English
法政大学 
専門職大学院 
イノベーション・マネジメント研究科 

教授 
ケネス ペクター 
ケネス ペクター 
Kenneth PECHTER 


個人ウェブサイトはこちら  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2021/08/11 

学歴
カリフォルニア大学アーバイン校  工学部  電子工学  学士  1987/06/14  卒業  米国 
カリフォルニア大学アーバイン校  工学系研究科修士課程  電子工学  修士  1988/06/14  卒業  米国 
東京大学  工学系研究科先端学際工学専攻学術博士号獲得  イノベーション経営・政策  博士  2001/01/10  卒業  日本 

学位
工学学士号 優等  カリフォルニア大学アーバイン校  1987/06/14 
工学修士号  カリフォルニア大学アーバイン校  1988/06/14 
学術博士号  東京大学  2001/01/10 

教育・研究活動状況
研究分野はイノベーション・マネージメントですが、実際企業に対する応用を優先しています。自分の経験を活かして、メディア・エンターテイメントなどのいわゆるクリエイティブ産業のケースを多く使っております。指導方法は授業時間外に文献を読でいただき、授業内は講義、議論、発表などで進みます。

[担当科目] 
Media and Entertainment
Opportunity and Entrepreneurship in Japan
Service Management in Japan
Business Practice in Japan
Project 1-A & 2-A (Internship)
Project 1-B & 2-B (Field Research) 

研究分野
経営学 

研究キーワード
イノベーション経営・政策 
クリエイティブ産業 
国際事業 

著書
"Coauthorship Linkages Between University Research and Japanese Industry”  Kenneth Pechter and Sumio Kakinuma  MIT Press  1999 
詳細表示...

論文
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  「Untangling Fact from Fiction in Innovation Policy Reform: The Public-Private Research Linkage in Japan」  Kenneth Pechter  『社会科学研究』  社会科学研究所、東京大学  54/ 1, 211-244  2003 
研究論文(大学,研究機関紀要)  Untangling Fact from Fiction in Innovation Policy Reform : The Public-Private Research Linkage in Japan  Pechter Kenneth  社会科学研究  東京大学社会科学研究所  54/ 1, 211-243  2003  03873307  URL  Policy reform in Japan points to the innovation system as a growth impediment, particularly the research and development linkage between Japan's university and industry sectors. This follows from perceptions of positive net returns from certain university-industry linkage policies of the American economy, and the conventional wisdom of a disconnect between Japan's university and industry sectors. This research empirically analyzes the conventional wisdom, and elucidates the need for critical assessment of American policy instruments in the context of the distinct Japanese policy framework. The analysis includes assessment of university patenting, industry-to-university R&D funding flow, and joint authorship of research articles. The conclusion is that the assumption of disconnect and the direction of policy reform the assumption supports are misconstrued. 
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  共著  「SCISにおける産学連携の状況」  江波戸謙、ペクター ケネスと松浦幹太  『暗号と情報セキュリティシンポジウム』静岡県浜松市  電子情報通信学会情報セキュリティ研究専門委員会(Symposium on Cryptography and Information Security)  2003/01/27 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  単著  "Field Specialization and the Emerging Sectoral Division of Research in National Innovation Systems”  Kenneth Pechter  in Qingrui Xu, Xiaobo Wu, and Jin Chen, ed., Management of Technology and Innovation in the 21st Century  Zhejiang University Press  62-67  2002 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  単著  "Field Specialization and the Emerging Sectoral Division of Research in National Innovation Systems”  Kenneth Pechter  Management of Technology and Innovation in the 21st Century  Proceedings of the 2002 International Conference on Management of Innovation and Technology,Hangzhou City, China  2002/10 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(招待・特別)   「ダメージ・イズ・アドバンテージ‐自分のままでバリューを起こせる」  『NIKKEI丸の内キャリア塾 第59回レギュラーセミナー』  2010/11/09  URL 
口頭発表(招待・特別)  「世界標準の“空気の読み方”」  『C-Suite Club』  2007/12/26 
口頭発表(招待・特別)  “さ ゆ り” は なぜ日本人ではなかったか?」  『メディア再編におけるコンテンツを巡る重要課題』  2007/08/22 
口頭発表(一般)  Policy-making by Misconception: Subjective Learning between American and Japanese Systems of Innovation  Special Panel on Technology and Power in U.S.-Japan Relations, 2002 Annual Meeting of the Society for the Social Studies of Science  2002/11 
口頭発表(招待・特別)  Mutual Learning between American and Japanese Systems of Innovation  Allegheny University Public Lecture  2002/01/24 
詳細表示...

担当授業科目
日本起業家活動と機会 
詳細表示...

教育実績
CM One Inc(デジタルマーケティング制作会社)社外取締役  2013-現在 
KEEN Japan GK(US ブランドの日本子会社)e コマース マネージャー  2013-2015 
社団法人発明協会(日本の発明・特許業務の公共施設)コントラクター  2012-現在 
東京大学(メディア・コンテンツ人材育成総合プログラム)特任教授  2005-2006 
経済産業省(メディア・コンテンツ局)メディア・コンサルタント  2004-2005 
詳細表示...