaN powders
Nakamura Toshihiro, Hosaka Tomohiro, Adachi Sadao
Applied Physics Letters

98/ 16
2011

10.1063/1.3581214
URL
Auナノ粒子を表面に付着させることでGaN微粒子からのバンド端発光が著しく増強することを見出した。これは、Au微粒子内の表面プラズモン励起による共鳴効果により増強されていることを明らかにした。また、バンド端発光の温度依存性を詳しく調べた結果、低温下で、通常のGaN結晶ではほとんど観測できない横型光学フォノンのレプリカ発光の確認に成功した。
41 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Blue-emitting ZnSe random laser
Toru Takahashi, Toshihiro Nakamura, and Sadao Adachi
Proceedings of SPIE

7597
2010




42 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Temperature-dependent random lasing from GaAs powder
T. Nakamura, T. Takahashi, S. Adachi
Proceedings of SPIE

7579
2010




43 研究論文(学術雑誌)
共著
Effects of thermal oxidation on the photoluminescence properties of porous silicon
Nakamura T, Ogawa T, Hosoya N, Adachi S.
Journal of Luminescence

130/ 4, 682-687
2010

10.1016/j.jlumin.2009.11.018
URL

44 研究論文(学術雑誌)
共著
Properties of silver/porous-silicon nanocomposite powders prepared by metal assisted electroless chemical etching
Nakamura Toshihiro, Hosoya Naoki, Tiwari Bishnu P, Adachi Sadao
Journal of Applied Physics

108/ 10
2010

10.1063/1.3514581
URL

45 研究論文(学術雑誌)
共著
Temperature dependence of GaAs random laser characteristics
Nakamura Toshihiro, Takahashi Toru, Adachi Sadao
Physical Review B

81/ 12
2010

10.1103/PhysRevB.81.125324
URL

46 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Enhancement of Upconversion Luminescence from Er Doped Al2O3 Films by a Thin Metal Layer
T. Nakmaura, M. Fujii, Y. Usui, T. Aisaka, and S. Hayashi
ECS Transactions

16/ 31, 87-93
2009




47 研究論文(学術雑誌)
共著
Blue-light-emitting ZnSe random laser
Takahashi Toru, Nakamura Toshihiro, Adachi Sadao
Optics Letters

34/ 24, 3923-3925
2009


URL

48 研究論文(学術雑誌)
共著
Resonant energy transfer from silicon nanocrystals to iodine molecules
Nakamura Toshihiro, Ogawa Tatsuya, Adachi Sadao, Fujii Minoru
Physical Review B

79/ 7
2009

10.1103/PhysRevB.79.075309
URL

49 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Resonant Energy Transfer from Porous Silicon to Iodine Molecules
T. Nakamura, T. Ogawa, T. Kubota, S. Adachi, and M. Fujii
ECS Transactions

16/ 3, 267-276
2008




50 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Energy transfer from Si nanocrystals to Er ions near a metal layer
Fujii M, Nakamura T, Miura S, Inui M, Hayashi S.
Physica Status Solidi a-Applications and Materials Science

205/ 1, 47-51
2008

10.1002/pssa.200776717
URL

51 研究論文(学術雑誌)
共著
Highly luminescent mono- and multilayers of immobilized CdTe nanocrystals: controlling optical properties through post chemical surface modification
Tsuruoka Takaaki, Takahashi Rena, Nakamura Toshihiro, Fujii Minoru, Akamatsu Kensuke, Nawafune Hidemi
Chemical Communications

14, 1641-1643
2008

10.1039/b717732a
URL

52 研究論文(学術雑誌)
共著
Enhancement of photoluminescence from excitons in silicon nanocrystals via coupling to surface plasmon polaritons
Takeda Eiji, Fujii Minoru, Nakamura Toshihiro, Mochizuki Yugo, Hayashi Shinji
Journal of Applied Physics

102/ 2
2007

10.1063/1.2753571
URL

53 研究論文(学術雑誌)
共著
Spontaneous emission rate of Si nanocrystals on thin Au film
Nakamura Toshihiro, Fujii Minoru, Miura Satoru, Inui Masaki, Hayashi Shinji
Japanese Journal of Applied Physics Part 1-Regular Papers Brief Communications & Review Papers

46/ 10A, 6498-6502
2007

10.1143/JJAP.46.6498
URL

54 研究論文(学術雑誌)
共著
Enhancement and suppression of energy transfer from Si nanocrystals to Er ions through a control of the photonic mode density
Nakamura Toshihiro, Fujii Minoru, Miura Satoru, Inui Masaki, Hayashi Shinji
Physical Review B

74/ 4
2006

10.1103/PhysRevB.74.045302
URL

55 研究論文(学術雑誌)
共著
Enhancement of photoluminescence from Yb and Er co-doped Al2O3 films by an asymmetric metal cavity
Managaki N, Fujii M, Nakamura T, Usui Y, Hayashi S
Applied Physics Letters

88/ 4
2006

10.1063/1.2166685
URL

56 研究論文(学術雑誌)
共著
Enhancement of radiative recombination rate of excitons in Si nanocrystals on Au film
Imakita Kenji, Fujii Minoru, Nakamura Toshihiro, Miura Satoru, Takeda Eiji, Hayashi Shinji
Japanese Journal of Applied Physics Part 1-Regular Papers Brief Communications & Review Papers

45/ 8A, 6132-6136
2006

10.1143/JJAP.45.6132
URL

57 研究論文(学術雑誌)
共著
Size dependence of photoluminescence quantum efficiency of Si nanocrystals
Miura Satoru, Nakamura Toshihiro, Fujii Minoru, Inui Masaki, Hayashi Shinji
Physical Review B

73/ 24
2006

10.1103/PhysRevB.73.245333
URL

58 研究論文(学術雑誌)
共著
Surface plasmon polariton mediated photoluminescence from excitons in silicon nanocrystals
Takeda Eiji, Nakamura Toshihiro, Fujii Minoru, Miura Satoru, Hayashi Shinji
Applied Physics Letters

89/ 10
2006

10.1063/1.2345261
URL

59 研究論文(学術雑誌)
共著
Enhancement of dye fluorescence by gold nanoparticles: Analysis of particle size dependence
Nakamura T, Hayashi S
Japanese Journal of Applied Physics Part 1-Regular Papers Brief Communications & Review Papers

44/ 9A, 6833-6837
2005

10.1143/JJAP.44.6833
URL

60 研究論文(学術雑誌)
共著
Modification of energy transfer from Si nanocrystals to Er3+ near a Au thin film
Nakamura T, Fujii M, Imakita K, Hayashi S
Physical Review B

72/ 23
2005

10.1103/PhysRevB.72.235412
URL