English
法政大学 
理工学部 
電気電子工学科 

准教授 
西村 征也 
ニシムラ セイヤ 
NISHIMURA Seiya 


1982年生まれ  
 

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2017/07/21 

経歴
核融合科学研究所  COE研究員  2009/04-2011/03 
日本学術振興会  特別研究員PD  2011/04-2014/03 
愛知工業大学  非常勤講師(併任)  2013/04-2013/09 
神戸市立工業高等専門学校  電気工学科  講師  2014/04-2017/03 
法政大学  理工学部電気電子工学科  准教授  2017/04-現在 

学歴
九州大学  理学部  物理学科  2004/03  卒業 
九州大学 大学院  総合理工学府  先端エネルギー理工学専攻  修士  2006/03  修了 
九州大学 大学院  総合理工学府  先端エネルギー理工学専攻  博士  2009/03  修了 
エクス=マルセイユ第1大学  物質物理科学博士学院  2009/03  修了  フランス 

学位
博士(理学)  九州大学  2009/03/24 
Doctorat (Ph.D.)  フランス  2009/03/18 

研究分野
核融合学 
プラズマ科学 
科学教育 

競争的資金等の研究課題
共鳴磁場摂動によって駆動される強制磁気再結合の非線形挙動の解明  科学研究費  若手研究(B)  2016/04/01-現在 
高速イオンによって駆動されるインターチェンジモードに関する研究  科学研究費  研究活動スタート支援  2014/08/29-2016/03/31 
プラズマ乱流の大域的シミュレーションと乱流計測法に関する研究  科学研究費  特別研究員奨励費  2011-2013/03/31 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  共著  Effects of trapped energetic ions on the interchange mode  S. Nishimura, T. Nicolas, X. Du  Fusion Engineering and Design  109-111, 1188-1192  2016 
研究論文(学術雑誌)  単著  Trapped energetic ion dynamics affected by localized electric field perturbations  S. Nishimura  Japanese Journal of Applied Physics  55, 01AH08 1-6  2016 
研究論文(学術雑誌)  共著  Experimental observation of response to resonant magnetic perturbation and its hysteresis in LHD  Y. Narushima, S. Sakakibara, S. Ohdachi, Y. Suzuki, K.Y. Watanabe, S. Nishimura, S. Satake, B. Huang, M. Furukawa, Y. Takemura, K. Ida, M. Yoshinuma, I. Yamada, The LHD Experiment Group  Nuclear Fusion  55, 073004 1-7  2015 
研究論文(学術雑誌)  単著  Interchange mode excited by trapped energetic ions  S. Nishimura  Physics of Plasmas  22, 072505 1-9  2015 
研究論文(学術雑誌)  単著  Novel theory of energetic-ion-induced interchange mode  S. Nishimura  Journal of the Physical Society of Japan  84, 065002 1-2  2015 
詳細表示...

受賞
技術進歩賞 第32回プラズマ・核融合学会年会  2015/11 
若手学会発表賞 第32回プラズマ核融合学会年会  2015/11 
講演奨励賞 第12回プラズマ・核融合学会九州・沖縄・山口支部大会  2008/12 
ポスター優秀賞 第2回ITER国際夏の学校・第47回プラズマ若手夏の学校  2008/08 
詳細表示...

担当授業科目
物理学基礎I 
物理学基礎II 
数値シミュレーション 
科学実験I(物理学実験) 
ゼミナール 
詳細表示...

所属学協会
日本物理学会  2009/03-現在 
プラズマ・核融合学会  2009/04-現在 
日本物理教育学会  2015/12-現在 
詳細表示...